大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の五
「接続関係」 〈逆接 3〉

逆接を用いた立論の練習をしてみましょうか。

 

 「コペルニクス的転回」以来、「天動説」は「地動説」にとってかわられた。科学があたかもバイブルであるかのようにふるまっている現代社会において、「地動説」は自明なものとなっている。

 しかし、…

 

と、逆接してみましょう。どうです?「地動説」をひっくり返せますか?

当然のことながら、科学的な証明によって「地動説」をくつがえすことなどは不可能です。しかし、論理(ロジック)の上でなら可能です。やってみましょうか。

 

しかし、我々は日常生活で「太陽が昇る」と言い、「太陽が沈む」と言っている。ここで運動しているのは太陽であって、地球ではない。いくら「地動説」をあたりまえのことと知っていても、「地球が回って太陽が現れた」とは表現しない。ということは、我々の意識(無意識)のレベルでは、いまだに「天動説」が優位を占めているのではないか。科学が万能の現代社会においても、我々の意識は何万年と変わることのない「天動説」を生きているのである。

 

そんなの「詭弁(きべん)だ!」というご批判はごもっとも、詭弁です。「科学的妥当性」の問題を「言語(表現)」の問題にすりかえています。

ただし、読者がもし「フムフム」と思って読むなら、それも立派な「論」なのです。ホームページでも展開していますが、「論述力」とは「人をうなずかせる力」なのです。うなずかせてしまえば「勝ち」ということ。

さすがに「地動説」にツッコミを入れるのは難しいでしょうが、私たちの日常生活はツッコミどころにあふれています。テレビのニュースを見て、学校の先生の話を聞いて、「だが、」「しかし、」どんどん逆接していきましょう。その延長に「読解力」や「論述力」があります。

考えてみたって、「あ、そう」「ふ~ん」と日常生活、与えられたものを無批判に受け入れて過ごしている人が、どうして現代文においてだけは、逆接の先の文脈を類推できるのでしょう?論述においてだけは、逆接して自論を展開できるのでしょう?普段からが論理的思考を鍛える訓練なのです。どんどん逆接して批判精神を鍛えるべし!

ただ、「でもね」「けどね」なんて、いちいち口に出して言うと間違いなく友人を減らしてしまいます。あくまで「思考」のレベルでとどめておきましょう。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/07/30 18:12】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の六 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の四>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。