大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の三
「接続関係」 〈逆接〉

「論」の中核をなすのが、この「逆接関係」です。

「意見文」とは、あたりまえとされていること、自明性に「ツッコミ」を入れていく作業だ、と以前述べました。

漫才で、ボケをかますと、相方は「なに言うとんねん!」、で、肩をポンと…、客がウケル。「逆接」とは、まさしくそのツッコミ、「肩をポン」なんですね。漫才だって「論(すじみち)」をともなって、面白いことを「述」べる作業、「論述」しているわけです。ツッコミがないことには始まらないでしょ?

現代文においては、いかに「逆接」を正確に読み取っていくか、小論文においては、いかに「逆接」して自分の意見を展開していけるか、ここが勝負どころとなります。

 

A(批判対象)


逆接「しかし」「だが」「けれども」「~ものの」「~のに」「~が」


B(自分の意見)

 

論述するなら、Aで批判対象をしっかり分析し、Bで自分の意見を明確に打ち出すことが大切です。現代文の読解なら、「逆接」後の筆者の意見をいかに的確に読み取るかが大切です。

いずれ、「逆接」というのは、B(逆接した後)の内容を強める、一種の強調表現です。だから、現代文読解の際に、段落アタマの逆接には注意しなければなりません。筆者の主張がきていることが多いからです。

また、AとBはだいたい対立関係になります。


1.A「客観的」←逆接→ B「    」

2.A「特殊」 ← 〃 → B「    」

3.A「多義的」← 〃  → B「    」

4.A「混沌」 ← 〃 → B「    」


さて、空欄には何が入るでしょう?って、よく虫食い問題になるところです。どれも評論頻出語ですよ。答は、

1.「主観」、2.「普遍」、3.「一義的」、4.「秩序」、下にいくほど難しい。1.2.は受験生なら「常識!」と言ってほしいところです。3.4.ぐらいになると早稲田レベルの評論です。実際、よく出題されているところです。

このように、逆接をはさんで虫食い問題にしてもいいし、対義語をはさんで「逆接」を虫食い問題にしてもいいですね。国立大学の記述などだったら、逆接前後を記述問題にしたいところです。

「逆接関係」をもった重要語を見ておきましょうか。

 

矛盾

…つじつまが合わないこと。あいいれないこと。

皮肉(アイロニー)

…予想に反した結果になること。

逆説(パラドクス)

…あいいれない関係でありながら、それが一つの現実となっていること。

 

「矛盾」と「逆説」が似ていますが、前者はただ「あいいれない」という関係性を言っているのに対し、後者は「矛盾しながらも、一つの現実になっている」と、その現実の方に重点が置かれています。

いずれ、どれも説明問題で頻出する語です。特にも、本文中に「逆説(パラドクス)」とあったら、ほぼ間違いなく設問になります。虫食い問題の選択肢の中に「逆説」とあったら、かなり正解クサイですね。記述で問われた場合、書き方は「A、しかしB」と逆接でまとめるか(ヤヤコシイ)、一方ではA、他方でB」と一方、他方でまとめるか、「カタ」に注意してコンパクトにまとめましょう。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/07/23 18:05】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の四 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。