大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の五十四
「助動詞」 〈最重要「まし」 3〉

「まし」とでてきたら反実仮想、といきたくなるのですが、どっこい、実戦では「ためらい」も同じぐらいよく出ています。「まし」のその他の意味を見ていきましょうか。

 

【「まし」ためらいを含む意志】★★★★

「仮定条件句~まし」はすべて反実仮想と考えるのでしたね。

仮定条件句をともなわず、疑問文(疑問語「いつ・たれ・なに」等、あるいは係助詞「や」「か」がある)であったならためらう気持ちを表す表現。

 

疑問文(仮定条件句なし)~まし 

                        =ためらいを含む意志(~したらよいだろうか

 

例 いづかたに身をたぐへまし

(どちらのお方に身を寄せたらよいだろうか。)

※仮定条件句なし(反実仮想ではない)、「いづかた」(どちら)と疑問語がある、よって「ためらい」で訳します。

 

例 いかにまし

(どうしたらよいだろうか。)

※「せ」=サ変動詞「す」未然形。途方に暮れた時、慣用的につかわれる表現です。『蜻蛉日記』なんかによく出てきます。で、よく聞かれる表現です。

受験生に訳させると「どんなに狭いのか」と訳してきます。笑っている人もいるかと思うのですが、10人中2、3人ぐらいいますよ。記述でよく聞かれるので、練習してみましょうか。

 

問 次の文を口語訳しなさい。

1 何をか食はまし。

2 これをや奉らまし。

 

解答

1 何を食べたらよいだろうか。

2 これを差し上げたらよいだろうか。

 

※疑問文だから「ためらい」はダメ!だって、反実仮想で反語、なんてよくありますからね。「声なくは~誰か知らまし」って反実仮想の例文にあげたでしょ?必ず、仮定条件なし、疑問文、よって「ためらい」と判断していってください。

 

【「まし」仮想】★

仮定条件句をともなわず、疑問文でもなかったらただの仮想の表現と考えましょう。

 

仮定条件なし(反実仮想ではない)

疑問文ではない(「ためらい」でもない)

   ↓

仮想  ~したらよかったのに…。

 

例 見る人もなき山里の桜花ほかの散りなむのちぞ咲かまし

(見る人もいない山里の桜花よ、他の桜が散った後で咲いたらよかったのに

 

※「まし」がただの推量(~だろう)、「む」と同じ感覚で用いられる場合もよくあります。でも、推量を聞いたってしょうがないでしょ?わざわざ傍線部訳の問題になっているなら以上の三者と考えてよいでしょう。受験生は戦略的にものごとを考えねば、でしたね。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/05/30 16:18】 | 古文の基礎 41-60 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の五十五 | ホーム | しり上がり通信 其の一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。