大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の七
「接続関係」 〈順接と逆接〉

ながらくお休みしてスイマセン。プチ入院したりしてサボってしまいました。

残暑がきびしいですが、みなさま、くれぐれも体調にはお気をつけ下さいませ。

では、再開。現代文、小論文の論理(ロジック)を作り出していくのは「接続関係」であると述べてきました。そして「逆接」「順接(原因・理由)」まで展開してきました。

ムムム、それって、古文の接続助詞でやったのと同じでは…、そう、基本は現代文だろうが、古文だろうが、漢文だろうが、接続関係の基本は変わりません。古文の接続助詞をしっかりおさえるのって、実は古文以上に現代文で役に立ったりして。だから何度も言ってきたとおり、現代文、古文、漢文は別々のものとしてやるより、一緒にやったほうが理解が早いのです。


『古文の基礎』の「主な接続助詞」でやったのと同じ例文でやってみましょうか。受験で漢文がある人は漢文も一緒におさえてしまいましょう(読みづらくてスミマセンが…)。

まずは、「順接」「逆接」「仮定」「確定」の定義をおさえましょう。

 

・「順接」の「順」は訓読みすれば「順(したが)う」、前の内容に「したがえ」ば、自然とのちの内容が導き出されるので「順接」です。

・「逆接」は、前の内容と後の内容があいいれない、文字通り「逆」の関係になります。

・「仮定」は、動作がまだ動作はおこなわれていない、動作は「仮定」された状態にあります。

・「確定」は、動作はもうおこなわれている、動作は「確定」された状態にあります。

 

順接仮定条件もし~ならば、

【古文】「未然形+ば」=もし~ならば、

【漢文】「若(も)シ如(も)シ苟(いやし)クモ未然形+バ已然形+バ、~」

※漢文では少々文法がルーズになって、「未然形・已然形+バ」どちらでも仮定条件を表現します。

例 もし早く行ったならば、彼に会えるよ。

※わざわざ早く行くのだから、会えて当然(順接)、「行く」動作はまだおこなわれていません(仮定)。

 

順接確定条件~ので、)(接続詞…「だから」「したがって」)

【古文】「已然形+ば」=ので、

【漢文】「已然形+バ則(すなは)チ~」

※いわゆる「レバ則」といわれるお約束問題です。仮定条件、確定条件どちらも受けますが、特にも確定条件(原因・理由)の表現としておさえておきたいですね。ちなみに、漢文は何でもサ変化して読む傾向があります。サ変動詞「○ス」、已然形「○スレ」+「バ」+「則チ~」とよく表現されるので、「レバ則」といわれています。虫食い問題の王様。

例 早く行ったので、彼に会えたよ。

※わざわざ早く行くのだから、会えて当然(順接)、「行く」動作はもうおこなわれています(確定)。

 

逆接仮定条件たとえ~としても

【古文】「終止形(形容詞は連用形)+とも」=たとえ~としても、

【漢文】「縦(たと)ヒ縦令(たと)ヒ仮令(たと)ヒトモ、~」

例 たとえ早く行ったとしても、彼には会えないよ。

※わざわざ早く行く、それなのに会えないのはおかしい、あいいれない関係(逆接)、「行く」動作はまだおこなわれていません(仮定)。

 

逆接確定条件~けれど、)(接続詞…「だが」「しかし」)

【古文】「已然形+どども」=~けれど、

【漢文】「~ドモ而(置き字)~」

※「而」は接続詞で読んでもよし、接続助詞で送って置き字にしてもよし、順接(単純接続)、逆接、両用法があります。

・順接(単純接続)

接続詞「~、而(しかう)シテ~」=「andと同じ」

接続助詞「~テ而(置き字、読まない)~」

・逆接

接続詞「~、而(しか)レドモ~」

接続助詞「~ドモ而(置き字、読まない)~」

例 早く行ったけれど、彼には会えなかったよ。

※わざわざ早く行く、それなのに会えないのはおかしい、あいいれない関係(逆接)、「行く」動作はもうおこなわれています(確定)。

 

くどいようですが、「~としても、」は逆接ですよ。

現代文・小論文の論理(ロジック)をおさえる上で、上記の条件句はおさえておきたいですね。

たとえば早稲田の現代文の問題。本文中ではただ「Aである。Bである。」といっているだけなのに、設問の指示が「本文の内容と合致するものを選べ。」で、選択肢が「AだからBである。」と勝手に「原因・理由/結果」に置き換えたりするのは、よくやるひっかけです。

ところで、接続関係は論理(ロジック)の基本だ!と展開しているわけですが、受験をはなれてちょっと考えてみましょう。「接続関係」って、論理の基本どころか、実は私たちの「生き方」そのものだったりしませんか?

「みんながやっている。だから、ワタシもやる。」

「みんながやっている。しかし、ボクはやらない。」

つまり、私たちをとりまく「世界」に対してどのように「接続」していくかで、それぞれの生き方は大きく変わってしまいますね。たかが「接続」といってあなどれません。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/08/20 18:54】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の八 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の六>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。