大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の五十四
〈 本気! 〉
ちなみに、「まじ」と読みます。

昨日、慶応大学SFC、AO入試で受験なさる生徒さんと、お茶の水でお茶しておりました。
一週間後の試験に備えて、戦略を…
なんてものではなく、読んだ本の内容を聞きながら、ただ、「お茶」してきました。
なぜなら、わたくしが口をさしはさむ余地が、もうないからです。
「おまえはすでに、乗り越えられている!」
ということなのです。
それが、ほんとうにうれしい。

つらつらふり返ってみると、われわれ、と、あえて言わせてもらいますが、ほんとうにラクチンな道は通ってこなかったよな、と思うのです。
昨年は、かなりキビシクしかったこともありましたっけ。
ムクレて口をきかなかったこともありましたっけ。

でも、その生徒さん、今となっては、もう、「済んだ感じ」がするのです。
試験は一週間後なのですが、合否など、どうでもよい、「何を研究したいのか」が見えている、試験なんか知ったこっちゃない、という感じです。

わたくしがご指導いただいた伴流ボクシングジムの団元気先生がよく言っていました。
「勝負は、リングに上がった時にもうついてるよ」
勝負はリングの上にあるものではない、リングに上がるまでの過程にあるのだ、ということなのでしょう。

試験だから、合否はわかりません。でも、きっとそこから何か得るものが、お互いにあるだろうという確信があります。なぜなら、「本気」でぶつかりあってきたからです。
あらためて、「本気」で指導してよかったな、と思うのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


東大理二合格(予定)レベルの第七回答案(小論文)です!!
東大理科二類 第七回小論文添削答案                    joe


イタタ!!
やってしまいました。「二項対立」というのは、読みやすいし、論じやすい。それが「三項」になると、とたんにワケがわからなくなります。早稲田の現代文が大好きな「三項」、
でも、果敢に挑戦しましたね。
失敗!!
でも、それでよいのです。「むこうキズ」は大歓迎、なぜなら、そこから得られるものがたくさんあるからです。
「クサイものにはフタ」で、誰もが失敗から目をそらしがちですが、勝負ごと、というのは失敗に目をふさいだ者からまっ先に脱落していきます。
その点で、ほんとうに「よい失敗」をしています。でも、大丈夫。わたくし、かなり「本気」でこの生徒さんを「合格」させる覚悟でおりますからね。

「勉強」とは「失敗」の言い換えである!

実際に自分の手で書いてみると、よくわかりますね。目に見えるカタチで「欠点」を洗い出していく、ハズカシイ、イタイ、カッチョワルイ、でも、その「欠点」を修正する以外に合格にいたる道はないのです。己の「失敗」に目をひらく、そこに必要なのは、ほんのちょっとの勇気だけです。
「欠点を洗い出して、最短距離をめざす」、だから、フットプリンツは徹底的に記述にこだわり続けていきます。
danpei                                 
現代文/小論文の相互補完的実力養成
「2-way method 現代文/小論文」






フットプリンツからの「お知らせ」
みなさまからのあついご支援、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、受講してくださる生徒さんが徐々に増えてまいりました。
それにともないまして、フットプリンツ開講のサービス期間を終了し、8月より添削費用を値上げさせていただこうと考えております。
それ以前にお申込みいただいた生徒さんにつきましては、契約時の料金体系のまま、受講を継続していただきます。詳細につきましては、あらためて皆様にメールでお知らせいたします。


みなさま 応援ありがとうございます。
「読んで書く」、フットプリンツは常に、ド直球で勝負していきます。
「本気」と「本気」がぶつかりあうスパーリング、
わたくしたちは、ともに育ち、育てあい、日々に「しり上がっ」ていきます!!
いっそうのご支援たまわりますよう m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま33位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/21 18:06】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の五十五 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の十八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。