大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十五
「識別」 〈三大識別「なり」「なむ」「に」〉

 

【なむ】の識別】★★★★★

 

1 ~なむ~連体形。 …係助詞「なむ」

基本的には文中で用いられ、文末は連体形で結ぶ。ただの強調で訳す必要はない。

 

2 未然形なむ。 …あつらえ(他に対する希望)の終助詞「なむ」

 ・あつらえ(他に対する希望=~してほしい)

を表現する。基本的に文末で用いられる。

 

3 連用形なむ。 …強意の助動詞「ぬ」未然形「な」+推量・意志の助動詞「む」

・強い推量(きっと~だろう)

・強い意志(きっと~しよう)

・可能推量(~できるだろう)

・適当(~するのがよい)

などを表現する。これも基本的には文末で用いられる表現。

【「む」…「連用形+てむ・なむ」】→大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の五十

 

4 死なむ・往なむ …ナ変動詞「死ぬ・往ぬ」未然形+推量・意志の助動詞「む」

 

例1 あはれなりつる心のほどなむ忘れむ世あるまじき。

(思いやり深かったあなたの心づかいを忘れる時はないだろう。)

※文中で用いられ、文末が「連体形。」(打消推量の助動詞「まじ」連体形「まじき。」)となっていることに着目。基本的に文中で使われていたら係助詞くさいです、が、必ず結びを確認すること。当然、実戦ではバレバレの形では出しません。係助詞「なむ」の結びの省略は、「なむ」の識別問題のお約束のヒッカケ選択肢、みんなひっかかります。

 

例 いと恥づかしうなむ

(とても恥ずかしいことでございます。)

※係助詞「なむ」。結び「侍る(丁寧の補助動詞)」等が省略されています。

シク活用形容詞「恥づかし」の本活用連用形「恥づかしく」のウ音便に接続しています。形容詞の本活用連用形に「なむ」が接続していたら、補助動詞「あり」「侍り(候ふ)」「おはす(おはします)」が省略されていますよ。


これを上記の3、「連用形+なむ」ととったら大間違いです。3の「な」は助動詞だから形容詞に接続する場合は補助活用連用形に接続し、

・恥づかしかりなむ

という形になるはずです。形容詞の補助活用がどのような働きをするのかおさえておくのが重要だというのがわかりますね。


ちなみに、上記2、「未然形+なむ」終助詞も、形容詞には補助活用に接続し、

・恥づかしからなむ

となります。だから、本活用に接続した場合は係助詞「なむ」に決まるのです。

その他、形容詞に限らず、文脈上分かりきっているものはガンガン省略します。例えば、歌について言っている文脈で「歌をなむ。」とあったら、結びを「詠む(連体形)」と補って、「なむ」は係助詞ということになります。場数を踏むべし、です。

 

例2 いつしか梅咲かなむ

(はやく梅が咲いてほしい。)

※「咲く」未然形に接続し、あつらえの終助詞。副詞「いつしか」は意志や                          希望の表現と呼応し「はやく~」と訳します。


 

例3 寝ざらむもわろかりなむ

(寝ないでいるのもきっと良くないだろう。)

※形容詞「悪(わろ)し」の補助活用連用形「悪かり」に接続し(上記の「恥づかしくなむ」と比べてみよう)、強意の助動詞「ぬ」未然形「な」+「む」。ここでは強い推量「きっと~だろう」の意です。

 

※未然形・連用形が同形の活用語(上一段・下一段・上二段・下二段)に接続した場合、接続を見ても、上記の2か3か識別できません。文脈から判断するしかありません。頭の中に即座に「あつらえ・強い推量・強い意志・可能推量・適当」の五つの選択肢を思い浮かべ、適切な訳を選んでください。以前にあげたあげた例文をもう一度検証してみましょう。

 

例 飛び降るとも降(お)りなむ

(飛び降りても降りることができるだろう。)

※「降り」は上二段活用「降る」。未然形も連用形も同じ「降り」です。

未然形なら上記2、連用形なら上記3、接続を見ても判断できませんね。

文脈は、『徒然草』において、木登り名人が「木から降りて来る時にナメてかかってケガをするものだから注意しろ」といっている文脈です。ナメてかかっているということは、木登りをしている者が不可能さの度合をあまく見ているわけです。だから、3の可能推量で訳したいのです。木登りをする者自身が思っている内容ですから、2「飛び降りてほしい」(他に対する希望)はおかしいのです。

 

例 うつたへに忘れなむとにはあらで、

(全く忘れてしまおうというわけではなくて、)

※「忘れ」は下二段活用「忘る」。未然形も連用形も同じ「忘れ」です。

未然形なら上記2、連用形なら上記3、接続を見ても判断できませんね。

文脈は、『土佐日記』において、筆者、紀貫之の奥さんが、死んだ娘のことを思い出して悲しんでいるシーン。「忘れる」というのは、「うつたへに忘れなむ」と思っている奥さん自身の動作なので、3の強い意志で訳したいのです。推量・意志の表現「む・べし・じ・まじ」は、その人自身の動作について使われていたなら意志という傾向があるからです。2、「死んだ娘のことを(他の誰かに)忘れてほしい」と思う母親がはたしているでしょうか?

 

例4 願はくは花の下にて春死なむ

(願うことなら桜の下で春に死にたい。)

※ナ変動詞「死ぬ」未然形「死な」の活用語尾+意志の助動詞「む」。

「死なむ」「往(去)なむ」の形をとったら誰でもわかりそうなものですが、かな書きで「しなむ」「いなむ」と出されたら、なかなかやっかいですよ。それが実戦ということ。

サ変動詞「す」の連用形「し」?とか、ヤ行上一段動詞「射る」の未然形・連用形「い」?とか、ワ行上一段「居る・率る」?とか、選択肢が急に増えてきます。文脈の中で訳していくしかないのです。たかだか「なむ」の識別でも、結局は文脈の読解能力が問われることになります。センター試験、早稲田、上智レベルだったらここまで想定しておかないと、なのです。

【早稲田レベルのひっかけ】→大学入試直前講座 『古文のドツボ』 其の一

 

 

以上、受験生、最後の最後は演習量の勝負!といい続けてきた意味がわかりますね?
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/06/21 22:07】 | 古文の基礎 61-80 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十六 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十四>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。