大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の二十六
〈 フットプリンツからミャンマー・中国災害復興支援!! 2 〉
わたくし、現代文だろうが古文だろうが漢文だろうが、おかまいなしに大学受験の現場で指導させていただきました。
その中でも、実は、いちばん漢文が好きです。
なぜかというと、予習がいちばんラクだからです。(笑
こんなこともありましったっけ。
本人は日本国籍なのですが、お父さんが中国出身、という生徒さんに漢文を教えていたことがあります。まったく、おこがましいとは思うのですが。
で、上智の漢文を予習していた時のこと。四者択一の選択肢で、句法がわかっていれば答えは簡単に出てくる問題でしたが、わたくしは講師ですので、×の選択肢もすべて消しておかなくてはいけません。でないと、「何でこれ×なんですか?」と質問された時、「アウッ」となるからです。
「以」で言い換えている選択肢なのですが、どうしても×の根拠づけができませんでした。国語の漢文のレベルではムリッ!
そこでその生徒さんに、家に帰ったら、この言い換えは可能かどうか、お父さんに聞いてくれないか、とお願いしました。翌日、その生徒さんに、
「お父さんは文化大革命の頃に教育受けたから、古典はわからないって…」
と言われました。
そうか、自分らが読んでいる漢文は「中国の古文」だったのか、と、いまさらながら気づかされたのでした。
イデオロギーをのりこえて、わたくしたちは同じ「文章」を読解している、そのような親近感が中国を応援したいような気にさせるのかもしれません。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/05/29 18:30】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<しり上がり通信 其の二十七 | ホーム | しり上がり通信 其の二十五>>
コメント
またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
【2008/05/30 05:23】 URL | サトシ #- [ 編集 ]
サトシ 様
いつも応援していただき
ありがとうございます。
また、お立ち寄りくださいませ。
【2008/05/30 08:23】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
普段使っている文字なんて気にしていませんでしたが、よく考えたら同じ文字を共有している国民なんですね・・・

中学頑張れ!!

応援ぽちっと☆
【2008/05/31 00:55】 URL | 英語くん #- [ 編集 ]
いつも応援 ありがとうございます。
「中学」は「中国」ですね。
添削グセがついているもので、
スミマセン(*^。^*)
とりあえずオリンピック、
頑張ってほしいですね。
【2008/05/31 14:58】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
お恥ずかしい・・・

どうせなら記事を添削して下さい(笑

応援ぽちっと!!
【2008/06/01 00:27】 URL | 英語くん #- [ 編集 ]
いかにも、
気がきかなくてすみませんでした。
こちらからも応援にあがります。
【2008/06/01 10:47】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。