大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の一
「現代文・小論文」 〈そもそも…〉

たとえば、クラブ活動。

ずっと一緒にがんばってきた友達が、ある日突然

「クラブ、やめる…」

と言ったとします。私たちは当然

「えっ、何で?」

と聞き返しますね。

「あ、そう」

じゃ、あまりに友達がいがないですよね。

実は、このようなところに意見文の基礎がかくれています。

私たちは、日常「あれ?」と問題に出くわすと、必ず「何で?」と問いたくなります。一休さんに出てくる「どちて坊や」ではありませんが(古いか?)、日常は「問い」に満ちています。

それなのに、なんら問題意識も持たずに「あたりまえ」だと思って過ごしている人に問題を投げかけるのが、意見文のプロ、評論家の方たちなのではないでしょうか。だから「自明(あたりまえ)」ということばが、評論文でよく批判の対象になっていますね。

ちなみに、意見文というのは基本は三点で構成されています。


問題点は何か?

・結論の根拠は何か?

結論は何か?


いいかえれば、「問題点」「論証」「結論」の三点からなっています。基本的には「問題点は一点」「それに対する結論も一点」です。その結論一点にむけて論証がなされます。センター試験や、早稲田大学の国語など、よ~く分析してみてください。基本的にはこれら三点をもとに作題されています。

傍線部にぶつかっては「?」立ち止まる。設問で聞かれて「?」考えるではいくら時間があっても足りません。現代文の勝負の分かれ目は、実は設問以前に、どれだけ本文の要約ができているかにかかっています(例外もありますが…)。センター試験の「問六」が、ほぼこの要約力を問う問題です。早稲田大学も必ず要約の問題を出します。いずれにせよ、配点が高いことにかわりありません。

それでは、「要約力」はどのようにしたら身につくのか?

あっさり言ってしまえば、近道はありません。あるとすれば、普段から上記の三点を「考えるクセ」をつけることでしょう。朝のニュースを見て、電車のつり広告を見て、友達とケンカして、「どちて?」「どちて?」と問いを発し続けることではないでしょうか。上記の例で言うなら、「クラブ活動という問題について」「やめるという結論」「それは何で?」と、論証を求めているわけです。

そもそも、現代文の設問だって、本来はより深く本文を読解させるべく、ツッコミを入れてくれているはずなのです。東京大学の問題などその典型だと思います。

中には勘違いしてやたらに虫食いにして、本文そのものが読解できない、なんてムチャクチャな問題を出す大学もありますが、もし、出題者にとって、それが「自明」なものとして前提とされているなら、私たちはそこにツッコミを入れなくてはいけませんね。

 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/06/27 20:47】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十八 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『古文の基礎』 其の七十七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。