大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
古文 単語のツボ 其の一
〈 はじめに 〉
最後の仕上げに、古文単語の解説をしていきましょう。

古文単語をおさえるポイントは、単語集だけにたよらないことです。つねに古文読解を中心にして、文脈の中で単語をおさえるようにしてください。具体的な状況、文脈があると単語をおさえやすい、ただし、バラバラの状態でアタマに入っていきますから、それを整理する感覚で単語集をやるのです。同意語、反意語など、グループに分けて整理していく、きちんと整理しておけば、必要なときにサッと取り出せますからね。
「設問になってから考えるようでは、遅い!」
と、何度か書いてきました。
試験会場で「え~と」って、極力言わないように、万全の対策をしていきましょう。

『古文の基礎』『古文のツボ』にわたって、わたくしが書き連ねてきたのは、たんなる解説ではありません。「何が、どうきかれるのか」、出題者の視点にたった実戦的解説です。同様に、「どうきかれるのか」をテーマに古文単語の解説をしていきましょう。試験本番で出たら、小さな声で「バレバレ!」」って言ってくださいね。

古文単語集を何か一冊準備してください。
4~500語レベルのものは使い物にならないので、捨ててください。古文単語習得のポイントは、数少ない最重要単語をいかにしっかりおさえるか、です。
・土屋先生の222
・マドンナ先生の古文単語
2~300語レベルを準備してください。
古文単語集の暗記は電話帳の暗記と同じで、なかなかつかみどころがありません。ツルツルの壁面をよじ登ろうとして、いつまでたってもツルツル、ツルツル…、うわっつらだけなぞったりして。
そこで、最重要単語を徹底的におさえる。どう問われるかまでおさえてしまう、と、ガッチリした凸が壁面上に浮かび上がります。それを手がかり、足がかりにしてワシワシ登っていきましょう。そうすれば、2~300語レベルの古文単語など、アッという間におさえてしまいます。2~300語レベルさえしっかりおさえれば、古文読解をする中で500語レベルの単語は身につけられます。
反対はありませんよ!つまり、4~500語レベルの単語集を中途半端にやっても、絶対出る!ってわかっている2~300語レベルを落としていきます。核になるレベルをまずしっかり作ってやること、これが最短の時間で点数にするポイントです。
話型や文法ともリンクさせながら、全体の中で、部分(単語)をおさえていきましょう。

もう一度確認しておきましょう。くれぐれも単語集だけ勉強して、勉強した気にならないように!
古文読解を中心にすえて、単語集は息抜きとしてやるようにしてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


早稲田政経合格(予定)レベルの第三回小論文の答案です!!
早稲田政経第三回小論文                    joe


こうしてみると、
大学受験生、
「また」という並列に逃げたくなるのがよくわかります。
ということは、
安易に並列しない、
というだけで、
他の受験生と差をつけることができる、ということです。
練習で、しっかり失敗してみる、
その重要性がわかりますね。
なぜなら、本番でやらずにすむからです。

「できる失敗はすべて練習でやっておく!!」

その点で、
ほんとうに「良い失敗」をしていますね。
本気で取り組んで失敗、
それが最後の最後にものをいうはずです。

danpei                                 

現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method
   現代文/小論文」





みなさま、応援 ありがとうございます。
いよいよ、最後のツメに入っていきます。
受講生のみなさんが本気で取り組んで、失敗、
フットプリンツはその失敗をムダにはいたしません。
合格者掲示板の前での笑顔をめざし、
「しり上がり」の坂道を今日も駆け上がります。
いっそうのご支援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま49位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/09/23 19:42】 | 古文 単語のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<古文 単語のツボ 其の二 | ホーム | しり上がり通信 其の六十六>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。