大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の一
〈地球温暖化〉

受験生、最後の最後は演習量の勝負、現代文・小論文に関して言えば、どれだけ多様な問題点(テーマ)について考え抜いたかが勝負になります。

「でも、読書しているヒマがありません」

当然、聞こえてくる声です。だから、現代文の演習量をガンガンかせいでネタを増やしていくのです。現代文の読解だって「プチ読書」ですから。

「この問題点、前に読んだこと(書いたこと)ある!」

と本番でいえるようだといいですね。

で、あくまでその「補助」として、現代文や小論文によく取り上げられるテーマについて、日々の新聞や雑誌、ブログからホットなものを寄せ集めていきましょう。受験生のみなさんが、勉強の合い間にサクッとつまめるよう、口当たりよく編集していきます。まずは、ホットすぎます、「地球温暖化」について…。本日の『日本経済新聞』より抜粋!

 

千葉商科大学教授 三橋規宏先生

   「人口減の『追い風』生かせ」

 

日本の目標明示されず

 今年二月発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第四次評価報告は、温暖化の原因が「人的行為の結果」とほぼ断定し、現状を放置すれば、温暖化による気候変動は近い将来、制御不可能な段階に達すると警告している。早急に二酸化炭素(CO2)を中心とする温暖化ガスの排出削減対策の実行が求められる。

 ドイツのハイリゲンダムで開かれた先の主要国首脳会議(サミット)で、当時の安倍晋三首相は、二〇五〇年までに「世界の温暖化ガスの排出量を半減しよう」と各国首脳に呼びかけた。安倍提案は、来年夏の北海道・洞爺湖サミットで検討されることになった。

 だが、安倍提案には、日本の(二〇・・・筆者補注)五〇年の目標値が明示されていない。世界全体の目標値を掲げながら、肝心の日本の目標値を明らかにしないことは、責任逃れとして受け取られかねない。しかも基準年は「現状」というあいまいな表現で、世界の常識になっている一九九〇年基準を避けているのもこそくな印象を与えかねない。さらに(二〇)五〇年の日本の姿についても触れられていない。

 (二〇)五〇年の日本は、人口が大幅に減少した社会で、現在とはかなり違った姿になる。その周辺年の経済成長率も今よりずっと低くなっているはずだ。そうした急激な日本社会の構造変化を考慮すれば、現在と比べ、温暖化ガスの排出量は大幅に減少すると予想される。

 具体的には、(二〇)五〇年までに、(一九)九〇年比で約七〇%削減(CO2濃度を安定させ、温度上昇を二度以内に抑えるために必要とされる削減率)が可能であり、これを日本の目標値として掲げるべきである。(以下、割愛させていただきました)

       『日本経済新聞』2007・9・26、(水) 「経済教室」欄より

 

三橋先生のご意見の面白いところは、「人口減と経済成長率の減速」という、日本の将来について、深刻な社会問題とされているものを逆手にとって、温暖化問題に役立てようという前向きな点です。

ものごとにはだいたい「良い面、悪い面」の両側面があるものです。えてしてマスコミ、政治家は、大衆うけする一面にだけスポットをあてて騒ぎ立てる傾向があります。

「毒をもって毒を制す」

マイナスと考えられている要素も、観点を変えると有効だという、とてもバランスの取れたご意見。その「観点のシフト」の仕方は受験生も参考にしたいところですね。

ちなみに、このてのテーマが小論文で出されると、受験生は必ずといってよいほど「国民ひとりひとりが自覚を持って地球温暖化問題に取り組まねばならない」と、「言語明瞭意味不明」な結論を最後にとってつけたように書いてきます。上記の三橋先生の意見と比べるのは酷かもしれませんが、「国民ひとりひとり」系の意見って、結局何も言っていないに等しいということがわかりますね。

チラッ、となりの答案見れば、ホラ、お隣さんも書いている…ってやつです。

 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/09/26 19:27】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試 基礎講座 『受験生の心がまえ』 其の六 | ホーム | しり上がり通信 其の十>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。