大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二十一
「物語話型」 〈歌徳譚(かどくたん)〉
『古文のツボ』で和歌についてさんざんノーガキを書きましたので、和歌にまつわる譚(=おはなし)のパターンをまとめておきましょう。国立大学の二次試験など、典型的な「歌徳譚」出してくれますから、試験直前の方、ぜひ一度目を通してみてください。読解の時間は、知らない人の半分、しかも高配点の要約系の問題ゲット!おいしすぎます。
 
「歌徳譚(かどくたん)」とは、「和歌の徳によって幸せになる譚(はなし)」
 
歌徳譚 其の一
事件 … 疑いをかけられる。
    ・失敗して叱られる。
  ↓
 「歌つかうまつれ(自敬表現)。さらばゆるさむ」
  ↓
和歌 … 当意即妙に詠む。
       当意即妙=すぐに詠む。
             その場の状況、与えられた題を巧みに詠みこむ。→掛詞になることが多い。
※だから「やがて」「すなはち」「間もなく」(すぐに)ときて、→「和歌」のパターンが多いですね。
(ろく=ほうび)
着ている衣などを脱いで与える。
※「かづく(四段・下二段)」「たまふ」「たまはる」といった動詞がよく用いられます。
 
 
「和歌の徳」は、男女の恋物語でもよく展開します。
 
歌徳譚 其の二
 
男女が愛し合って暮らす。
 ↓
男がよそに新しい女をつくる。
 ↓
和歌…昔の女が当意即妙和歌を詠む
 ↓
男は和歌に感動してもとの女のところに帰ってくる(幸せ)
 
 
「歌徳譚」の話型は、
・連歌 …上の句/下の句を別の人が詠みあう。
・贈答歌 …和歌を詠みかけられたら返歌をかえす。
・題詠 …与えられた題を詠む。
のいずれのパターンでも同じです。
ポイントはすぐに詠むこと。「えーと、えーと」はマヌケなのです。
掛詞が問われたら、連歌の場合は先に詠みかけた「上の句(下の句)」を、贈答歌の場合は先に詠みかけた和歌を、題詠の場合は、まっ先に「題」を疑ってみてください。あるいは、文脈で頻出する語、事件の核心となっている物事をほじくってみてください。けっこう注釈にヒントがあったりしますので、注もよく読んでくださいね。
 
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/02/21 18:48】 | 古文のツボ | トラックバック(4) | コメント(0)
<<優秀論文の紹介 其の三 | ホーム | 大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二十>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
古文 単語のツボ 其の六
〈 きっちり単語 〉 多義語だけれど、きっちりきちんと輪郭をおさえておかないとヒッカケられる単語をやってみましょう。 心もとなし=...
【2008/10/09 20:01】 | 添削担当者のブログ
古文 単語のツボ 其の九
〈 ズバリッ!文脈が見える単語 2 〉 ひとつの単語から、「イモヅル式」にズルズルと文脈が見えてしまう、「出家」が典型的ですが、男女...
【2008/10/29 15:08】 | 添削担当者のブログ
センター国語徹底研究!! 其の三
〈 総論2 〉 がび~ん! ブログの調子がわるいですのう。 ヘッドがなんか、スースーするんですが…。 ヅラのせるわけにもいかんしなあ。...
【2009/07/25 18:56】 | 添削担当者のブログ
センター国語徹底研究!! 其の八
〈 センター国語の時間配分 〉 受験生諸君! お友達をさそって集合!! さて、いよいよ各論に入るまでに、 時間配分と演習する順番を...
【2009/07/30 22:34】 | 添削担当者のブログ
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。