大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大学入試直前講座 『現代文のツボ』 其の二
「早稲田大学のひっかけパターン②」 〈因果関係〉

満点をめざすな!と前回のべました。とはいえ、1点でも多く点数を稼ぎたいのが人情というもの、それは重々わかっているのですが、あれもこれも手に入らないのが現実です。ホラ、「千円札のつかみ取り」のようなものをイメージすればよいのではないでしょうか。ワシッとたくさんの金を手に入れようとすると手が抜けない、結局何も手に入らなかったりして。そこそこの金をつかんだ人はすんなり手が抜けて確実に金をゲットできます。

大学受験生、特にも国語の受験生は、満点をめざすのではなく、ボーダーラインをめざすべきです。赤本などにだいたい目安が書いてあります。ボーダー65%なら、35%は捨ててもよいことになります。さらにいうなら、35%を捨てないと合格点はとれないという言い方もできます。それでも時間が余った、だったら70%、さらに75%をめざせばよいのです。優先順位第一位は「ボーダー突破」です。そのためにはどうしても問題を捨てていく感覚が必要です。

 

「肉を切らせて骨を切る」

 

お侍の果し合いみたいですが、捨てるべきは捨て、取るべきは取る、その「やり・とり」の感覚が大切です。まずいのは、捨てるべきを捨てられず、取るべきところで取れないこと、おおしくじりですね。そのためにも過去問をしっかりやっておく必要があるのです。自分の「やり・とり」のリズムを作って本番にのぞんでください。

で、早稲田大学の現代文について述べていきましょう。ポイントは現代文五者択一の選択肢問題を二者択一まで絞り込むことです(まれに、六者択二もありますが)。二者択一まで絞り込むと、それまでボンヤリしていた選択肢の違いがクッキリ浮かび上がってきます。正確にいうなら「差異」がはっきりします。五者択一の段階では、「逃げたか、逃げなかったか」という問題点でしか選択肢を洗えなかったのに、二者択一まで絞り込んでくると、「五十歩逃げたか、百歩逃げたか」という問題点が浮かび上がってきます。「二」という数字は比較対照が楽チンになる(優勝決定戦一回ですむでしょ?)、それが「三」だと比較がはるかに難しくなります(相撲なら総当たり戦になって、なかなか優勝が決まらない)。とにかく、二者択一まで絞り込む、それでもわからない?…だったら、適当に選んで「先へ!」でしたね。時間があったら後でツメればよいのです。「先へ」「全体へ」を常に優先させましょう。

で、二者択一まできた、そこから正解までツメるために、「ひっかけパターン」を見ていきましょう。

 

「因果関係(原因と結果の関係)」に注意!

 


 原因理由

  ↓

 「~ので」「~から」「~よって」「~ために」「だから」「したがって」

  ↓

 結果



 結果

  ↓

 「なぜなら」「その背景には」

  ↓

 原因理由

 

のような「因果関係」にはくれぐれも注意しましょう。

 

・設問の指示が傍線部の「いいかえ」を求めているのに、選択肢が傍線部の「原因理由」を説明している、あるいはその逆、設問の指示が傍線部の「原因理由」を求めているのに、選択肢が単純な「いいかえ」をしている。

 

特に本文をそのまま抜き出されると受験生はパクッと食いついてしまいます。早稲田大学を受験する人は、くれぐれも設問の指示をしっかり絞り込んでください。

 

・正誤問題、説明問題などの選択肢において、デタラメな「因果関係」に置く。本文では「Aである。Bである」と述べているだけなのに、選択肢でかってに「AだからBである」と因果関係にしている。

 

特に「A」「B」が本文そのままだったりすると、受験生はまんまとひっかかります。

 

以上、本文・設問・選択肢に「因果関係」があったらくれぐれも注意が必要です。自分なりに「因果マーク」を作っておいて、いちいちチェックしておくのもテですね。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2007/02/08 18:37】 | 現代文のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<大学入試直前講座 『現代文のツボ』 其の三 | ホーム | 大学入試直前講座 『現代文のツボ』 其の一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。