大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の四
「接続関係」 〈逆接 2〉

さて、それでは実践。

前回、意見文において「逆接」は最重要、と述べました。その理由は、逆接した後に筆者の意見、主張がくることが多いからです。もう一つ。「逆接」すると、その先の文脈を容易に類推できるからです。ホームページで、「読解力とは、『文脈類推能力』と『要約力』だ」と展開していますが、「逆接」はその「文脈類推」におおきくかかわってきます。前後が対立するのだから、




Aである。しかし(逆接)  X  




とあったら、Xの内容は容易に類推できますね。




X=Aではない。




という内容が展開するはずです。実際にやってみましょうか。今日の『毎日新聞』のコラムを引用させていただきました。





 セミの声を聞いてもファーブルともなれば日本人の思いもつかぬことを考える。セミがさかんに鳴いているところで大砲を撃てば、どうなるのか?いや、考えたばかりでなくわざわざ役場の大砲を砲手とともに借りてきて、実際に撃ったのだからすごい。

 2度の発砲の結果、セミは何事もなかったかのように鳴き続けたと昆虫記は書いている。ファーブルは、セミは耳が遠いから大声で泣くのだと結論づけた。だが実はセミにも音は聞こえるが、聞き分けられる音の範囲が人とちがうことが後にわかった。

 さて日本人がミンミンゼミやアブラゼミなど夏ゼミの声を聞き始めれば梅雨明けだ。きのうは近畿地方の梅雨明けが伝えられ、関東地方でも真夏の陽気となった。皇居の周辺でも大砲ならぬ自動車の騒音をかいくぐってミンミンゼミの声が響き渡った。

 もっとも東日本はすぐまたぐずついた天気にもどり、梅雨明けはしばらく先になるという。何年もの地下生活を生き抜いてようやく地上に出たセミたちには気の毒な天気だが、本格的な夏の暑さが待ち遠しいのは夏休みに入った子供たちも同様だろう。


 だが(逆接)…       


 セミの中でもニイニイゼミやヒグラシは梅雨のうちから鳴き始めるが、あまりピンとこない。耳に入りながら周りの状況次第で気にならぬ音は人にもあるようだ。短い生を激しく鳴いて果てるセミの音は炎暑の盛夏にこそ心にしみるが、今年は少しその勢いが気がかりだ。

(『毎日新聞』平成19年7月25日のコラムより)


 

 空欄Xの内容はだいたい類推できるでしょう?本文は、





 だが先日発表された1カ月予報によると、ほぼ全国的に気温が「平年並みか低い」という今年の夏だ。先月の3カ月予報ではラニーニャ現象のせいで猛暑が予想されていたのだが、実際は太平洋高気圧の勢いが弱く、一転して冷夏の方が心配になった。ままならないのは空模様である。





でした。逆接をはさんで、

「夏の暑さが待ち遠しい←だが(逆接)→一転して冷夏の方が心配になった」

と、「暑←→冷」のきれいな対立関係になっています。

実際に現代文を読解する際にも、ただ与えられた文脈の後追いをするのではなく、このように先々の内容を類推しながら読んでいけば、早く、正確な読解ができるようになりますよ。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/07/25 16:02】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の五 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。