大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
添削担当者からのアドバイス 其の二十二
〈 風呂おけの「栓」 3 〉

「風呂おけの栓」という説話について、さらに検証していきましょう。
読解系の科目は、なぜ「しり上がり」なのか、具体的に見ていきます。
フットプリンツの「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」の核心部分です。古文読解で見てみましょう。

【古文読解=時間かけて点落とすパターン】
・・?・・・・・・・?・・・・・・・
・・・・・・・?・・・・・・?・・・
・・・・?・・・・・・?・・・・・・
・・・・・・?・・・・?・・・・・・

単語わからん、文法わからん、敬語わからん、
結果として、
人物関係わからん、文脈わからん、設問わからん。
典型的な「時間をロスして、点数もかせげない」パターンです。点数を落としたほかに時間もロスしますから、現代文にかける時間も減る、現代文も点数落とす、という最悪パターンです。
それでもくじけず、「読解やって単語」「読解やって敬語」。すると、

【潜在的に実力はついているのに点数にならないパターン】
・・?・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・?・・・
・・・・?・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・?・・・・・・・・・・・

まだ文脈が見えないので、点数にできません。偏差値自体は何も変化がないのですが、先の場合より、実力は確実についています。「やっても、やっても成績が伸びないよ~」と、ここが辛抱のしどころです。そうすればいつか、

【わからない所があっても文脈から読みぬいていくパターン】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・?・・・
・・・・?・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラックボックスはまだあるのですが、前後の文脈、あるいは文学史的知識、これまでに読んだ読解の延長、すなわち「話型」などを総動員して読みぬいていきます。
・男がこうきたら、女はこうするだろう。
・尊敬使ってないから、主語「ぺーぺー」のヤツね。
・謙譲使っているから、動作の受け手は貴人なはず。
・『讃岐典侍日記』の堀河天皇だから、こう展開するはず。
で、結果、「見えた!!」
突然、点数になりだします。そこが、下記の「転換点」なのです。ここを越えてしまえば、あとはもうオートマティック、やればやるほど点数になっていきます。
   つくづくつづく

しり上がり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


東大理科二類合格(予定)レベルの第八回答案(小論文)です!!
東大理科二類第八回添削答案(小論文)                    joe


「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」もようやく半分まできました。
書けるようになっています。
すでに「型」は出来上がっていますね。
どんな課題が与えられても「そこそこ」論じきる能力、とても大事です。
そこからは「ネタ」の勝負!
でも、この生徒さん、現代文もノビノビ伸びていますから、
現代文で読解した「ネタ」を使いまわせるようになると、最強ですな。
この時期に「ネタ」勝負までもっていけるというのは、かなり早いです。
たいがい直前にアタフタするんですがね。
わたくし、みなさまに誓って、この生徒さんに東大合格していただきます。
ホント、理系にしておくのが惜しい!

「読解力は論述力を養成し、論述力は読解力を養成する!!」

この生徒さん、
フットプリンツの講座の長所を身をもって証明してくれています。
講座の「至宝」、
「しり上がり フラクタル構造カリキュラム」は、
いよいよこれから「しり上がり」にハードになっていきます。
ここから一気に「しり上がり」の波に乗っていきますよ。

danpei                                 
現代文/小論文の
相互補完的実力養成
   「2-way method 
           現代文/小論文」






みなさま 応援ありがとうございます。
「読んで書く」、シンプルですがハード、
小ジャレたマニュアルなんかいらない、
実践だけが合格への最短ルートを教えてくれます。
フットプリンツは今日も、受講生のみなさんと「しり上がり」のゴールをめざします!!
さらにいっそうの応援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま85位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/08/22 20:53】 | 添削担当者からのアドバイス | トラックバック(0) | コメント(0)
<<添削担当者からのアドバイス 其の二十三 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の二十一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。