大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の十三
「接続関係」 〈添加〉

ボクシングで「1(左ストレート)―2(右ストレート)」で攻撃するとしましょう。ボクシングのキホンの「キ」ですね。その時、「ワン(速く浅く)―ツー(速く浅く)」―「ワン(速く浅く)―ツー(速く浅く)」と打って三回目に「ワン(速く浅く)―ツー(強く深く)」なんて攻撃を仕掛けると、最後の「キメ」の右ストレートが決まったりします。

で、何を言いたいかというと、ボクシングがリズムの勝負であるように、文章も最後はリズムの勝負だということです。ちょっと高等テクニックになりますが…。

 

「Aだし、Bだし、Cだし、Dだし…」

はダメだって言いましたね。ところが、ほとんどの受験生が字数稼ぎのためにやってしまいます。「自分の意見を主張すること」が主目的であるはずなのに、「字数をうめること」自体が目的になってしまっている、典型的な優先順位の誤解です。

そこで、文章の中に「強―弱」を入れてリズムをつくっていきましょう。「添加」の表現はそのテクニックの一つです。

「Aだけではなく、その上さらにBまでもが~。」

ホラ、「A―B」と単純接続でつなげると平板になる文章も、添加「さらに」を入れるだけで「A(弱)―B(強)」のリズムができた。上記の「1―2」打ちと似ているでしょ?当然「B(強)」はフィニッシュパンチ、しっかり「キメ」なくてはいけません。

 

A~。さらにB~。 …A()―B(

 

「A」は「B」を強調するための「前フリ」、「B」は強調、自分の意見を明示します。

以前、『古文の基礎』で展開していますが、もう一度「古文」「漢文」も確認しておきましょう。


 

【古文】

 

添加の構文 … A~、Bさへ~ = (Aが~、Bまでも~)

 

※「さへ」は添加で「までも」と訳すこと。「さえ・までも」と覚えましょう。

前の内容「A」に対して、「Aばかりでなく、その上さらにB~」と、「B」の内容を付け加える表現です。何に何を加えているのか、「A」と「B」の内容を確認するのがミソです。

 

【漢文】


累加型 …

不唯A、B = 唯(た)ダニノミナラズ、B~)

不独A、B = 独リノミナラズ、B~)

(Aだけでなく、その上さらにまでもが~)


※限定型「唯A」(唯ダAノミ~)、「独A」(独リAノミ~)に否定詞「不」「非」が付いたら累加型。限定型と累加型とをセットにしておさえましょう。「Aだけ」なら限定型、「A」に「さらにB」を加えると累加型です。

 

以上、「ただAだけでなく、その上さらにBまでもが~」と、現代文(小論文)、古文、漢文ともに「添加」する機能は同じですね。この通底する「機能」そのものをおさえてしまえば、古文の添加の構文、漢文の累加型、ともに理解は早いのです。

「A=B」、前後は同類項ですが、「B」の方が強い、「加える表現」でありながら「強調する表現」であることは、現代文を読解する上でも知っていてソンはありません。

 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/09/03 14:51】 | 現代文・小論文の基礎 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『現代文・小論文の基礎』 其の十四 | ホーム | しり上がり通信 其の五>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。