大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の三十七
〈 ことばづかい 〉
ここのところ、「2-ウェイ メソッド 現代文/小論文」の講座を紹介させていただこうと、近場の高校まわりをしております。
現場の先生方に直接お話しをさせていただいているのですが、ネクタイ締めて自転車で行くものですから、汗がブワッとふきだしまして、オマケに慣れない営業、冷や汗も加わりまして、ちょうど相殺されるかというと、二乗されますね。(*。*)
ハンカチじゃラチがあかないので、手ぬぐいでフキフキ、そのせいでもないのでしょうが、どうも、わたくしの言葉づかいがおかしい。
「どうぞ、今後ともお見知りおきください」
って、何を自分は言っているんだと、
自分で自分を添削したりして。
墨田区、江東区、って職人文化の町ですし、自分もその中で「添削職人」として、お仲間に入れていただいているわけで、気がつけば、言葉づかいまで影響されていたんですね。
ププッと、笑ってしまうわけでした。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/06/17 19:12】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<添削担当者からのアドバイス 其の五 | ホーム | しり上がり通信 其の三十六>>
コメント
脱線みたいなくだらないブログが13位とか10位とかで,谷村先生のブログみたく,本当に色んな人に真の意味で有益なブログが67位なのは,世の中本当に不条理です。

いつか大広告キャンペーンをやります。約束します。まとまった時間が取れたときにやります!
乞うご期待!
【2008/06/18 09:55】 URL | 田中 十督(脱線グリッシュ) #- [ 編集 ]
田中 十督 先生
「脱線グリッシュ」がくだらないとは、わたくし全く思えません。「情報」というより、「情熱」がヒシヒシと伝わってくるブログ、すばらしいと思います。
わたくしのブログ、さっそくご紹介いただき、ありがとうございます。田中先生のご厚意にこたえるべく、さらに精進していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
【2008/06/19 16:08】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
はじめまして!
田中十督先生の『脱線グリッシュ』から訪問いたしました。はじめまして!最新のブログから読みはじめ、ぐいぐいと引き込まれてここまできました。人の文章を拝読していて、私もこういう文章が書けたら・・・と思うことがあります。先生の文章にも感じまして。ブログの中にも出てきました日経新聞の春秋を楽しみにしつつ、目を通しています。こちらのブログ、「お気に入り」に入れさせていただきました。
ところで、先生と女子生徒さんとのやりとりには心あたたまりました。指導の立場にあるものにとって、冥利につきるのは、学ぶ者に指導者の存在が不要になったとき・・・うなずきながら読んでおりました。また、この女子生徒さんが先生の視点を「読んで」いるというくだりにも目をとめてしまいました。「書く」練習を経て、女子生徒さんは相手の思考を「読む」まで力をつけられたのですね。今流行りのコミュニケーション力ってこういういことではないかなと思いました。
また、お邪魔します。
【2008/06/22 12:05】 URL | delon73 #cDvBsRdY [ 編集 ]
delon73 さん
はじめまして。
いや、田中先生はさすがにお顔が広い!
また「ご縁」をいただきました。
拙ブログを「お気に入り」に…ありがとうございます。ご期待にそえますよう、気合を入れて書きつらねてまいります。よろしくお願いいたします。
【2008/06/22 13:42】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。