大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
復旧いたしました。
ふ~。
無事、復旧いたしました。
ご迷惑をおかけいたしました。

あらためて、魂を注ぎ込んで、
添削道に精進してまいります。
よろしくお願いいたします。

今年、初めて、教壇で「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」を
教えさせていただいているのですが、
う~む。
ノビています。
それは、大半は生徒さんのヤル気に負うところが大きいのですが、
しっかりやってくださった生徒さんは、驚くぐらいノビています。
たった、七、八回しか、授業していないのですが。

ほんとうに、本気でぶつかり合うことの大切さを実感しました。
やはり、黒板背負って対面授業をやった方が、生徒さんの理解が早い。
ということで、拙ながら、わたくしの授業の配信に向け、
この夏、授業を動画にさせていただこうとおもいます。
みなさまに、恥ずかしくない授業をお見せするべく、
とりあえず、「黒板」を手配せねば!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
【2008/07/29 23:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
緊急のお知らせ
みなさま、緊急の事態が発生!

この暑さにあてられたのか、
PCのハードディスク、オシャカになってしまいました。
バックアップをきちんととっておけばよかった、って、
他人事として聞いてはおりましたが、
まさか、我が身にふりかかろうとは。
ネット カフェで、生まれてはじめて、PCいじっております。

お問い合わせのお客様、
大変ご迷惑をおかけいたしますが、
お電話にてお問い合わせくださいませ。

受講生のみなさま、
答案の添削の進捗(しんちょく)状況のご連絡、
しばらく、電話にて逐一報告するようにいたします。


ご迷惑をおかけします。
まことに申し訳ありません。

フットプリンツ
 谷村 長敬
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/29 00:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ふたたび、しり上がりでいこう
 11月2日(木)の新聞で、お茶の水ゼミナールがベネッセに買収されるむね、報道されていました。長らく、お茶の水ゼミナールにお世話になり、古文のテキストや小テストを作らせていただきました。目を三角にして教材を作っていたころのことを感慨深く思い出してしまいました。
 そのときに考えていたことは「ニンジン嫌いの子供にニンジンを食べさせるお母さん」です。ニンジンを細かくきざんだり、すりおろしたりして、ハンバーグやコロッケに入れる、だんだんニンジンを大きくしていって、気がついたらニンジンが食べられるようになっていた、といったイメージです。ニンジン嫌いの子供に対して「とにかくニンジンを食べるまで遊びに行っちゃいけません」と、ガミガミしかりつけるのは賢明なお母さんとは言えませんね。
 古典文法も同じではないでしょうか。文法嫌いの生徒に「とにかく覚えろ」と言ったり、ひたすら品詞分解をさせたりするのは、あまり賢明とはいえません。ますます文法嫌いを助長するだけです。そこで、短い文章を読むなかで、重要な文法は何度も繰り返し演習するようにしました。ただし、同じ事項でも「しり上がり」に難しくなるように工夫しました。例えば、反実仮想なら、

1、「~ましかば~○○」の簡単な空欄補充問題

2、「~ずは~まし」といった変則的な反実仮想の口語訳

3、反実仮想から現実を説明させる

といった感じです。同じ事項を繰り返し演習するにしても「しり上がり」に難しくなるように工夫しました。忍者が成長の早い麻の種を植えて、毎日、麻の上を飛び越える、そのうち忍者は3メートル以上も飛び上がることができるようになる(わけない)。といった感じでしょうか。私はそれに「しり上がりスパイラル構造カリキュラム」と名づけました。円錐を逆さまにした、らせん階段のようなイメージです。早稲田大学など、国語が重視される大学の合格にお手伝いできたものと自負しております。土用波(台風の影響で高くなる波)に乗るサーファーのように、「しり上がり」の波に乗った生徒は、オートマティックに合格まで運ばれていきました。昔から日本人は富士山や扇といった「末広がり」のカタチに繁栄を見てきたわけですが、生徒が合格していくのにも、何か共通するカタチがあるように思えてなりません。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2006/11/05 12:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。