大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の三
20070617184708.jpg

<消防団から学んだこと 2>

「アンチ グローバリズムとしての共同体」ということを前々回に書きました。

アメリカ型の「グローバリズム」を要約すれば、「自己責任」と「自由」なのだろうと思います。個人は、その身に負う責任の度合いに応じて自由を獲得する、といった価値観でしょう。

それに対して、「共同体」を要約すれば、「連帯責任」と「束縛」なのだろうと思います。個人の責任が厳しく問われることもないかわりに、個人は集団による束縛をうけます。

前者は、9・11のニューヨークでのテロから、今日のイラク戦争まで、まるで巨大噴火のあとの火山灰のように世界をモヤッと押しつつんでいます。

で、日本はどうする?

そこで、小泉元総理大臣が思いっきり「アメリカ型グローバリズム」の方に舵をきりました。その結果、「勝ち組/負け組」、「格差社会」といった言説がまんえんしています。「グローバル」ということばが持っている意味の広がりのわりに、価値観は狭隘(きょうあい)だったりします。日本はこのままアメリカのあとを追ってグローバリズムの道を突き進むのでしょうか?

ところが、どっこい、などと私には思えるのです。

おととし、佃島で四年に一度の住吉神社の大祭があり、私は連日出かけて拝見させていただきました。巨大な八角形の宮神輿が入っている倉をひょいとのぞくと、歴代の青年団やらの旗に混じって「佃愛国青年団」と、名称はうろ覚えなのですが、ふる~い旗がかざってありました。戦争の時代には「愛国青年」がかついだのか…、と感慨深いものがありました。住吉神社は、全国でいちばん分社の数が多いものと記憶しておりますが、その必然として、軍神をまつるのに役立ってきたのです。

戦争は敗れ、「愛国青年団」も解体し、で、神輿の担ぎ手はいなくなったのかというと、どっこい、長屋に住まう人々やら、超高層マンションに住まう人々やら、何百人もが列をなしてシズシズと海の向こうまで神輿を運んでいきます。

日常、日本橋の魚河岸、今日の築地市場を支えてきた男たちにとって、イデオロギーなど知ったこっちゃなかったのです。ただ「住吉神社」があるのみ。土地の守り神がいるだけなのです。

消防団も、江戸の火消しの流れをくんで…、などといわれるわりには、どうも旧帝国陸軍のにおいがします。消防団の小さな帽子を「戦闘帽」と呼んだりしますし…。

でも、やはり、イデオロギーなんか知ったこっちゃないのでしょう。江戸の火事は、町方、民間人の手をかりて初期消火につとめないと、都市そのものが丸焼けになってしまったことでしょう。それは震災が想定される今日の都市においても同様だと思います。人と人とをつなぐ紐帯(ちゅうたい)として、ただ「火事」があるばかりなのです。

私は、政治のことはよくわかりません。けれども、小泉元総理大臣は何も、ただアメリカのグローバリズムの後追いをしたわけではないような気がしています。ライオンがわが子を谷に突き落とすように、日本社会をアメリカ型のグローバリズムの海に、あえて投げ入れたのではないでしょうか。その先、そこからまたワシワシ這い上がってくる「共同体」の力を誰よりもよく知っていた人ではなかったかと、今になって思っております。



20070617184622.jpg


スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/06/17 18:54】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十二 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十一>>
コメント
ご参考まで、『現在・過去・未来がみえる日本地図百科2006年版』(監修中村和郎、JTBパブリッシング、2005年)に載っている「同じ名前の神社は全国にどのくらいの数があるのか」の表を転記します。

 稲荷神社系(約19800社)
 八幡宮・八幡神社系(約14800社)
 天満宮・天神社系(約10300社)
 諏訪神社系(約5700社)
 新明神社系(約5400社)
 熊野神社系(約3300社)
 春日神社系(約3000社)
 八坂神社系(約2900社)
 住吉神社系(約2000社)
 金刀比羅神社・琴平神社系(約2000社)
 恵比寿神社系(約1500社)
 (参考:神社本庁)

これをもとに考えると、残念ながら(?)住吉神社が「全国でいちばん分社の数が多い」ということはなさそうですね。分社の数え方によって数は違ってくるようにも思いますが。
【2007/06/24 14:16】 URL | sobo #- [ 編集 ]
ご指摘、ありがとうございます。
おわびして訂正させていただきます。
私の個人的願望だったようです。
【2007/06/26 21:41】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。