大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の十八
『セクシー考』 … 添削担当者「薬師寺展」に行く  

雨もよい、仕事の合い間に上野の国立博物館、「国宝 薬師寺展」に行ってまいりました。
慈愛にあふれた日光菩薩さま、月光菩薩さまのご尊顔は、
「よく来てくれましたね」
と言っているようでした。
日本国民なら必見ですな。


国宝 薬師寺展



展示に工夫がこらされていて、あらゆる角度から日光菩薩さま、月光菩薩さまを拝顔、
ただでも目にすることのない秘仏、それを手の届きそうな距離から眺められるのです。
しかも、薬師寺の僧さえ見ることのない後ろ姿をまじまじと見させていただいたのです。
そのバックショット、一言でいえば、
「セクシー」
失礼かな、とは思うのですが。
そのセクシーさはどこからくるのだろう、と考えながら展示室を歩き回りました。
それは「対称性」であり、「均衡性」であり、
それがまさしくプロポーションに具現化されていたのです。
「日光」も「月光」も、貴賎貧富の別なく、遍(あまね)く衆生(しゅじょう)を照らす、
その「偏(かたよ)りのなさ」が究極の「バランス」として表現されています。
その「遍く衆生を照らす」ことを、仏道では「慈愛」と言っているのではないでしょうか。

「セクシー」だからといって、「慈愛」があるとはかぎりませんが、
「慈愛」の究極は「セクシー」のカタチとなって現れる。
「うなじ」から「背中」から「ヒップ」まで、
その曲線美はもう一生涯、拝見することはあるまいと思うと、足がすくんで動けませんでした。

仏教は信じるものではない、愛するものだ、といった中沢新一先生の言が思いおこされます。
チベット問題しかり、
世界が混沌を極めている今日、人々の心の癒しになれば、と、菩薩さまを東京におくりだしてくださった薬師寺高僧の先生方のご英断には、ただただ頭を垂れずにはいられませんね。
とりあえず、わたくしは十分癒されて帰ってまいりました。

追記
陽気のよい日は入場制限がかかってしまうそうなので、今日みたいな雨の中、しっぽり鑑賞して、帰りに蕎麦でもたぐってお帰りになってはいかがでしょう。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/04/24 19:34】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<優秀論文の紹介 其の五 | ホーム | しり上がり通信 其の十七>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。