大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の十
〈いじめ〉
以前、「いじめの問題」を「程度の問題」として述べましたが、そうも言っていられない深刻な状況があるようです。
 
広がるネットいじめ
匿名中傷 悪質化
 ネットによるいじめは匿名だけに、学校は効果的な対応策を見いだせない。
 福島県内の公立中学校の生徒指導の教師は、「メールやネット掲示板は陰口を言う手段の一つになっている。やめさせたくてもだれに指導していいのかわからない」と打ち明ける。
 こうした現状から、「学校裏サイト」を監視して、学校に通報したり、サイトの管理者に削除を依頼したりするIT業者も現れた。今月7日から有料のサービスとして始めたが、すでに教育委員会や私立高などから10件ほどの問い合わせが来ているという。
 群馬大の下田博次教授(情報メディア論)は、「携帯電話を持つ子供の数を考えると、5000件(文科省の調査によるネットによるいじめの件数)は氷山の一角。子供は遊び半分で悪口を書き込んでいる。書かれる側のダメージを理解させる教育を、教師や保護者が早急に行う必要がある」と指摘している。
『読売新聞』 11・16(金) 「解説」
 
なんたる無為無策。受験生に「結論で困ったら、最後は『教育』の問題にもっていけ」などと指導していたものですが…。「教育」でいじめの問題が解決されるなら、とっくに解決しているはずなんですが…。
と、批判ばかりしていてもしょうがないので、今回は「いじめる側」の心の中をのぞいて見ます。
自分の気にくわないヤツをいじめるのでしょうが、そこにはたらいているのは、「アイツは許せない!」といった不寛容だろうと思うのです。そこで問わなければならないのは、許せないのは本当に「アイツ」なのか?という問題です。
古来、日本では、ワラ人形などの「形代(カタシロ)」をかついで村の中をまわり、人々の災いや病気といった穢(けが)れを人形に移す、という習俗が行われてきました。最後に燃やして川に流すことで、共同体の穢れを取り除くのです。現在でも、「祭り」の形で行われている地方があります。有名な青森の「ねぶた」もその流れをくむものと考えられます。
いじめの問題の背後に流れているのは、実は、太古から行われてきた「排除の論理」です。自分(達)に不都合なもの(=穢れ)を他者に移して排除することで我が身を守ろうとする自己防衛反応なのではないでしょうか。
例えば、「自分はバカなのではるまいか?」というコンプレックスを持っている人は、「アイツ、バカじゃねーの」と、他者に「バカ」という不都合な性質を負わせることで、「バカではない自分」を獲得できる。何のことはない、現代文、小論文でよく用いられる単純な二項対立の論理がはたらいているのです。
問題はその後です。排除された側は孤独を味わうことでしょう。では、排除した側は?
「○○が許せない!」「××が許せない!」といった不寛容を延々とくりかえしていくと、最後には許せない自分だけが取り残されてしまいます。実は、許せない対象は自分自身だったのだと、どこかで気がつけばよいのでしょうが…。
ひところ「騒音おばさん」なる人が話題になりました。「隣の○○が許せない!」「世の中が許せない!」で、人を恨み、世の中を恨み、「自分だけは間違っていない」と…、他者排除の最後に待っているのは孤独な風景なのでした。
「うちの子だけは人よりいい大学に…」
「うちの生徒だけはよその高校より進学実績を…」
その一方で、
「いじめはいけません!」って、
大人たちが、いま、子供にしていることは、「他者を排除しろ!でも、他者を排除するなよ!」というダブルスタンダードの押し付けなのかもしれません。それなのに、「教育」で問題解決をはかろうとすること自体がばかげているように思えてならないのです。
 
参考文献
・『異人論序説』 赤坂 憲雄
・『排除の構造』 今村 仁司
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/11/22 06:24】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<現代文・小論文のネタ 其の十一 | ホーム | 現代文・小論文のネタ 其の九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。