大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の五十五
〈 「作品」としての添削答案 〉
ふ~、今日の添削を終えました。
答案用紙には、生徒さんが何度も書いては、消したアトがある。
生徒さんがアセして作った答案に、添削担当者もアセをカキカキ、赤入れしていく。
と、答案には、生徒さんのアセと、わたくしのアセがしみ込んでいるわけです。その答案を、わたくしは、ただ「答案」とは言いたくない、「作品」と呼びたいのです。生徒さんとわたくしの共作の「作品」。

実は、ここには、他のたくさんの方たちのアセと涙がしみこんでいることを、受講生の方たちにはご理解いただきたいのです。
「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」の全十六題は、長年、現場で受験生に講義してきた問題ばかりです。たくさんの生徒さんたちが質問にきてくれました。
「何でこの答えになるんですか?」「何でこの答えじゃダメなんですか(怒!」
入試直前でテンパってしまった生徒さんなどは、質問しているうちに泣き出すコもいたりして。
だから、受講生の皆さんが、前向きのまっこう勝負で「ひっかけ」にひっかかってくれた時は、手放しでうれしいのです。その時こそ、今まで質問してくれた生徒さんたちのアセと涙を、そこにいかすことができるから。
わたくしの添削、字はヘタッピ(丁寧に書いてはおりますが…)です。ですが、わたくし一人で添削しているわけではないのです。半分以上は、今までに質問してくれた、前向きに問いと格闘してくれた、生徒さんたちが添削してくれています。
プロの講師の添削とアルバイトのマニュアル添削の決定的なちがいがココにあります。現場に立ったことのない人が添削すると、「木を見て、森を見ない」いわゆる「あげあし取り」に終始してしまいます。全体が見えないのです。「見てる?」って、それは答案の全体であって、「受験の全体」ではないんですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


東大理科二類合格(予定)レベルの第八回答案(現代文)です!!
東大理科二類 第八回現代文添削答案                    joe


おつかれさま~。
「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」もようやく半分まできました。
ノビました。明らかにノビノビ、ノビています。
その片鱗は、すでに第一回の答案によく表れていましたけどね。
全体を見わたした上で、設問をツメていく、
「全体から部分」という視点が身につきだしています。
ということは、問五、七という、配点の高い、オイシそうな問題を丸ごとゲット!
異なる問いも同じ問いとして解いていくので、
「時間かけずに、点かせぐ」という態勢がとれます。
最強の得点マシーンになっていきます。
すばらしい答案でしたよ。

「国語の実力=全体を見わたした上で、部分をツメる視点」

B4の答案用紙は、白いリング、
ここまでよく戦ってきました。
「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」は、
いよいよこれから「しり上がり」にハードになっていきます。
最終ゴングを聞くまで、全力でラッシュかけていきますよ!!
気がつけば、こんな高みに立っている。それがフットプリンツの「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」なのです。
danpei                                 
現代文/小論文の相互補完的実力養成
「2-way method 現代文/小論文」






フットプリンツからの「お知らせ」
みなさまからのあついご支援、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで、受講してくださる生徒さんが徐々に増えてまいりました。
それにともないまして、フットプリンツ開講のサービス期間を終了し、8月より添削費用を値上げさせていただこうと考えております。
それ以前にお申込みいただいた生徒さんにつきましては、契約時の料金体系のまま、受講を継続していただきます。詳細につきましては、あらためて皆様にメールでお知らせいたします。


みなさま 応援ありがとうございます。
「読んで書く」、それは、すなわち「防御と攻撃」
フットプリンツは、答案用紙の上で、常に真剣勝負!
「しり上がり」のゴールをめざします!!
さらにいっそうの応援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま35位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/07/23 17:50】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<しり上がり通信 其の五十六 | ホーム | しり上がり通信 其の五十四>>
コメント
「答案」でなくて、「作品」。先生お一人が添削されているのではなく、「今までに質問してくれた、前向きに問いと格闘してくれた、生徒さんたちが添削してくれてい」るという件に心熱くしています。毎年、甲子園で繰り広げらる暑いドラマに大変感動しています。どの面を切り取っても純粋なまっすぐな勝ち取ろうという気持ちが、見る者の心を打つのだと思います。今日のブログからそんな思いを抱きました。
【2008/07/23 22:14】 URL | delon73 #SkhPxYJk [ 編集 ]
delon73 さん

いつも、ありがとうございます。
時間と空間を乗り越えて、生徒さんどうしがつながっていく、
フットプリンツがそのメディアになれたなら幸いです。
【2008/07/24 01:19】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。