大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
添削担当者からのアドバイス 其の十三
〈 あそび 〉
間もなく楽しい夏休みです。
隅田川沿いでは、花火大会、お祭り、と、楽しさめじろ押し!

で、大学受験生はどうするか?
「受験生なんだから、遊んでいるヒマはない!」
と、それはもっともなのですが、長年、受験生によりそって思うのは、

「あそび上手は、勉強上手」

ということです。

1.遊んでばかりいる人。
2.遊ばないで、勉強している人。
3.遊んで、勉強している人。


1.は、そもそも大学受験生とはいえません。

2.それで、勉強に集中しているなら、それにこしたことはありません。
問題は、「遊びにいきたいけれど、受験生なんだから、勉強しなくちゃ!」、と、いやいや、仕方なく勉強していないか、ということです。そのような勉強は、いくらやっても身につきませんから、集中できないようだったら、思いきって遊ぶ勇気も必要です。

3.遊ぶときは遊びに集中!勉強するときは勉強に集中!
これが「遊び上手の勉強上手」です。メリハリをつけて受験勉強をやる、その方が、長い時間でみると、トータル、集中して勉強している時間が長かったりします。
反対、「遊び下手の勉強下手」というのもあります。遊んでいる時に「勉強しなくちゃ」、勉強している時に「遊びたいなあ」、と、結局どっちつかずのアブ・ハチ取らず。これはツライだけですからやめた方がよいです。
そのためにも、「遊ぶべきときは、思いっきり遊びに集中する」というのが大切です。そうすれば、勉強にも思いっきり集中できるはずです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


東大理科二類合格(予定)レベルの第六回答案(小論文)です!!
東大理科二類 第六回小論文添削答案                    joe


一部、誤字はご愛きょう。
注目してほしいのは、この生徒さん、「主観/客観」を論じるのに、「科学史」を具体例にして例証している点です。「円」の種類を言われても、添削担当者もタジタジしたりして。
でも、それでよいのです。自分の得意なフィールド(土俵)に話題を引っ張り込んで、詳細に分析、論じきる、というテクニックは、とても大切です。特にも国立後期受験者は、身につけておきたいワザです。
生徒さんが得意分野をしっかり持っているなら、そのフィールドで論じきるように指導いたします。

「受講生によりそう添削」

それぞれの生徒さんの「持ちネタ」にあわせて添削できるのは、フットプリンツがマニュアルどおりのアルバイト添削ではないからできることなのです。これが、フットプリンツの「プロの添削」なのです。
danpei                                 
現代文/小論文の相互補完的実力養成
「2-way method 現代文/小論文」








応援 ありがとうございます。
フットプリンツは受講生のみなさんによりそいながら、「しり上がり」の坂道を駆けております!
応援、よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま23位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/05 16:54】 | 添削担当者からのアドバイス | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の四十六 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の十二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。