大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
古文 単語のツボ 其の九
〈 ズバリッ!文脈が見える単語 2 〉
ひとつの単語から、「イモヅル式」にズルズルと文脈が見えてしまう、「出家」が典型的ですが、男女の恋物語、いわゆる「妻問ひ(男が女のもとを訪ねる)」なども、パターンがあります。

【男女恋物語話型】
まずは、必見!

大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の二十一

(文脈)男は(よひ=夜になったばかりのころ)もすぎると、お供も少なく、姿(狩衣・指貫)、乗っている牛車(ぎっしゃ)を「やつし」て、「忍び」ながら女のもとに「通ふ」。

・やつす(やつる)
 …他動詞(自動詞)の違いはあるが、目立たない、地味な姿になること。
・かよふ 
 …男が女のもとに出かけて行く。
・しのぶ 
 …人目につかないようにする。
・狩衣(かりぎぬ)/指貫(さしぬき)
 …貴族の外出着。「指貫」はトビの兄さんがはいているズボンみたいなもの。どちらも「よみ」の王様です。

女の家で一晩すごす。

・契(ちぎ)る
 …その、ナニですよ。ナニ。

(あかつき=夜明け間近の、まだ暗い時間帯)に鶏(とり)も鳴き、男は女に別れて帰る。

・後朝(きぬぎぬ)の別れ
 …男女が共寝した翌朝、それぞれの衣を着て別れること。
・後朝の歌
 …男女が別れた後、和歌の贈答をしたりして。

男女が共寝するとき、互いの衣の袖(そで)と袖を重ね合わせて敷く。だから、男女が別れる、あるいはどちらかが死別すると、かつて重ね合わせていた袖は、片側だけになってしまいます。

・衣片敷く(ころもかたしく)
 …恋人(男・女)を失って、一人残された男・女が寂しく一人寝をすること。
・片袖(かたそで)を敷く
 … 〃

と、和歌で詠まれて、問われます。「かつていた恋人が、今はもういない。寂しく一人寝をしているんだナ」と、文脈がズバッと見えてしまうんですね。和歌ってことは…そう、高配点の問題にからみますよ!

以上、これらの単語から、人物関係、文脈が見えてきましょ?
しかも、「イモヅル」!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


受講生必見!!
早慶併願 帰国子女生第八回現代文の答案です!!

早慶併願第八回答案(現代文)                    joe


いい!
もう、仕上げの段階ですね。
設問相互のリンクが見えてきています。
「できて、当然!」
というレベルではない。
「できて、当然!しかも時間かけない!」
というレベル。
最強なんですね。
最短、最速なおかつ確実、
と、ゲームを支配しています。

「設問を相互にリンク=時間と点数かせぐ!」

山登りと同じ。
低いところでは、自分がどこにいるのか、何をやっているのか見えない、
でも、ある「高み」に達すると、
一気に視界がひろがって、「全体」を見渡せるようになってくる、
ってのが、わかりましたな。

とはいえ、まだ「8題」しかやっていないのです。
「2-ウェイ メッソッド」の演習量は、
普通の演習の3倍(当社比)といってきたの、
ウソじゃなかったでしょ?
ノーミソでかいた汗は、
決して注いだ努力を裏切りません!!

danpei                                 

   現代文/小論文の
      相互補完的実力養成
   「2-way method
      現代文/小論文」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、現在監修中!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援 ほんとうにありがとうございます。
みなさん、それぞれに「しり上が」ってきました。
添削担当者がせっつかれるようになってきましたよ(汗!
フットプリンツも受講生のみなさんとともに、
「しり上がり」の坂道を駆け上がります。
さらなる ご鞭撻 m(_ _)m ピシッ!と よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま69位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/10/29 15:08】 | 古文 単語のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
<<古文 単語のツボ 其の十 | ホーム | しり上がり通信 其の七十>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
古文 単語のツボ 其の十六
〈 お約束の単語 〉 「男女の恋物語」「男女の別れ」、といった文脈、よく出てきますね。 その文脈で問われるのが、「世」「世の中」で...
【2008/12/30 09:30】 | 添削担当者のブログ
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。