大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十六
「識別」 〈三大識別「なり」「なむ」「に」〉

記事が長くてすみませんね。

文法の総仕上げですから、かえって分けないほうが一覧しやすいだろうと考えました。ボクシングでいうなら最終ラウンドなんですね。ドトーのようにラッシュをかけていきますよ。今年のセンター試験で出しましたね。

 

【「に」の識別】★★★★★

格助詞「に」「にて」…体言・連体形(連体形の場合、下に体言が補える)に接続。

基本的に体言に付き、下の動詞にかかっていきます。「学校行く」の「に」。「学校(体言)」に接続し、「行く(動詞)」にかかっています。「体育館にて全校集会を行う」の「にて」。「体育館(体言)」に接続し、「行う(動詞)」にかかっています。

 

接続助詞「に」…連体形に接続(下に体言が補えない)

・順接(~すると・~ので

・逆接(~のに・~けれども

どちらも表現します。「主語~述語」は接続助詞「に」の上で完結するため、下にかかっていく動詞がありません。「我学校に行く、彼行かず」の「に」。「行く(連体形)」に接続し、かかっていく動詞がありませんね。

 

完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」…活用語の連用形に接続し、「にき・にけり・にけむ」と他の助動詞と複合する。

 

断定の助動詞「なり」の連用形「に」…体言・連体形に接続。

・「~にあり」で「である」と訳せる。「あり」は断定の表現を補助する補助動詞と考える。「に」と「あり」の間には係助詞や接続助詞が入る場合が多い。

※断定の「なり」連用形「に」、および「にあり」「に侍り・に候ふ」「におはす・おはします」の断定以外の表現については断定「なり」の項を確認してください。

【断定「なり」の連用形「に」】→大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の六十四

・「~にて」で「~である。そして、」または「~であって、」と訳せる。

格助詞「にて」との識別が問われます。下記で詳述。


ナ変動詞「死ぬ」「往ぬ」の連用形「死に」「往に」の活用語尾

 

ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾…「なり」で言いきって様子・状態を表現する。

 

7副詞の一部…副詞は基本的に活用せず、用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾していく。

 

例1、2、6 ねむごろ言ひける人「こよひ逢はむ」とちぎりたりける

(親切に言い寄った男に「今夜逢おう」と約束すると、)

※形容動詞「ねむごろなり」の連用形「ねむごろに」。「~なり」と言いきって「親切だ、丁寧だ」と様子・状態を表現します。

・「人に」の「に」は格助詞。「人(体言)」に接続し、動詞「ちぎる」にかかっています。

・「けるに」の「に」は接続助詞。助動詞「けり」連体形「ける」に接続し、間に体言が補えないし、下にかかっていく動詞がありません(省略しているけど…)。

 

例3 心は君によりしものを

(心は君に寄りそっていたのになあ)

※「寄る」の連用形「より」に接続し、「にき」の形をとっています。完了「ぬ」の連用形と一発でわかります。当然、過去の助動詞「き」も活用語なので活用します。「し」は「き」の連体形。

 

例4 わが身一つの秋あらねど

(私だけに訪れた秋はないけれど)

※「秋(体言)」に接続し、「(は)あり」で「~である」と訳せますね。よって「に」は断定「なり」連用形。「あり」は補助動詞。あいだに「は(係助詞)」が入った形です。「私だけの秋である」と断定している(打消していますが)のであって、「秋」に何かが存在しているわけではないでしょ?

例えば「学園祭いつあるの?」「学園祭は秋あり」と言ったら、学園祭がどの時期に存在するかをいっています。存在を表したら「に」は格助詞、「あり」は普通の動詞、動詞は「存在・動作」の表現でしたね。

 

例4 (『徒然草』は)あぢきなきすさびにて、かつ破り捨つべきものなり。

(『徒然草』は、つまらないなぐさみごとであって、すぐに破り捨てるべきものだ。)

 ※「すさび(体言)」に接続し、「~である。そいして」または「~であって」と訳せます。よって「に」は断定「なり」連用形。「て」は接続助詞。

・こんな『徒然草』なんかつまらないなぐさみごとである

(and)

・こんな『徒然草』なんかすぐに破り捨てるべきものである

「~なり(断定)。て(=and)、~なり(断定)」と、前後で「主語~述語」が完結していますね。これが格助詞「にて」と決定的に異なります。下記の格助詞「にて」と比べてみるとわかりますが、格助詞「にて」は必ず下の動詞にかかっていきます。

 

例1、5 狩けり。

(狩に行った。)

※「狩に」の「に」は格助詞。「狩(体言)」に接続し、動詞「往ぬ」にかかっています。

・「往に」の「に」はナ変動詞「いぬ」の連用形活用語尾。ナ変動詞「死ぬ」「往ぬ」と漢字で書くとバレバレですが、仮名書きで「しに」「いに」と書かれると、とたんに難しくなります。「ゐにけり」だったら、ワ行上一段「居(率)る」連用形「ゐ」、「に(完了)」「けり(過去)」ということになりますが…。

【早稲田レベルのひっかけ】→大学入試直前講座 『古文のドツボ』 其の一

 

例7 つひ行く道とはかねてききしかど、

(最後に通って行く死出の道とは以前から聞いていたけれど、)

※「つひに」は活用がなく、動詞(用言)「行く」を修飾しています。よって副詞です。副詞は「すでに」などもそうですが、「つひなれば」「すでならず」という表現がないでしょ?つまり活用がない、形容動詞ではないんですね。

 

【格助詞「にて」の確認】

※「にて」で一語の格助詞の場合は、体言・連体形(連体形の場合は下に体言が補える)に接続し、必ず動詞にかかっていきます。上記の1、格助詞「に」と全く同じです。全然重要ではありませんが、受験生が必ずひっかかるところです。格助詞「にて」の「に」だけに傍線を引くと、受験生はみんな「断定」とひっかかります。ひっかけの王様なんですね。ひっかからないためにだけ、意味をひととおりたどっておきましょう。覚える必要はありません。たどるだけでOK!。


・場所…~において ~で

・時間・年齢…~で

・状態・資格…~として ~で

・方法・手段…~で

・原因・理由…~のために ~によって

・材料…~で


例 ねがはくは花の下にて春死なむ

(願うことなら桜の花の下春に死のう)

※「下(体言)」+「にて(場所)」→死ぬ(動詞)

 

例 十二にて御元服し給ふ

(光源氏は十二歳元服なさる)

※十二(体言)+「にて(年齢)」→元服す(動詞)

 

例 ただ人(うど)にておほやけの御後ろ見をす

(臣下として朝廷の補佐をする)

※ただ人(体言)+「にて(資格)」→後ろ見す(動詞)

 

例 深き川を舟にて渡る

(深い川を舟渡る)

※「舟(体言)」+「にて(手段)」→渡る(動詞)

 

例 我朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ

(私が朝夕仕事で目にする竹の中にいらっしゃることによって存在がわかった)

※おはする(「おはす」連体形)+コト(形式名詞)+「にて(原因)」→知る(動詞)

 

例 女のはける沓(クツ)にて作れる笛

(女がはいている木の靴作った笛)

※「沓(体言)」+「にて(材料)」→作る(動詞)

 

以上、受験生が迷うところなので、最後にもう一度まとめておきましょう。


・体言にあり…「である」と訳せる

 →断定「なり」連用形+補助動詞「あり」

・体言にあり…「~にある」「~にいる」と存在を表している

 →格助詞「に」+動詞

※「あり」が丁寧「はべり」「さぶらふ」、尊敬「おはす」「おはします」になっても判断基準は同じです。「断定」なのか「存在」なのか、必ず訳して確認してください。ちなみに「はべり」「さぶらふ」については謙譲「お仕えする」もありますよ。


・体言にて…「~である。そして」「~であって」と訳せる

 →断定「なり」連用形+接続助詞「て」

・体言にて…下の動詞にかかっていく

 →格助詞「にて」

※格助詞「に」「にて」か断定「なり」連用形「に」かで迷った時には、常にこの判断基準にしたがってください。

 

以上、メチャメチャこまかいですが、早稲田、上智レベルの受験を考えているのなら、このレベルまでおさえてください。だって、これらの大学でバレバレの「に」の識別を出すわけが、ない!

文法、終わった~!!


 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/06/22 20:47】 | 古文の基礎 61-80 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十七 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十五>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。