大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の八
「和歌ってわかんない 8」 〈文学史〉

センター試験直前、「和歌ってわかんない」の仕上げに、和歌にまつわる文学史、「八代集」をやっておきましょう。

「勅(ちょく)」(帝の命令)によって撰集(せんしゅう=選んで編集)された和歌集を「勅撰(ちょくせん)和歌集」といいます。「古今集」から「新古今集」まで(ちょうど三百年はなれている)の八つの勅撰集を「八代集」といいます。「八代集」はとにかく頻出、その成立順序が問われるので、ここでおさえておきましょう。ちなみに『万葉集』は最古の歌集ですが、勅撰集ではないので注意しましょう。

 

  「八代集」

〈平安〉

・古今(こきん)和歌集(九〇五)

・後撰(ごせん)和歌集(九五一)

・拾遺(しゅうい)和歌集(一〇〇五)

・後拾遺(ごしゅうい)和歌集(一〇八六)

・金葉(きんよう)和歌集(一一二七)

・詞花(しか)和歌集(一一五一)

・千載(せんざい)和歌集(一一八七)

〈鎌倉〉

・新古今(しんこきん)和歌集(一二〇五)

 

ゴロで覚える「八代集」

古今 ゴシュゴシュ金曜しか洗剤使えないよ 新古今。

とおぼえましょう。ゴ(後撰)シュ(拾遺)ゴシュ(後拾遺)金曜(金葉)しか(詞花)洗剤(千載)です。『新古今集』のみが鎌倉時代であることに注意しましょう。

 

 『古今和歌集』

【勅を発した帝】

・ 醍醐(だいご)天皇(「延喜(えんぎ)の帝」などと呼ばれる。)

【撰者(せんじゃ=編集者)】

・紀友則(きのとものり)

・紀貫之(きのつらゆき)(「土佐日記」作者、「古今集」の序文、「仮名序(かなじょ)」を書いている)

・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

・壬生忠岑(みぶのただみね)

【主な歌人】 〈六歌仙(ろっかせん)=『古今集』を代表する六人の歌人〉

・在原業平(ありわらのなりひら)

・小野小町(おののこまち)

・大伴黒主(おおとものくろぬし)

・喜撰法師(きせんほうし)

・僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

・文屋康秀(ふんやのやすひで)

【ポイント】

一番きかれる文学史事項。勅を発した醍醐天皇が問われます。

撰者四人、六歌仙六人、どちらもきかれますが、選択肢は常にこれらをゴッチャにして出してくるので、撰者と六歌仙はきっちり覚え分けておきましょう。

とにかくきかれるのが紀貫之の「仮名序」です。和歌は人を幸せにする力がある、という文脈には何度かふれてきましたね。

「力をも入れずして天地(あめつち)を動かし、目に見えぬ鬼神(おにがみ)をもあはれと思はせ、男女の中をも和(やは)らげ、猛(たけ)き武士(もののふ)の心をも慰(なぐさ)むるは歌なり」

ホラ、古今の「仮名序」は、当時の和歌に対する価値観を要約してくれています。説話、歌論など、和歌のすばらしさを言うときに「仮名序」が引用され、設問になる、といったパターンです。とにかく一番出る!


 

『後撰和歌集』

【撰者】

・「梨壷(なしつぼ)の五人」と呼ばれた撰者達の中に清少納言の父、清原元輔(もとすけ)がいる。

【ポイント】

「清少納言→枕草子」をつっこんでもしょうがない、清少納言をつっこむなら、父・元輔が問われます。で、『後撰集』もつっこまれるというわけ。

 

『千載和歌集』

【勅を発した帝】

・後白河(ごしらかわ)院(「今様(いまよう)」〈七五調四句形式の歌謡〉を主に集めた『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』編集)

【撰者】

・ 藤原俊成(としなり)(「五条三位(ごじょうのさんみ)」と呼ばれた。歌論に『古来風体抄(こらいふうていしょう)』がある)

【ポイント】

「このような形式の歌を何というか→今様(歌)」というのがきかれます。七五調四句って、ほとんどの校歌がそうでしょ?なじみ深いところでは阪神タイガースの「六甲おろし」、もとをたどれば「今様」なんですね。『梁塵秘抄』は意外によく出題されているので注意が必要です。

五条三位は和歌の神様、古文の中でよく引き合いに出される人物です。で、『千載集』がつっこまれます。

 

『新古今和歌集』

【勅を発した帝】

・ 後鳥羽(ごとば)院

【撰者】

・藤原定家(さだいえ)(藤原俊成の息子。歌論に『近代秀歌(きんだいしゅうか)』『毎月抄(まいげつしょう)』がある)

【主な歌人】

・ 西行(さいぎょう)(『新古今和歌集』の中で歌数が一番多い。家集(個人の歌集)に『山家(さんか)集』がある。

【ポイント】

とにかく西行がきかれます。全文学史の中で一番きかれるのではないでしょうか。西行は日本の詩歌におけるアイドルなんですね。

ちなみに、定家の歌論もよく問われます。定家の歌論は「きんた」「ま」、とおさえるとよいでしょう。でも、決して声には出さないで下さい。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/01/19 15:06】 | 古文のツボ | トラックバック(2) | コメント(0)
<<センター試験 的中!! | ホーム | 大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十五
「文学史2」   〈平安日記の作品世界をさえよう〉???源氏と枕がちょうど一〇〇〇年、日記の成立順序をおさえたら、いよいよ作...
【2008/01/30 16:12】 | 添削担当者のブログ
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十八
「文学史5」   〈和歌集をおさえよう〉??上代『万葉集』(七六〇)【主な歌人】・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)・山部赤人...
【2008/02/05 18:40】 | 添削担当者のブログ
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。