大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の五十一
〈 あついハナシ 〉
あづいですね。
トーホグ生まれのわたくしには、殺人的なまでの暑さです。
では、クーラーをかければよいではないか、と、クーラーがまたダメなんですね。

暑いついでに、おアツい話。
現在、東大理二、理三を受験なさる生徒さんを指導しておりますが、ツラツラ思い出すのです。
「理系のためのセンター国語」
わたくしの敬愛する友人、現在、「数学専門塾STAff」をやっておられる佐藤学先生、通称「がくちゃん」が、わたくしがまだ現場にいたころにもってきたハナシ。
「わかった、八時間で、現古漢、センター国語で八割 取らせりゃいいのね」
とわたくし。
「谷ヤン(わたくしの通称)、ちがうよ、九割だよ」
「しぇ~!!」
と、そんなハナシ、聞いたことがない!
でも、やったのです。「二時間×四回」で、毎回ノビノビ、テキスト、むりむりに突っ込んで作りましたから、あたりまえです。でも、いつか最終回はおとずれる、次週に延ばそうにも、もう、センター直前ですから、延ばしようがない、つまり、その日に終わるしかない!
「モノ」が降臨しましたね。
わたくしはただ、口を動かしているだけ、「ナニモノ」かがわたくしに憑依(ひょうい)して語っている。われ、われにして、われにあらず。恐山のイタコみたいな状態です。
終わらん!土曜の十時もまわり、十一時、
「せんせい、終電 なくなりました!」
「がび~ん」(わたくし)
遠くから集まってくれた生徒さん、一人、二人と終電がなくなっていきます。
「ウチに泊まれば」「俺んち来いよ」
と、近場に住む生徒さんが言ってくれます。
教室の戸口では、事務長が青い顔して「いいかげんにしてくださいよ~」なんて言っています。
ところが、わたくしも生徒さんもトランス状態、もう、知ったこっちゃないわけです。
教室の外でも、内でも、わんわん、わいわい、
「終わった~!!」
十一時四十分!質問に答えて時計を見ると、十二時まわっていましたっけ。
生涯で、あれだけアツい授業やることは、もうないでしょう。
その後、事務長にきびしく叱られましたっけが、今となっては楽しい思い出です。
学ちゃん、ホントにむちゃ言うな~、でも、楽しい思い出、ありがとね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


早慶併願合格(予定)レベルの第一回答案(現代文)です!!
早慶併願 第一回現代文添削答案                    joe


さあ、「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」のスタートです。
コンパクトで的を射たアプローチ、
早稲田の現代文を解いていくうえで、大切な力です。
帰国子女の生徒さんで、英語は得意、
で、現代文がコレだったら、
早慶上智、いわゆる「グランドスラム」いけますね。
すばらしい答案です。

「早稲田の現代文は着眼点勝負!」

「着眼点」とは、いいかえれば、「メガネ」のようなもの。しっかり根拠づけしながら解答、添削、を繰り返していくうちに、ひとつひとつ、身についていきます。

danpei                                 
現代文/小論文の相互補完的実力養成
「2-way method 現代文/小論文」







フットプリンツからの「お知らせ」
みなさまからのあついご支援、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、受講してくださる生徒さんが徐々に増えてまいりました。
それにともないまして、フットプリンツ開講のサービス期間を終了し、8月より添削費用を値上げさせていただこうと考えております。
それ以前にお申込みいただいた生徒さんにつきましては、契約時の料金体系のまま、受講を継続していただきます。詳細につきましては、あらためて皆様にメールでお知らせいたします。


みなさま 応援ありがとうございます。
「読んで書く」、フットプリンツは、アツい受講生のみなさんとともに
夏を「しり上がっ」ていきます!
いっそうのご支援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま23位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/14 20:09】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<しり上がり通信 其の五十二 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の十五>>
コメント
先生の文章はどんなに熱い思い出のお話でも隙間一ミリは客観視したというか、つきはなした感がありますね。私はこういう風に書けたらなと日頃思っています、毎回日経の春秋にうなってます。プロの方の書かれたものにうなるなんて恐れ多いですが、あのような文章が書けるまでにはどんな過程があるのでしょう・・・って幼稚な質問ですみません。あのような文章をかける方は日常時の思考もやはり理路整然としているような・・・どうでしょう。
【2008/07/15 07:36】 URL | delon73 #hNKAU9IE [ 編集 ]
delon73 さん

『日本経済新聞』よいですね。
政治、経済ネタだけではなく、文化欄も充実していますし、コラムもよいですよね。
わたくしはちがいますが、プロの方は、商売ですから、それなりの修行をしていると思います。センテンスは短く、わかりやすく、簡潔明瞭。受験の論述と共通するのは、「連体修飾を長くしない」ということだと思います。
【2008/07/15 10:33】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
生徒への熱い指導,忘れたらいけないですね。今年の夏から秋口,追い込みにかけて,イッチョ私めもぶちかまそうか,と今日の「しり上がり通信」にメラメラ感を覚えて燃えました。モチベを有り難うございました。

最近,谷村先生のブログが「アリナミンV」化しています。毎日充実です。

数学の先生のブログも行かせていただきました。本当に日々勉強になる内容を有り難うございます。
【2008/07/15 18:27】 URL | 田中 十督(脱線グリッシュ) #- [ 編集 ]
田中 先生

いつもありがとうございます。
ぜひ、いっちょ、ブチかましてください。
スポーツでもなんでもそうですが、限界状況にぶちあたっていくと、自分の限界が、ちょこっと広がりますよね。
わたくしともども「学ちゃん」もよろしくお願いいたします。くるおしいまでに、アツい男です。
【2008/07/15 20:32】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。