大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『現代文のツボ』 其の一
「早稲田大学のひっかけパターン①」 〈時間配分〉

 いよいよ直前、現代文の最後のツメとして、難解だけれど良問ぞろい、早稲田大学の現代文について述べていきます。

ショボ系の現代文は、選択肢の○と×とがはっきりしています。それに対して早稲田大学の現代文は総じて×の選択肢の作り方が丁寧ですね。特にもひっかけの選択肢が「いかにも」というものを作ってきます。だからついつい時間を取られてしまいます。今回は、そのひっかけパターンをたどっていきます。

まず、最初に確認しておきたいのは「国語で満点をめざさない」ということです。センター試験ならともかく、早稲田の国語で満点などありえません。おそらく、作題しているご本人でさえ、規定の時間内で満点を取ることは不可能でしょう。それなのに、まるで満点を取るような解き方をしている人がいます。「一つ、じっくり…二つ、じっくり…」、こんな解き方をしていたらいくら時間があっても足りません。結果、タイムアウト、古文をまるまる落とした、なんてことになります。英語でみて、読解問題というのは、読まないことには始まりません。残り時間あと3分、日本史や世界史ならまだ稼げる点数があるかもしれません。でも国語はほとんど稼ぐ点はありません。漢字の問題、「に」の識別といった文法問題ぐらいでしょうか。古文でみて現代文でみて、しっかり点数にしようと思ったら最低でも15分、できれば20分はほしいところです。具体的戦略としては、もちろんケースバイケースですが、「古文は時間かけずに点数稼ぐ、現代文にしっかり時間をそそぐ」というのがベストです。

立教大学の問題などは、最初の解説、最後の注が詳しくついています。ところが、早稲田大学の問題は現代文も古文もほとんど解説、注なし、だから読まないことには全く文脈がわかりません。とにかく読解、設問をクリアしていけば本文の文脈が見えてくる、といった作りになっていることが多いですね。まずは本文をしっかり読解する。ただし、本文が難解だからといって、本文にかじりついてはいけません。本文が難解なときほど設問の選択肢が楽チンだったりするからです(この傾向は上智大学に顕著です)。

早稲田大学の国語受験のツボは「部分にこだわるな、常に全体を見渡せ」です。

 

部分→全体


   本文がわからない。

     ↓

   設問へ。設問がわからない。

     ↓

   先の問へ。

     ↓

   最終問へ。

 

早稲田大学の国語の問題はけっこうイモヅル式になっていますから、「問五を解くと問三が見える」「最終問を解くと文脈が一気に見える」といったことがよくあります。早稲田大学は時に、奇跡の合格!といった現象がおこりますが、おそらくその人はこのイモヅルを引っ張り出した人ではないでしょうか。特にも、最終問題が本文全体の要約問題で、×をつける問題だったら、しかもその×肢がハッキリしていたら、残りの選択肢は全て本文の解説をしていることになります。本文読んでもわからない、設問解いてもわからない、最終問解いたら一気に見えた、などということも起こりえます。このようなケースで問一、二あたりでイジイジつっかかっていたらもうアウトでしょ?「部分にしがみつかない、常に全体へ」はさらに教科を越えていきます。

現代文(古文)で点差が開かない。→古文(現代文)で点差をひろげる。国語で点差が開かない。→他教科で点差をひろげる。

もう一度確認しておきましょう。国語で満点などいらない、他の受験生と一点でも多く点差をひろげればいいのです。その結果が合格ということなのです。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/07 15:25】 | 現代文のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
<<大学入試直前講座 『現代文のツボ』 其の二 | ホーム | 『大学受験生 体調管理のツボ』 其の二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
早稲田大学
早稲田大学概観第二次世界大戦前には「慶應義塾大学|三田の理財、早稲田の政治、中央大学|駿河台の法学、東洋大学|白山の哲学」と称され、伝統的に政治学が有名。  早稲田大学 関連いろいろブログ紹介 インカレ
【2007/02/28 11:58】 | ヒヨリの記録
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。