大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の七
<神さまを担ぐ! 2>

住吉さまの八角神輿を担がせていただくことになったのはよいのですが、わたくし、きいたふうな理屈を言っているわりに、お神輿を担いだことが…ないっ!!ドシロートなわけです。いやはや、オハズカシ。

これはいかぬよ、と、とりあえず亀戸九丁目、ところの浅間神社のお神輿を消防団の先輩にお願いして担がせていただいたのでした。で、香取神社、亀戸天神と、お神輿を担ごうとひとたび心に決めたなら、隅田川沿いはほんとうにパラダイスです。神々が息づいている土地なのです。

で、あちらこちらの神様をへっぴり腰で担いできたわけでした。すると、ところの浅間(せんげん)神社の亀盛睦会(きせいむつみかい)の世話人さんがお誘いくださり、お仲間に加えていただくことになったのでした。

つくづく人様とのご縁はありがたいものだなと思いました。

ムムム…待てよ、と。人様とつながっていく、って言っても、「人の力」でつながったわけじゃない、すべてこれらは「神さまの力」によるものではないか、ムム~、これって、まさしく神のもつ本質的な機能ではありませんか。

中国においては、天と地を媒介する神=竜。天の帝(天帝)の声を地の百姓(ヒャクセイ=庶民)に媒介するのが「天子」である皇帝の役割でした。だから中国では天子さまの紋章は竜なのです。天子が天の声を聞き誤ると、革命(易姓革命)がおこって、天子が変わってきたのでした。

なんて、中央大学で中沢新一先生の講義を受けてきた方などはよく知ってらっしゃるところだと思います。この方たちは「媒介者としての住吉神社」という講義も受けていらっしゃるはずです。講義録として『カイエ・ソバージュ』全5巻(講談社)があります。

先生のご指摘どおり、まさしく住吉の神さまが媒介してくださった、みなさまとのご縁なのでした。「媒介者としての神」を、身をもって証明していたというわけです。ちなみに、佃島の住吉さまのかたわらに、ほっこり、竜神さまをおまつりしてあるのは、人類の記憶の深層とよぶべきものなのでしょうか? 

                                                  (つくづくつづく)

佃島住吉神社大祭大幟


 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/09/12 18:14】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の八 | ホーム | しり上がり通信 其の六>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。