大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十九
「文学史6」   〈和歌集のテストをしてみよう〉
『八代集』まわり、特にも『古今和歌集』まわりはよく出ますから、直前に力だめしをしてみたい方はやってみましょう。早稲田大学を受ける方、ぜひやってみてください。
 
〈和歌集に関する文学史テスト〉
八代集に関する以下の問いに答えよ。(完全解答)
 a 千載和歌集   b 新古今和歌集   c 拾遺和歌集   d 詞花和歌集
 e 後撰和歌集   f 後拾遺和歌集   g 古今和歌集   h 金葉和歌集
 
  イ 山部赤人   ロ 藤原公任   ハ 大伴黒主   ニ 紀友則 
  ホ 文屋康秀   ヘ 柿本人麻呂  ト 小野小町   チ 大伴家持  
  リ 喜撰法師   ヌ 壬生忠岑   ル 凡河内躬恒  ヲ 藤原定家 
  ワ 藤原俊成   カ 山上憶良   ヨ 僧正遍昭   タ 紀貫之
  レ 在原業平
 
問一、 八代集a~hを、成立順に並べかえて記せ。
(   →   →   →   →   →   →   →   )
問二、清少納言の父、清原元輔が撰者となった和歌集をa~hから選べ。       (    )
問三、『古今和歌集』の撰者を四人、イ~レからすべて選べ。 (             )
問四、六歌仙と呼ばれる歌人をイ~レからすべて選べ。    (             )
問五、「延喜の帝」と呼ばれる『古今和歌集』撰集の勅を発した帝の名を漢字で記せ。
                                       (        )天皇
問六、『和漢朗詠集』を撰んだ人物をイ~レから撰べ。       (   )
 
問七、後白河院が編集した『梁塵秘抄』に主にとりあげられている七五調四句構成の歌謡をなんというか、漢字で記せ。                       (         )
問八、家集に『山家集』がある、『新古今和歌集』を代表する歌人の名を漢字で記せ。
                         (         )
   ↓
   ↓
   ↓
【解答】
問一、( g → e → c → f → h → d → a → b )
問二、( e )
問三、( ニ・ヌ・ル・タ … 順不同 )
問四、( ハ・ホ・ト・リ・ヨ・レ … 順不同 )
問五、(  醍 醐 )天皇
問六、( ロ )
問七、( 今 様 〈歌〉 )
問八、( 西 行 )
 
全て完全解答。問を三つ以上落とした人は、前回の記事をもう一度復習してみてください。ホント、出ますよ!
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/02/12 18:31】 | 古文のツボ | トラックバック(0) | コメント(1)
<<大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二十 | ホーム | 大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の十八>>
コメント
ありがとうございます。
もし、受験生の方でしたら、
『ツボ シリーズ』
お役に立つとよいです。
【2008/02/13 08:03】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。