大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
添削担当者からのアドバイス 其の十四
〈 質・量・時間 〉
大学受験は、一年間、時間限定のタイムレースです。その点で、マラソンに似ていますね。七夕もすぎた、ということは、「折り返し地点」を、ボチボチ通過するということです。
「まだ夏だし…」なんて考えているノンビリ屋さんはいませんか?あと半年ですよ。
浪人生は一年の時間の流れが見えていますが、現役生はそれが見えていません。
「中学受験のときは、秋からやって間に合ったから…」
なんて考えている人もよくいますが、「中学受験」と「大学受験」は範囲がちがいますよ!
過去の栄光などにしがみついてはいけません。

1.四~七月…質(じっくり、しっかり演習)
2.七~九月…量(とにかく量を演習)
3.九~十二月…時間(模試の受験、時間を切った演習)

と、コレが「しり上がり」の波に乗っていく、「イケてる受験生」の時間の流れです。

1で基礎しっかり、2で基礎の定着、3で取るべきは取り、捨てるべきは捨てる、限られた時間の中で最大限得点、第一志望のボーダーラインをめざします。で、年明けは、体調も含めて最後の調整をしていきます。

「波」に乗っていけるか、どうか、その分かれ目は、ドンピシャ!「夏」なのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


東大理科二類合格(予定)レベルの第七回答案(現代文)です!!
東大理科二類 第七回現代文添削答案                    joe


すばらしい答案ですね。
「しり上がり フラクタル構造 カリキュラム」半ばですが、ほぼ、早稲田大学合格レベルでしょう。あとは模試を受けて、時間を調整すれば、いっちょ上がり、です。
着目してほしいのは、最初の要約をそのまま最後の要約系の問題、つまり高配点の問題にいかしている点です。勝負は、最初の要約の時点で決まっている、みごとなお手本です。
問われてから、「うーん」と考える、問われてから、もう一度本文をたどりなおす、では遅いのです。そこで時間をとられると、古文を解く時間、すなわち点数が削られていきます。それが「実戦」!

「要約力は得点力!!」

フットプリンツの現代文の解答用紙は、そのまま解答の過程を導いていきます。だから、思考の過程そのものを添削できるのです。「解答の添削」ではない、これが、フットプリンツの「思考の添削」なのです。
danpei                                 
現代文/小論文の相互補完的実力養成
「2-way method 現代文/小論文」








応援 ありがとうございます。
受講生の悩みは、フットプリンツの悩み。
受講生の喜びは、フットプリンツの喜び。
フットプリンツは受講生のみなさんとともに「しり上がり」の坂道を駆け抜けていきます!
さらなる応援、よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま26位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/08 23:08】 | 添削担当者からのアドバイス | トラックバック(0) | コメント(4)
<<しり上がり通信 其の四十八 | ホーム | しり上がり通信 其の四十七>>
コメント
いやぁ、その通りですね。夏はあと50日しかないですね。毎日10時間ずつ基本を潰せば500時間できますね。それを投資できるかどうかで命運が決まると思います。
僕たちも老体にむち打ちつつ頑張っているので、若者にも頑張って欲しいと願っています。若者が、馬鹿者で終わらない様に祈って毎日学校にいます。

十督
【2008/07/09 23:37】 URL | 田中十督 #- [ 編集 ]
田中 先生
なはは(笑
そのとおりですね。でも、手放しで「馬鹿者」になれるのも、「若者」の特権かもしれません。「青春の馬鹿者」、まぶしすぎます。
【2008/07/10 09:34】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
流れが見えているかいないか、この違いは大きいですね。教える側の義務として、学ぶ者にこの流れを提示するのは義務だと思われますか。
【2008/07/10 22:00】 URL | delon73 #T5oo.vGI [ 編集 ]
delon73 さん
口で言ってもわからないと思いますね。
その点で、英語でも、国語でも、「ことば」は何も伝えない、という「謙虚さ」はもっていてもよいと思います。
だから、体育会系の生徒さんの方が伝わったりするから、面白いな、と、思います。
「勉強」とは、生徒さんだろうが、先生だろうが、「失敗」の言い換えであると、年を重ねて自戒しております。
【2008/07/11 01:54】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。