大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
添削担当者からのアドバイス 其の二十九
〈 「部分」と「全体」 4 〉
前回、実戦において問題を解いていく「ノリ」「リズム」について書きました。
さらに具体的に見てみましょう。秋から「しり上がり」に伸びていく、実戦の核心となります。フットプリンツの講座立ち上げ当初にも書いておりますが、再説しましょう。

「部分」と「全体」概念図

まず、設問を、おおざっぱに三つのカテゴリー(範疇=はんちゅう)に区分けします。

1.トリ
(時間かけずに点かせぐ)
2.ステ
(時間かけずに点捨てる)
3.ジックリ
(時間かけて点かせぐ)


「1.」は、バレバレ系の問題です。「やったじゃん。出たじゃん。パッと点数かせぐ」
古文の文法識別問題、最重要単語の問題。
漢文の句法、特にも使役、受身、反語、あるいは再読文字の問題。
あらかじめ「出る」ってわかっていて、ハイッ出ました、という問題です。
配点は低いでしょうが、何しろ時間をかせげます。
早稲田大学になると、これらの問題を直接、問いの対象にすることはありません。早稲田の問題は単層(ハードル一つ)というのを嫌います。複層的(ハードルが三つ以上)という設問を好む傾向があります。そのハードルの一つでしかない。とはいえ、それを越さないと正解にはいたりません。


設問 
傍線部の解釈として適当なものを選びなさい。
正解肢 … 単語の意味を知っていれば解ける

という問いはキライ。

設問
傍線部の解釈として適当なものを選びなさい。
正解肢 … 文脈、人物関係、単語の意味がわからないと解けないよ

という出し方をします。

ただし、早稲田でも、「単語の意味がわかっていれば、カンタンに答えがでてくるじゃん!」という出し方をする場合もあります。
早稲田はそもそも古文だろうが、現代文だろうが、注釈をほとんど付けません。で、本文は難解、「どうすりゃいいのよ!」って、実は「設問が注釈になっていました」というパターンです。


本文 … 難解
注釈 … なし
設問 … 傍線長い上に何言っているのサッパリわからん
正解肢 … 文は長い、正解なんかわからん、でも単語の意味で正解が出てくる

というパターンです。
で、本文中のいちばん難解なところ、立教や青山学院なら、注釈付けてくれそうなところを、早稲田は平気で傍線部訳の問題にします。そのかわり、カンタンに正解が出るようにしてくれる、「注釈がわりの問い」というヤツ、これが早稲田の典型的なパターンです。その設問をクリアすることで、本文全体の文脈も見えてくる。
それなのに、「本文わからん!」っていって、注釈もない難解な本文でガツッと立ち止まってしまったら、アウト!早稲田の問題は時間をどんどん奪われる、って言ってきましたね。

「全体を見わたして部分に取り組む」

上記の図をよ~く見て下さい。その「全体」とは、本文全体、で、本文がわからないのであれば、さらに枠組みを広げて、設問も含めて「全体」です。早稲田に合格したいなら、臨機応変に枠組みをシフトし、常に、早く早く、その全体をおさえてしまうことです。
立教と早稲田、同じ「ノリ」で解いてはイカン!といってきましたが、それはあらゆるレベルにおいて言えることなのです。立教はベタベタに注釈付けてくれますよ。で、同じ「ノリ」で注釈をアテにして早稲田の問題にあたる、待っているのは合格どころかドンツボなのです。
早く早く過去問やれ!
口をすっぱくして言っている理由がわかりますね。

ちなみに、わたくしが受験生をどうやって追い込んでいくのか、参考程度にお話しておきましょう。夏があけると、かなりキツイ追い込みをかけていきます。何しろ「しり上が」っていかねば、ですからね。

私「夏あけたよね。過去問買った人、ハイッ!」
生徒さん、だいたい手をあげますが、数名あげない人もいる。
私「で、手をつけた人、ハイッ!」
生徒さん、数名手をあげる、かなりの人が手をあげません。
私「んじゃ、赤本ひととおり終わった人、ハイッ!」
し~ん。
私「試験本番が勝負!って思ってるだろ?
受験はマラソンと同じ、試験当日はゴールにすぎない。
レースは、イマ、ココ、ってことが…
ホラ、こうして手をあげて見れば、わかりましょ?」

と、アオリを入れていきます。
浪人生は、すでに一年の時間の流れがわかっています。でも、現役生はそれがわかっていない。だいたい中学受験や、高校受験の経験をもとに大学受験の時間の流れを考えています。でも、範囲は絶対的に違う。だから、言ってあげないと、なのです。「コトバ」で言ってもわからない、だったら「カラダ」にわからせてあげる。と言っても、体罰は必要ありません。クラスのみんなが「ハ~イ」って手を上げている状況で、自分だけあげていないというのは、受験生ならかなりつらいものがあるはずだから。
「時間」というのは、抽象的で、観念的、なおかつ、現役生はその経験もない、だから、「カラダ」でわからせてあげる、あるいは「視覚化」して、自分がタイムレースを戦っているのだ!という明確なイメージを持たせることが、とても大切だと思うのです。
最後の最後に「泣き」を見るぐらいなら、いま泣いておいたほうが、よっぽどマシですからね。
   つくづくつづく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


横国大合格(予定)レベルの第一回答案(小論文)です!!
横国大第一回小論文答案                    joe


最初の小論文、
まだヨチヨチ歩きですが、
とりあえず、接続をしっかり使いこなせるようにしていきましょう。

「論理(ロジック)を作り出すのは接続関係」

ホラ、
やっぱり「また」って並列を使っていますね。
こうしてみると、受験生がみな使いたくなる、
「表層的論理」であるということがわかります。
でも、受験生なら誰もが通っていく道なのです。
横国大めざして、一歩一歩、
「しり上が」っていきましょう。

danpei                                 
現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method
   現代文/小論文」








みなさま 応援ありがとうございます。
涼しくなるにつれて、
大学受験はヒート アップしていきます。
フットプリンツは、「実践」重視、
一歩一歩、歩みを重ねることで、
「アセリ」を「集中力」に変換していきます。
さらなる応援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま27位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/09/04 00:02】 | 添削担当者からのアドバイス | トラックバック(0) | コメント(0)
<<添削担当者からのアドバイス 其の三十 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の二十八>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。