大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の九
「接続関係」 〈原因・理由/結果の応用〉

前回、「原因・理由/結果」の関係の主要なパターンをたどってみました。では、実戦に即して考えてみましょう。

現代文、古文、漢文とも、傍線部の原因・理由を問う設問はよく出題されますね。そこで前回やったパターンをあてはめてみましょう。

設問はすべて「傍線部の原因・理由の説明」が求められているものとします。

 

【現代文】

●原因・理由 「だから」「したがって」「~ので」「~から」「~よって」 結果

結果 「なぜなら」「その背景には」 原因・理由

※接続助詞の「~て」は、単純接続で、事態の前後関係、単純接続(=and)の表現ですが、原因理由を表すこともできます。「コラ、なんで遅刻したんだ?」「電車が遅れ…」なんて、よく使っているでしょ?

それと早稲田やセンターの要約系の問題、選択肢の要約文に「原因・理由/結果」の関係があったらよくよく注意してください。本文も同じ関係になっているか確認すること。

 

【古文】

●原因・理由 已然形+結果

※立教大学なんかがよく出していますね。二、三〇字の記述にしたりして。国立二次でもよく問題になります。東大などでもシンプルにきいてきます。「古文で原因・理由を問われたら『已然形+ば』を探せ!!」というのは受験生、鉄則中の鉄則です。

 

【漢文】

●原因・理由 +○スレバ 則(すなは)チ 結果

結果 何者(なん)トナレバ何則(なん)トナレバ 原因・理由

※「何者」「何則」をもとに原因・理由を問うのは、ちょっとシブすぎかもしれません。選択肢問題でよみの問題あたりが妥当なところでしょう。でも、早稲田大学なら選択肢ナシでよみを問われても文句は言えません。漢文においては、「原因・理由を問われたら『レバ則』を探せ!!」が鉄則です。早稲田レベルになるともう一ひねり入って虫食い問題。「原因・理由。( x )結果」、で、選択肢にチョロっと「則」がある、という問題を出しています。つまり、空欄の前後が「原因・理由/結果」の関係になっていることが読解できていないと入れられないんですね。その上、空欄前後が白文だったりして…。

 

以上、「原因・理由/結果」の出題パターンをみてきました。これらはあくまで判断の一助、頼るべきは文脈です。現代文・古文・漢文ともに、多様な文脈をワシワシ読み込んでいく姿勢が大切です。

ちなみに、早稲田大学など、難関大学を目指す方は、現代文、古文、漢文ともに百題ぐらいが演習量の目安でしょう。夏も過ぎました。過去問、模試、塾予備校のテキスト、問題集、と、これから冬まで、ガンガン演習量をこなしていってください。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/08/24 16:10】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の十 | ホーム | 大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。