大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の九
〈コミュニケーション〉
寺子屋の昔から「読み・書き」というのは重視されてきました、それは現代にも通ずる、どころか、現代にこそ重視される能力なのかもしれません。
 
学習の基本は「手で書く」
 米バンダービルド大学のスティーブ・グレアム教授が今月発表する研究によると、小学校教師の大半が、手書きがスムーズな生徒は文章を書く課題について量も質も優れていると考えており、実際に成績も良い。
 米大学入試委員会は05年から、SAT(大学進学適正試験)に手書きのエッセーを追加した。手書きや作文を重視しなくなったことは、高校やそれ以降の学習全体にマイナスの影響を与えかねないことを懸念しているのだ。(レーナ・ケリー)
『ニューズウィーク 日本版』 11・21
 
ケータイなどのメールで、チャットみたいなコミュニケーションに慣れてしまうと、少し長めの文章で体系づけて自分の意見を述べるということが、ひどく困難になってしまうようです。そのため、「とにかく字数を埋める」ということが自己目的化し、「自分の意見を他者に正確に伝える」という、論述の本来の目的がおろそかになってしまいがちです。その結果、文章はどうなるか?
 
・一文が長くなる、特にも連体修飾が長くなる。その結果、主語と述語が対応しなくなる。
・思いついたことを「とりあえず」書く。いきづまったらまた「それから考えて」書く。その結果、箇条書き的な展開になり、全体として何を言いたいのかわからなくなる。
・とにかく字数を埋めたいので、「Aだし、Bだし、Cだし」と羅列していく。その結果、冗長な展開となり、説得力に欠けた文章になる。
 
といった傾向がみられますね。
例えば、自分の手でラジオを組み立てられる人は、それを分解するのも容易でしょう。同様に、現代文の演習をするなら、自分で意見文を書いたほうがよっぽど早いよ、ということで「現代文/小論文」を並行して演習する講座を始めたのでした。
ただし、「自分の手で」というのがミソなのです。こうして「機械」で文章を書いていると、まるで自分が書いているような錯覚におちいりますが、実は、半分は「機械」が書いてくれていることを肝に銘じておかなくてはなりません。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/11/16 16:07】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<現代文・小論文のネタ 其の十 | ホーム | 現代文・小論文のネタ 其の八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。