大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十
「入試のための仏教思想 2」 〈功徳・極楽往生〉 

いよいよ入試問題の核心部をついていきます。「この世(現世)」でおこる事は、すべて「さきの世(前世)」からの因縁と考えられていました。それを「契り(ちぎり=前世からの因縁)」「業(ごふ=その因縁によって現世でおこること)」といいます。「契り=夫婦の縁」がよく問われますが、「夫婦の縁」だって、すべて前世からの因縁なのです。

で、この世に生きて、さんざん苦しみ、悲しみをあじわった、人は来世に救いを求めるのでしたね。来世で幸せ(善果)になるためには、この世で善い行い(善因)を積んでおかなければなりません。その「幸せになるための善い行い(善因)」を功徳(くどく)といいます。

 

功徳(くどく)=将来、幸せをもたらすための善い行い。

 

具体的に「功徳」を見ていきましょう。貧しい者がいたら施(ほどこ)しをする、金品を出して僧侶に経をとなえてもらう、これらを「布施(ふせ)」といいます。または自ら勤行(ごんぎょう=仏前で経をとなえる)する、仏道修行(しゅぎょう)する、これらは「行ひ」、入試ではお約束の最重要単語ですね。で、なんといっても、最大の「功徳」は、俗世間との縁(知人、親類、親子、夫婦、兄弟、全ての縁)を断ち切って、一心に仏に仕える、つまり「出家」することです。出家は最高の功徳、「幸せ貯金」は満額です。さあ、自分が読んできた古文の文脈を思い出してください。ひどい苦しみ、悲しみにあう、あるいは、自分の死をさとる、するとすぐ「出家、出家」と言い出すのは、来世にそなえて功徳を積むためなのです。生きている間に何か悪いこと(悪因)をおかすと、また生まれ変わって苦しみ(悪果)をあじわいます。一生を通して苦しみ、悲しみをあじわった(悪因の借金をチャラにした)、何も悪いことをしていない、そして、たくさん功徳を積んだ人はもう生まれ変わる必要はありません。そのような人はどこに行くのでしょうか?

「天国」と答える受験生がいますが、それはキリスト教。「極楽浄土(ごくらくじょうど)」に行くのです。極楽に生まれ変わって、仏のもとでいつまでも安楽に暮らすのです。生まれ変わって「苦」をあじわわなくてもよいのです。苦しみ、悲しみ、死のストーリー展開は行き着くところ「めざせ極楽!」なのです。で、設問になるというわけ。

 

三世

前の世  →  この世  →  後の世

前世             現世             来世

 

悪因      →    悪果(苦しみ)

 

              善因(功徳)   →   善果(幸せ)…最上級=極楽往生

              ・「布施」…貧しい者に施しをする。金品を出して僧に経をとなえさせる。

              ・「行ひ」…仏道修行する。勤行する。

              ・「出家」…俗世間との縁を断ち切って、一心に仏に仕える。

 

↓  ↓  ↓

                因果応報

 

これが「因果応報」思想の全体図です。これで古文で差をつけることができますよ。「出家」については、後に詳しく述べます。

ちなみに、「出家」をただの「家出」と勘違いしている人がいますが、それは奇跡的な誤解というものです。いくら「プチ家出」を積み重ねても、それは「功徳」にはなりません。仏道修行しないと…。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/01/30 13:45】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十一 | ホーム | 大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。