大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
漢文のツボ 其の十
〈 漢文の論理(ロジック) 〉

漢文でよく使われる論理が「類推」です。文化人類学でいう「野生の思考」というやつなのです。「類推(アナロジー)」という思考が強くはたらいています。

【漢文の論理】

他の物事=主張したい物事

と、イコール関係で展開していきます。
「自然は川が流れて、命をはぐくむ。=人間も血液が流れて、命をながらえる」
ような思考です。
・自然=人間
・川=血液
・自然の命=人間の命

のように、対応関係を洗い出すのがポイント。
図式化する、傍線引く、となんでもよいですが、逐一、対応関係を洗い出してください。だから、

A=B
 ↓
比況形
「如・若(ごと)シ」「猶(な)ホ~ゴトシ」


と展開して、問になる、ってわけです。

また、古文の説話とも共通しますが、他の物事に「置き換え」て展開していきますから、文脈全体が、

【古文の説話・漢文の話形】

(事件)

 ↓

(教訓)


と展開していきます。で、その「教訓」がセンターなら問6になるってわけです。
文脈の帰結、筆者の主張ですから、当然、強調したい。だから強調の表現がくるわけです。

【漢文の強調表現】
・再読文字の「べし」系。
・二重否定「~ざるべからず」など、結局は強い肯定。
・反語「安クンゾ~ンヤ」「豈ニ~ンヤ」など。強い主張です。
・累加「唯ダニAノミナラ不、B~」、Bの強調。
・抑揚「Aスラ且ツ~、況ヤBヲヤ」、Bの強調。


などがきて、問われるわけです。しかも、これらの表現、本文のおしまいで用いられ、要約系の問題になる、つまり、センター試験の「問6」にからむというわけです。
以上、
終わった~。みなさん、この中からあしたゼッタイ出ますからね。
乞う、ご期待!!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
【2009/01/16 21:33】 | 漢文のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
漢文のツボ 其の九
〈 その他の句法 〉

漢文句法7
『常用国語便覧』 浜島書店

【仮定形】
仮定の副詞、読めるように。
★★★
・如・若(も)シ~バ、~。 …もし~ならば、   =順接仮定条件
・苟(いやし)クモ~バ、~。  …かりに~ならば、
・縦・縦令・仮令(たと)ヒ~トモ、~。 
            …たとえ~としても、 =逆接仮定条件
・雖(いへど)モ←~ト …~としても    =返読文字


【限定・累加形】
〈限定〉
限定の副詞と終尾詞おさえればおしまい。「如・若」はいちばん出る「二マタ文字」。「雖」は返読文字ね。

〈限定の副詞〉
★★
・唯(た)ダ~ノミ、 …ただ~だけ、
・独リ~ノミ、    …ただ~だけ、

と、「独リ」は何も「ひとりぽっち」という意味に限らず、ただの限定「~だけ」です。「ただ」とよむ副詞、たくさんありますが、主なものだけでよいですよ。

〈限定の終尾詞〉

・~耳。 …のみ。
 ~而已。…のみ。


読めればいいです。

〈累加形〉
★★★
不 ←唯ダニAノミナラ、B。
非 ←唯ダニAノミニ、B。
   …Aだけでなく、そのうえさらにB。

限定に否定詞がついたら、累加です。AにBを加える表現。さらにBを加えて、強調します。古文の添加の副助詞「さへ」と同じです。何に何を加えているのか、確認するのがポイント。

【抑揚形】
★★★★★
Aスラ 且(か)ツ~、況(いは)ンヤ Bヲヤ。
   …Aでさえ、やはり~。ましてBはなおさらだ。


A…~という点で、程度が軽いもの。
B…~という点で、程度が重いもの。

程度が重いBを強調します。古文の類推の副助詞、「だに」と同じです。「程度の軽いもの」「程度の重いもの」をそれぞれ確認するのがポイント。

※抑揚も添加もBを強調する点では同じ。強調表現です。ということは、筆者の主張、教訓など、文脈の中でいちばんおいしいところで使われる表現なのです必ず設問になりますよ。で、配点も高い。

【比較形】
★★★★
〈比較級〉
A不如(若)B。 …AハBニ如(若)(し)カズ。
   AはBに及ばない。AよりもBのほうがましだ。


〈最上級〉
A無如(若)B。 …AハBニ如(若)(し)クハナシ。
   AにおいてはBに及ぶものがない。Bが一番だ。

いずれも、
A<B
の関係。下の方が優れています。口語訳でいろいろ意訳してきますから、だまされないように。「優れているのは、常に下」。
「如・若」は「二マタ文字」、あした必ず出ます!

〈置き字による比較〉

A形容詞・形容動詞+於于乎+B。  …AハBヨリモ形容詞・形容動詞

「形容詞・形容動詞」の下に置き字「於于乎」があったら、比較。下の名詞(句)を「名詞ヨリモ」と読んで、上の形容詞・形容動詞に返ります。
置き字「於于乎」は、ホント、出ますよ。最後に3用法まとめましょう。

【於于乎の3用法】★★★★★
1.「於于乎」の下の名詞を「補語ニ」と読んで、上の動詞に返す。
2.「他動詞+於于乎」は受身。下の名詞(人物)を「人物ニ」と読んで「動詞セラル」と返る。
3.「形容詞・形容動詞+於于乎」は比較。下の名詞を「名詞ヨリモ」と読んで「形・形動」に返る。


【二マタ文字】★★★★★★
ひととおりたどってきましたが、最後にあげておきましょう。

〈如・若〉
・「否定詞」「如・若」…比較形「~しかず」「~しくはなし」
・「如・若」(返り点あり)…比況の返読文字「ごとし」
・「如・若」(返り点なし)…仮定の副詞「もし」
・「何」とセット…疑問詞「いかん」(せん)


〈与〉
・与(返り点)…授与動詞「あたふ」、返読文字「と」、選択形「よりは」
・与(返り点なし)…副詞「ともに」


〈毎〉
1.返り点がついてあったら、返読文字、「動詞する毎(ごと)に」。
2.動詞の上にあって、返り点なし、「毎(つね)に動詞す」。


〈且〉
1.返り点があったら再読文字「且(まさ)ニ~ントス」
2.返り点がなかったら副詞「且(か)ツ」


〈自〉
1.返り点があったら返読文字「自(よ)リ」
2.返り点がなかったら副詞「自(おのづか)ラ」


なもんでしょ。
最後に和漢異義語、三つおさえておきましょう。

【和漢異義語】
・百姓(ひゃくせい)…庶民
・故人(こじん)…旧友・昔なじみ
・人間(じんかん)…人の世・世間


などがお約束。
さて、最後に漢文のロジック、まとめましょうか。めざせ、センター問6!
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/16 21:01】 | 漢文のツボ | トラックバック(3) | コメント(6)
漢文のツボ 其の八
〈 受身・使役形 〉

漢文句法6
『常用国語便覧』 浜島書店

【受身形】
白文読みの王様。

★★★★★
〈受身の助字〉

被・見・所・為=(ヒ・ケン・ショ・イ)

被 ← 未然形 … 未然形 + る・らル


です。「る」と読むか「らル」と読むかは、助動詞の接続にしたがいます。四段の未然形なら、「る」それ以外なら「らル」。ちなみに「死ぬ」は漢文では「死す」だから、実質、漢文でナ変はありません。

★★★★★
〈特別な受身〉

為A所B …AのBする所と為る(AにBされる)

マジ、これ出ます。白文読みの王様。あした出ないかな?
二つの読み、なんて他の読み方の解説を平気でしている参考書がありますが、嘘っぱちです。受身はこの読みしかでませんよ。白文で出されると、けっこう読めないものですよ。出題者にすれば、選択肢いろいろ作れるでしょ?だから出るんです。
「為―――――――所―――――――――――。」
と、二つの字がはなれると、ホント読めないものです。
白文読みで、この二字があったら、ほぼまちがいなく受身ですよ!
口語訳きいてもいいですね。シンプルな受身の訳ですからね。だまされないように。

★★★★★
〈置き字による受身〉

他動詞+(於于乎)+(人物)ニ …人物ニ他動詞セラル。


吾愛人。 …吾、人を愛す。
吾愛於人。 …吾、人に愛せらる。

と「他動詞+於」に着目!
「愛す」って、他者に動作をおよぼし、「目的語ヲ」をとります。
置き字「於于乎」の下の名詞は「補語ニ」と読みたい。
そこで、「人に愛す」じゃおかしいから、「人に愛せらる」と受身で読むわけです。
マジ、でます。置き字って、ほんとうに重要語ですよ。

【使役形】
白文読みの王様。
センター試験、ほぼ毎年出していますね。

★★★★★
〈使役の助字〉

使・令・教・遣=(シ・レイ・キョウ・ケン)

〈使役の構文〉
(主)+使+使役対象(人物)ヲシテ 動詞(未然形)
    …(主) 人物をして動詞しむ。(主語が人物に動詞させた。)


「使」と使役の助字があったら、「人物探せ!」「動詞探せ!」で、「人物ヲシテ」とおくって、「動詞(未然形)シム」です。
動詞が下にある。あまりに例外。だから、むしろ読みやすいのです。
「使役対象(人物)」を確認するのがポイント。
出るってわかっていて出す、だから、一ひねり、入ります。
使役対象が省略されることもあります。で、適当に使役対象を補ってヒッカケ、なんて出してますね。
それから、「使」の使役がかかる範囲、というやつ、よく出ます。

吾使狗捕兎食之。
・吾、狗(いぬ)をして兎(うさぎ)を捕らへしめて、(吾が)之を食(くら)ふ。
なのか、
・吾、狗をして兎を捕らへ、之を(狗に)食はしむ。
と、どこまでが使役なのか、文脈に答えがあるはずです。

以上、今年も使役出すでしょうが、「主語が誰か?」「使役されている対象は誰(何)か?」「使役している動詞はどこまでか?」文脈よーくみてください。ひっかけますよ。

【その他使役】
・命ジテ~シム。
・説キテ~シム。

など、「人を動かしてしまう動詞」は、使役「シム」で読みます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、現在監修中!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/16 19:27】 | 漢文のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
漢文のツボ 其の七
〈 疑問・反語形 〉

漢文句法5
『常用国語便覧』 浜島書店

ズバリ!!明日の試験 反語出ます!
反語は強調表現、文脈中、いちばんオイシイところで使われて、設問になります。
現代文、古文、漢文、ともに、疑問と反語はほぼ同じ表現、それを決めるのは文脈です。答えがわからない、だったら疑問。文脈、常識から答えがわかりきっているのに聞いていたら、反語です。
古文では「いかで~む」がよく問われますが、判断基準は同じです。
町で、「駅はどっちですか?」、疑問でしょ。
お母さんが子供をしかっている、「なんでこんなことするの!」、反語でしょ。

【疑問・反語】
漢文では、
★★★

疑問詞~連体形。…疑問

疑問詞~ン(ヤ)。…反語


という傾向があります。つまり、疑問詞が読めれば、あとはキマリ!たまに終尾詞「哉」「乎」などで悩んでいる人がいますが、いっさい、終尾詞で悩む必要はありません。
文脈を見て!何が疑問の対象となっているのか、英語の「5W1H」を考えましょう。

人物が問われている→たれか…誰・孰
時・場所が問われている→いづれの…何・孰
原因理由が問われている→なんすれぞ…なんすれぞ…何為


など、漢字の読みを覚えるより、何が疑問の対象となっているのか、考えた方が早いでしょう。

【お約束の反語】
★★★★★

安(いづ)クンゾ~ン(ヤ)。

豈(あ)ニ~ン(ヤ)。


センター試験で、白文読み、出るなら、ズバリ、コレ!
お約束でしょ?あした、出ますよ。
なぜか?
いちばん標準的な問題だから。
「何ゾ」「安クンゾ」「豈ニ」「何為レゾ」など、
すべて、原因理由を問う疑問というのは、反語が多いのです。
古文で言えば、「いかで~む」なのですが。
「どうして~か、いや~ない」
と結局は強調の表現。
だから、筆者の主張、教訓にからんでくる、で、設問になります。

疑問・反語については、上記で十分でしょう。
ただし、「盍」「何不」は例外。

★★★
盍 …なんぞ~ざる。
何不 …なんぞ~ざる。
何為不 …なんすれぞ~ざる。
       (どうして~しないのか、すればいいのに)


と、これだけは「疑問詞~連体形」で反語、例外として三つおさえるだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/16 18:26】 | 漢文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
漢文のツボ 其の六
〈 否定形 〉

漢文句法4
『常用国語便覧』 浜島書店


【否定詞の読み方】
・不←未然形 …動詞せず。
・非←(体言・連体形)ニ …~にあらず。「~ではない」と断定の否定。
・無←体言・連体形 …~が無い。

と、これらの基本をおさえれば、あとはその組み合わせ、二重否定はカンタンに読めます。

【二重否定】
・無不←未然形 …~ざるなし。
・非無←体言・連体形 …~なきにあらず。

と、基本に従って返読するだけ。重要なのは、二重否定は強調表現だということです。

★★★★★
二重否定=強い肯定
「~ないのではない」「~ないものはない」
    =必ず~だ!


強調したいところ、つまり、文脈の中でいちばんオイシイところで使われて、必ず設問になります。文脈中での位置づけは最後にまとめましょう。
・未嘗不~ …いまだかつてずんばあらず。
・不敢不~ …あへてずんばあらず。
・不可不~ …ざるべからず。

などの特殊な二重否定もおさえておきましょう。

【部分否定】
部分否定だけおさえるのがポイント。全部否定はフツーに読んで、フツーに訳すだけですから、あえて覚える必要はない!それなのに、並列してやるから、「どっちだっけ?」となるのです。また、入試で全部否定をきいてもしょうがないでしょ?おさえるべきは、部分否定を作る副詞です。

★★★
不+副詞=部分否定

・よみ…副詞に「ハ」をつける。
・訳…全肯定+「~わけではない」「~とはかぎらない」
・主な副詞 ( )は部分否定の副詞のよみ
 常ニ(ハ)…常に~とはかぎらない
 倶ニ(ハ)…ともに~ 〃
 尽(ことごと)ク(ハ)…すべて~ 〃
 甚(はなはだ)ダ(シクハ)…とても~ 〃
 必ズ(シモ)…必ず~ 〃

など。

不常得。…常には得ず。(いつも手に入る+とはかぎらない)
です。「不+副詞」の位置、これだけ注意してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、現在監修中!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/16 13:06】 | 漢文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。