大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『大学受験生 体調管理のツボ』 其の四
〈緊張とリラックス〉
スポーツの試合だろうが、受験だろうが、ライブ演奏だろうが、あるい生徒の前での講義だろうが、パフォーマンスには共通する鉄則があるように思います。「120:100:80の法則」とわたくしは呼んでいます。
事前の準備=120
直前の意気ごみ=100
パフォーマンス=80
しっかり準備して、実際のパフォーマンスは「抜く」感じでやると最高のパフォーマンスができます。100の準備をして、100のパフォーマンスをしようとすると緊張してしまいます。80の準備しかしていないのに、100のパフォーマンスをしようとすると、まちがいなくしくじります。
 
Dr.大野[こころの読みグスリ]
ほどほどの緊張は集中力を高める
 
 街を歩いていると、リクルートスーツに身を包んだ学生の姿が、少しずつ目に入ってくるようになってきました。みんな、ちょっと緊張した面持ちで歩いています。入試が近づいてきて、親子ともに緊張している家庭も多いと思います。
 普通だと、この程度の緊張では体に変化は現れませんが、実際に就職の面接を受けるときや試験会場で問題に取り組んでいるときには、心臓の鼓動や呼吸が速くなったり、手に汗をかいたりするなど、体に変化が出てきます。これは、ずっと昔、動物や敵と出合ったときに、筋肉に血液を送り、武器をしっかりと手でつかむための、体の自然な反応です。
 肉体を使って争う必要があまりない現代社会では、このような体の反応は必要ないのですが、長い歴史を体が記憶しているのでしょう。反射的に、そのような反応が体に現れてしまいます。
 こうした体の反応がほどほどだと問題はないのですが、反応が強く出すぎたり、それほど緊張するような場面でもないときにひどく緊張したりするようになると、やっかいです。考えがまとまらなくなりますし、場合によっては頭が真っ白になって、考えることさえできなくなります そのようになりそうになったら、以前一度書いた、胸とおなかに手をあてて、「1、2、3」とゆっくり数を数えながら、おなかに当てた手が動くようにおなかで息をする、腹式呼吸が効果的です。
 それでも難しいときには、一度ため息をつくようにして息を吐き出してみてください。それから息をゆっくりと吸い込むと、おなかで息ができるようになります。
 一部の筋肉に力を入れてから、一気にその力を抜くことで、リラックスする方法もあります。最初から力を抜こうとしても難しいことが多いので、周囲に気づかれないようにそっと力を入れて、それから力を抜くのです。
 両手を思いっきり握りしめて、そしてすっと力をぬいてもいいでしょう。腹筋にぐっと力を入れて、それから力を抜いてみることもできます。
 もっとも、ほどほどに緊張することは必要なことでもあります。あまり緊張しないと、集中力もわいてきません。リラックスには、完全に力を抜いてゆっくりすることのほかに、ほどほどに緊張して、そして十分に力を発揮することもあるということを、覚えておいてください。
   『AERA』 2008・1・28
 
プロのピンポイントのご意見です。受験生の皆さん、緊張したら実行してみましょう。
わたくしは冷たい水で顔を洗うとリラックスするような気がするのですが、それって、やはり変なのでしょうか。
「ぷぷっ・・・また顔洗ってるよ」
って、生徒によく笑われたもんでしたっけが…。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
【2008/01/26 19:20】 | 体調管理のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
『大学受験生 体調管理のツボ』 其の三
夏のカラダは冬作る、冬のカラダは夏作る!

プロ野球選手の自主トレなどをみているとよくわかりますが、ある時トレーニングして作ったカラダは半年後に成果が現れます。わたくしの大好きな阪神の金本選手など、その典型ではないでしょうか。

受験生も、最後の最後は体力(体調)勝負ですよ。我々、近代に生まれ生きている人間は、どうしても「カラダ⇔アタマ」の二項対立でものごとを考えがちです。「アタマさえきたえれば、カラダなんか、そんなの関係ね~」、でしょうか?だって、アタマはカラダと切り離されて存在しているものではない、アタマもカラダの一部でしょ?カラダをきちんと作ってやらないとアタマだって回転しませんよ。

とはいえ、筋トレしてマッチョになって、みたいな、ビリー先生になる必要はないわけで、ホメオスタシス(恒常性=カラダを一定の安定した状態に保とうとする性質)を保ち続ければ、あとは免疫力がワルどもをやっつけてくれるはずです。難しいことではありませんし、むしろキモチイイと思いますが、いかが?くわしくは去年の記事をご参照くださいませ。


キーワードは、「食事」「睡眠」「アリナミン」といきたいところですが、薬に最初からたよる態度はいけません。「ストレッチ」でした。

 

「食事」「睡眠」「ストレッチ」=3S

は体調管理の基(もとい)なり!!

 

机に一日中かじりついている姿勢をよく見てください。それって「エコノミークラス症候群」で問題になった姿勢とクリソツでは…。まさか死にはしないでしょうが。

受験直前になって体調管理、っていっても、もうカラダがヨワヨワに弱っていたりして。「どろなわ」では間に合いませんよ。で、免疫力が落ちているところで、受験会場で風邪をうつされて帰ってくる、なんてハメになります。

余計なことかもしれませんが、女子高生の方はくれぐれも「生あし」禁止です。わざわざ足腰を冷やして、風邪をひかないわけがない!

と、寒くなってきたら、ハラマキ(スポーツ用のオシャレなやつがあります)して、「ぢさま(ばさま)くさい」といわれようが、腰には必ずホッカイロ。腰をゼッタイ冷やさないようにするのが、冬を乗り切る「ツボ」なのです。

 
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/10/02 16:34】 | 体調管理のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
『大学受験生 体調管理のツボ』 其の二
何をいまさら…とはいうものの、風邪の予防には、手洗いとウガイの励行が肝心です。「ナントカは風邪をひかぬ」とよくいいますが、毎年、受験生を送り出す身である自分が風邪をひいて生徒にうつすわけにはいかないのです。授業の休憩時間のたびに流しで顔を洗って手を洗って、ウガイして…、「ラッコみたい」と生徒に笑われたものです。笑われようが、こちらは「死んでも」風邪はひけないのです。

 

・手洗いとうがいの励行。

 

シンプルですが、これに勝る風邪の予防法はありません。できれば顔も洗うといいですね。メイクが落ちてどこの誰だかわからなくなる人がたまにいたりしますが、そのような人は手だけでもしっかり石けんで洗いましょう。さらにできれば、うがい薬を常に持ち歩くとよいでしょう。と、夜、寝る時に首の周りにタオルを巻いて寝るといいですよ。ウィルスは夜、のどで繁殖しますから、のどの粘膜をサラサラにしておきましょう。

あと、試験会場におもむく時には必ずマスクを持っていくといいですね。風邪をひいている人は当然のこと、そばでゲホゲホいう風邪っぴきがいたらすぐにマスクしましょう。

空気が乾燥する時はのど飴をなめるように。寒気がする時は、薬局、スーパーで売っているので、生姜湯を飲むとよいでしょう。

昨日、亀戸天神にいき、みなさんの合格を祈願して絵馬をかけてきました。と、受験生らしき男子数名、人様の祈願した絵馬をチェックしてまわっている。「コイツ○○大学に受かりますようにって、ばっかじゃねーの」と…。覚えず一句。

キミたちのオデコに「バカ」と書いてある

受験生なら今、他にやることがあるはずなのだが…。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/06 16:45】 | 体調管理のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
『大学受験生 体調管理のツボ』 其の一

今年は暖冬、とはいえ、試験が終わるまで気を抜いてはいけません。試験会場で100パーセント実力を発揮するために、体調管理にはくれぐれも注意してください。ご父兄の助けも借りつつ、以下の点に留意してください。

 

①食事は消化のよいもので、腹八分目。

②身体を温める(身体を冷やさない)。

③しっかり睡眠。

 

①「試験に勝つ!」かなんかいって「豚カツ」(それもメガ級)を食べるのはやめましょう。肉類、アゲモノは胃腸に負担をかけます。睡眠が浅くなるし、試験当日の朝にたらふく食べたら、血は胃腸にまわって脳ミソにいきません。読解系の科目はその場でどれだけ集中できるかが勝負ですから、自殺行為になってしまいます。現代の日本人がカロリー摂取の心配をする必要はないのだから、とにかく消化に留意すること。「とる」ことより「出す」方に気を配るべきです。生野菜より煮野菜、豆腐、納豆、肉より魚、具沢山の味噌汁、と、つまりは伝統的日本食を腹八分目、というのがよろしいのではないでしょうか。肉食動物、草食動物、ともに「飢え」た時に嗅覚も身体の動きも鋭くなります。満腹したライオンは狩をやめてしまいます。試験当日も腹八分目、小腹がすいたら「キットカット」で「勝つ!」ようにしてはいかがでしょう。

 

②寒風吹きすさぶ中、生足で通学する受験生。すでに自殺行為です。一度風邪を引いたらなかなか治らない、で、試験会場で人に風邪をうつして帰ってくる。これは自殺行為どころかテロ行為です。風邪をひいたらグズグズ机にかじりついていないで、とっとと寝ましょう。風邪予防の秘密兵器は「ハラマキ」です。自分は八幡平の山の中でスキーをしてきましたが、経験上、一番暖かいのは「ハラマキ」であると確信しました。お腹、腰のあたりを暖めると免疫力も高まるらしい(もちろん医学のドシロウトの意見ですよ)。ぬるめのお湯にゆっくりつかって、お腹、腰を暖める。風呂から上がったら湯冷めしないように軽いストレッチ、お腹まわり中心に伸ばす(前、後、体側)、ひねる(ねじる)、タオルや棒を使ってやってもよいでしょう。お腹周りをのばすというのは、つまり、腸のマッサージをするということです。消化をうながし、免疫力もアップ、一石二鳥です。

 

③もう本番に突入している人もいるでしょう。生活リズムは試験当日に合わせてください。大切なのは「集中力」であって、机にかじりついている時間ではありません。ボーとしたまま漫然と夜更かしするぐらいなら、とっとと寝て朝にやるようにしましょう。しっかり朝方を作っておく、これが優先順位第一位と肝に銘じましょう。英文解釈、現代文、古文、読解系はその場で集中してナンボです。

 

以上、みんなの今までの頑張りが100%発揮されますように。今日、私は亀戸天神におまいりしてきます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/05 12:23】 | 体調管理のツボ | トラックバック(2) | コメント(0)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。