大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の五
〈地球温暖化〉

二〇〇〇年アメリカ大統領選挙、共和党ジョージ・ブッシュと民主党アル・ゴアは大接戦を演じ、「不透明な真実」のままブッシュが当選しました。で、その後のドラマが始まります。

映画『華氏911』と『不都合な真実』と、両者はスクリーンでも主役を演じることになります。アメリカという国は政治であれ、文化であれ、「光と影」のコントラストが非常に明確なように思われるのですが、その点でも好対照をなす二人であったわけです。

 

温暖化対策、平和に直結


ゴア氏らにノーベル賞

地球温暖化(気候変動)は世界が緊急に対処すべき問題だと科学的データに基づき主張し続けてきた国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」と、アル・ゴア前副大統領がノーベル平和賞に選ばれたことは決して意外ではない。

 地球温暖化が世界平和を脅かすことは国際社会では共通認識となっている。温暖化に伴う異常気象や海面上昇は食糧危機を増幅し、国土を奪うことで大量の「環境難民」を生み出す恐れがあるからだ。

 二〇〇八年からはいよいよ、京都議定書に基づいて日本など先進国が公約した温暖化ガスの排出削減目標を達成しなければならない「約束期間」に入る。

 今年四月には、国連安全保障理事会が温暖化問題を初めて討議テーマにとり上げ、当時の英外相は「気候安全保障」という言葉を使い、安全保障の観点から各国の行動を促した。先月には国連の潘基文(パンギムン)事務総長の呼びかけで、温暖化問題を首脳レベルで話し合う会合も開かれたばかりだ。この時期の平和賞決定は強いメッセージ性を持つ。

 IPCCは科学者と行政官が同じテーブルについて共通認識を探る先例のない組織として発足。これまで発表した報告書は温暖化をめぐる国際交渉の前提となる科学データを提供し京都議定書を生む土台ともなった。

 一九九七年、京都議定書の採択に向けた交渉が暗礁に乗り上げた時、当時米副大統領だったゴア氏が京都の会議に乗り込み合意に導いた。大統領選に敗れた後は温暖化問題の講演で世界を行脚(あんぎゃ)した。巨大なスクリーンとクレーンを使い、視覚的な効果を高めた講演は彼の話術も相まって共感を集め、米国の世論を動かしたとされる。

 「科学的に見れば誇張がある」と指摘する科学者がいるのも確かだ。しかし温暖化対策は多くの人々の生活スタイルに変更を求めることでもある。科学者が束になっても届かないほど広く「地球環境への危機感」を浸透させた役割は大きい。

 ハイブリッド車などの例をあげ、「環境改善が経済面の利益につながる時代」と説いたのも受け入れられやすかった。

 十二月にインドネシア・バリ島で「ポスト京都議定書」づくりの交渉がスタートする。京都議定書は米国の不参加などで温暖化を抑える実効性を欠く。「京都」が期限切れを迎える(二〇)一三年以降の国際枠組みは人類の存続をかけたものになると言っても大げさではないかもしれない。

 温暖化ガス削減は義務的か自主的か、削減を担う国・地域はどこかなど、各国の意見は依然として隔たりは大きい。だが温暖化が今すぐに対処すべき共通の課題であるという点で、米国のほか、中国やインドなどの途上国を含め世界のベクトルは一致してきている。

 今回の受賞は「ポスト京都」の合意に向け、国際社会に結束を促すものだ。

                   (編集委員 滝順一 氏)  … 一部ルビ等、筆者補う。 

   『日本経済新聞』 2007・10.13(土) 「総合」

 

科学は仮説をたてて、「実験」で証明することにより「正しさ」を確保します。ところが、地球に関しては「実験」が許されないところが、科学の弱いところです。一部の科学者が言う「地球温暖化と二酸化炭素の増加との因果関係は証明されたわけではない」という意見もありましょうが、仮に「証明」されたところで…、その時にはもう手遅れになっているわけです。

その点、トヨタ自動車のように、環境対策を中心にすえて飛躍的に業績を伸ばした企業があるというのは一筋の光明のように思えます。

二酸化炭素の削減は経済に悪影響を及ぼすとして京都議定書に加わらなかった米国と、まさしく京都から世界に問題を提起した日本。自動車産業において、前者の凋落(ちょうらく)ぶりと後者の躍進を見るにつけ、やっぱりアメリカ人はマイケル・ムーアの言うとおり、「アホでマヌケ」なのではないか…と、もちろんアメリカという国、わたくしは大好きですし、愛してもいます。決して蔑(さげす)もうなどとしているわけではありません。ただあまりに巨大な国家であるため、優れた人物もたくさんいる一方で、アホの数も多いのであろうと想像されるわけです。そのアホの一人が大統領になってしまったのがアメリカの悲劇だったと思うわけです。

人さまの国はどうでもよい、で、日本はどうなんでしょう?権力が声高に環境対策を叫ぶでもなく、コツコツ地道に「もの作り」をして、「人は語らず、モノをして語らしむ」なんてところが、いかにも日本の職人文化らしくて、「粋(いき)」じゃござんせんか?

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/10/16 15:58】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(5)
<<現代文・小論文のネタ 其の六 | ホーム | 現代文・小論文のネタ 其の四>>
コメント
助けてください!!!
こんにちは。すいませんっっ質問でもイイですか??私は中学校3年の受験生です。。。
8日後に推薦入試があるんですが、小論文対策をどうすれば良いのか分かりません↓↓
私の受ける高校は進学校で、理数科を受けます。「科学的内容のデータをみて、推量されることを論文する」って言うんですけど、どう対策したら良いと思いますか???お願いします!!!
【2008/02/03 09:30】 URL | 美咲 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/02/03 09:42】 | # [ 編集 ]
わたくしは高校入試のお手伝いをしたことがないので、あくまで参考程度にお読みください。

1、過去問が手に入るなら、過去問を取り寄せて時間を切って書いてみる。書店、ネットで理系の小論文のマニュアル本を購入して解いてみてください。
2、「科学的データにもとづく推量」ということは、データが複数与えられて、そこから読み取れるものをまとめて、意見論述するのだろうと考えられます。おそらく、勝負は、論述というより、データの読み取りであろうと思われます。
3、このテの課題で気をつけなければならないのは、「Aは○だし、Bは△だし、Cは×だし・・・」と、個々のデータから読み取れるものをダラダラ羅列(られつ)して箇条書きにしてしまうことです。それら、「ABC」から読み取れるものを抽出(ちゅうしゅつ)して、その上で何がいえるのか、自分でまとめる、といったことが求められると思います。ただし、設問の指示しだいです。「個々のデータからいえることを述べなさい」だったら、箇条書き的な展開になるでしょう。
4、設問で何を求めているのか、まずは落ち着いて設問の指示をしっかり読みましょう。

と、拙ブログの『小論文のツボ』を参考にしてみてはいかがでしょうか。高校入試だろうが、大学入試だろうが、「自分の意見を論じきる」という一点では、みな同じです。
あわてないで、設問の指示をしっかり読む、しっかりデータを読む、自分の意見が決まったら、それをしっかり論じきる、でよいと思います。
二酸化炭素と地球温暖化の問題など、出るとラッキーですね。



【2008/02/03 10:06】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
お返事ありがとぅございます!!!
とにかく落ち着いて頑張りたいと思います!!!
だけど、過去問を見つけることがなかなか出来ません↓↓この推薦入試ゎ今年が初めで、、、
推薦Aっていうヤツなんです。。。
しかも、面接と理科の実験レポートを書くのと、小論文だけで合否が決まるので、小論文が重視されると考えられます。
今、地球温暖化の資料を集めて小論文を書いて見ました!!だけど、あとゎどのような事について書けばいいか分かりません。。。
ご迷惑をかけてすいません↓↓
【2008/02/03 11:14】 URL | 美咲 #- [ 編集 ]
よろしかったら上記メールフォームよりご投稿ください。
【2008/02/03 11:59】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。