大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
現代文・小論文のネタ 其の十二
〈地球温暖化〉
わたくし、食べ物を残す、ということがひどくキライです。食べ物は死んでも残さない。なぜなら、わたくしが農家の生まれだからです。また、それ以上に、日常、平気で残せるほど食べ物が手に入るのはなぜか、それはどこかで飢えに苦しんでいる人がいるからに他なりません。
だから、宴会の席上、もうお開きになろうかというころになって、最後まで残って鳥のカラ揚げ喰っているヤツがいる。
「タニムラさんて、よっぽどトリカラすきなのね~」
って、ちがうっつーの!
 
京都大学教授  中西寛 先生
 
   世界多極化見据え
     脱工業社会のモデル示せ
【論旨】
 米国の政治・軍事的パワーに陰りが見え、世界の多極構造が進むとともに、先進国の脱工業文明の流れが一段と本格化する。日本は人口、領土、経済規模などで劣るものの、国際的に鍵になる役割をはたす「中軸国家」を目指し、環境をテコに新しいモデルを世界に提示すべきだ。
【本文】
(前略)このように考えれば、ポスト京都議定書の議論が本格化する今年、日本がアジアの地でG8サミット(主要国首脳会議)を主催することの意義は明らかである。二十一世紀の世界において日本はこれまでのような経済大国ではあり得ないし、その事実を受けとめねばならない。その上で、米中印ロや大陸ヨーロッパといった人口、領土、経済規模などで主要なパワーに対して、日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)や英国、オーストラリアなどとともに中級だが国際的に鍵となる役割を果たす中軸国家(pivotal state)を目指すべきである。しかしそのためには少なくとも二つの条件が必要であろう。
 一つは、日本自身が脱工業文明のモデルとなるような生活様式を作り出すことである。その点では産業分野におけるよりも、人々の生活スタイルの変化がより大きな課題となる。
 もう一つの、そしてより困難な課題は、日本人が世界的、大局的視野をもち、政治や外交に人材や資源に関して他国よりも多少大きな比率で投資をすることである。「ねじれ国会」の経験からこの方向へとコンセンサスがつくられれば、日本の未来が開けてこよう。
『日本経済新聞』 2008・1・9(水) 「経済教室」
 
去年はお神輿かつぎにあちらこちらの共同体にお邪魔したものですが、ひととおりかつぎ終わると「なおらい」というものがあります。「打ち上げ」ですね。下町は「長尻(ながっちり)」を嫌いますから、すぐ座を立ちます。と、容器が用意してあって、出されたご馳走は「お持ち帰り」と、スムーズに食べ物が片づいていきます。とてもエレガントな知恵だと思いますね。
中西先生のおっしゃる「脱工業文明のモデルとなるような生活様式」って、実はわたくしたちの身近な共同体をよくよく観察してみれば、あちらこちらに埋もれているように思います。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/01/09 19:17】 | 現代文・小論文のネタ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<優秀論文の紹介 其の一 | ホーム | しり上がり通信 其の十三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。