大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の十九
添削担当者 佃島の住吉さまを担がせていただく!

佃島 住吉神社大祭 若衆単衣


昨日、佃島住吉神社社務所にて、住吉さまの大祭の「若衆」のゆかた、お祭りのユニフォームですね、いただいてまいりました。とりあえず、仕立てに出さないといけません。仕立てのゆかたでかつぐんですね。
住吉神社は和歌の神、国語教育の末端にいるものとして、住吉さまを担がせていただける幸せをかみしめております。

「はじめにことばがあった。ことばは神と共にあった。ことばは神であった」(『新約聖書』ヨハネによる福音書)

なぜに「ことば=神」なのか?わたくしは、当然、聖書の解釈学などドシロウトです。でも、その聖書の一節は正確に「神」の本質を射ぬいています。
「ことば」の派生によって、われわれは時間を超えられるようになりました。「昨日のご飯」も「明日のご飯」も指し示せるようになったわけです。それに対して、「ことば」をもたないものは、「今現在ご飯くれ」ワンワンとはいえるのですが、昨日も明日も指示することはできません。
「ことば」は時間も空間もとびこえてゆく、超三次元的なものです。その「モノ」を「神」と直観したのです。

住吉神社は和歌の神、「歌枕」としてたくさんの和歌に詠まれてきました。『古今集』をえらんだ紀貫之だって『土佐日記』で書いています(イヤミ言ってますが…)。
「ことば」をギュギュッと凝縮した「和歌」も、というか、「和歌」だからこそ時間を超えて詠み継がれてきました。であればこそ、「住吉神社=和歌の神」と祭られてきたのは当然の帰結。
時間と空間を超えて、もしかしたら紀貫之といっしょにお神輿を担ぐことになるかもしれません。
なんて考えると、今から緊張したりするわけです。
佃島の宮本さんがわたくしのような「よそ者」をお仲間に入れてくださる、心からご紹介くださった方々に感謝せずにはおられません。

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/05/12 18:02】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の二十 | ホーム | 優秀論文の紹介 其の五>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。