大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の三
〈いじめ〉

「いじめはいけない!」

と、学校の先生が言うのでしょうね。わたくし、黒板を背負っていた時代によく生徒を前にして、

「いじめって正しいよね」

なんてアオリを入れたものですが、もう、猛反発の総スカン、

「先生って、ヒドイ…」

なんて、まるでヒトデナシを見るような視線が突き刺さってきました。

「いじめはいけない」という無反省な大前提が、すでに集団による暴力をはらんでいるのであるよ、と、わたくしなどには思えるのですが…。

先日、レッドソックスに入った松坂が着ぐるみを着せられていました。そういえば、ヤンキースに入ったばっかりの松井も変なカッコさせられていましたっけ。他人のロッカーの荷物を勝手に隠して、コスプレ衣裳だけつるしておくのって、いじめでは…。

まあ、わたくしも共同体研究の一環として、この夏、あちらこちらのお神輿を担がせていただきました。大リーグしかり、日本の下町しかり、異なる共同体の門をくぐろうとすれば、儀礼としてのいじめがあるようです。

「オマエはウチの共同体倫理にしたがうか?」

「へえ、したがいますからお仲間に入れてくだせエ」

のようなことを、「からかい」や「排除」によって確認しているのだろうと思います。

そこでつまらぬ自我を出してムキになったりすると、

「オレ様はオマエらの倫理になんかしたがわねえゼ!」

ということを意味してしまう、で、徹底的に排除されることになります。

「いじめ」は本来、「個人よりも共同体の優位」を確認するために、コミュニケーションの一手段としてあったのではないでしょうか。その一手段でしかなかったものが、「コミュニケーション」という本来の機能を忘れて一人歩きして肥大化したのが今日、問題になっている「いじめ」の本質であるように思われます。

猫や犬を見てみればわかると思いますが、噛みついたり、ケリを入れたりしてコミュニケーションをとろうとします。が、死ぬまではやらない。

わたくし、消防団に入って水出してみたり、睦(むつみ)に入ってお神輿担いだりしているのも、実は、「共同体って何だろう?」という素朴な疑問のためなのでした。

「いじめはいけない!」

というのは、正しくないだろうと、わたくしは思うのです。正しくは、

「死ぬまでいじめてはいけないし、死ぬまでいじめられてはいけない」

だと思うのです。「程度の問題」を「オールオアナッシングの極論」で片付けてしまうのはたやすいですが、「いじめ」がもっていたはずの本来の「コミュニケーション機能」まで捨て去るのはいかがなものでしょうか。「程度=良い加減」がわからなくなっている、ということで言えば、実は「いじめ問題」も「いじめ批判」もパラレルなのではないでしょうか。

問題の本質は、「コミュニケーションとしてのいじめ」を学ぶ場も機会も消失してしまっていることにあると思いますが、いかが?

で、「いじめ問題」に真っ向からとりく…まない。まさしく「良い加減」なブログを紹介させていただきます。


プロの方なので、面白いのはあたりまえなのですが、いじめに苦しんでいる人に向けて、やさしく真摯な態度で語ってくださっています。

ちなみに、もし、わたくしが死ぬほどのいじめにあったら、答えは「あの世ではない、この世のどこかにトンズラ」です。「この世のどこか」が「マンガ」だっていいですよね。

 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/10/05 21:04】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<現代文・小論文のネタ 其の四 | ホーム | 現代文・小論文のネタ 其の二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。