大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
古文 単語のツボ 其の十
〈 掛け単語 〉
和歌で、掛詞になると必ず問われる単語があります。
とりあえず、「和歌の修辞」をしっかりおさえましょう。

「和歌ってわかんない」っていう受験生必見!!

大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の四
大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の五


では、和歌の掛詞でよく用いられる単語をみていきましょうか。

【男女の別れの文脈で】
「枯る/離(か)る」
「枯れ/離(か)れ」

 …草木が枯れるように、あなたは私から離れていくのね、バカバカ

【例1】
通ひ来(こ)し宿の道芝かれがれ
   跡(あと)なき霜の結ぼほれつつ〈新古今集〉

(あの人がよく通って来た我が家の道芝も枯れてしまいそうで、
   あの人の来るのも途絶えがち
      あの人の足跡のない道には霜が固く結んでいる。)


「男の訪れが途絶えがち、そこで女が男の訪れを待って、恨みがましい和歌を詠む」
というのが典型的な「歌物語」の文脈。

「女の愛情が冷めて、男が嘆いて詠む」
もありです。

【例2】
(文脈)あまりに夫がブサイク、他の方たちの美しい姿を見て、北の方はフテクサレて、夫をムシ、そこで夫が寂しく詠んだ今様歌(いまよううた)。

ませの内なる白菊も うつろふみるこそあわれなれ
われらがかよひてみし人も かくしつつこそかれにしか〈古今著聞集〉

   (籬垣(ませがき)の中の白菊も 
       色あせて枯れていくのを見るのは悲しいことだ。
    このわたくしが通って結婚したあの方の心も
       このように(菊が枯れるように)しながら、私から離れっていったのだなあ。)


「七五調」四句構成の歌謡は「今様(歌)」です。答えられるように。マジ、でますよ!
ついでに「今様」にまつわる文学史、『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』もおさえましょう。というか、早稲田大学を受験する人、「八代集」は必修事項!

大学入試直前講座 『古文のツボ』 其の八

わが阪神タイガースの「六甲おろし」をはじめ、皆さんの学校の校歌、だいたい「今様」になっていますが…。

で、他にも、
「親子、兄弟、親友の関係において、死別する、出家する、旅立つ、といった別れの文脈で詠む」
もアリ。
いずれ、設問の対象となっている和歌中に「かる」「かれ」があったら真っ先に疑うこと。ほぼ、掛詞になっているでしょう。というか、それを聞きたいがために、課題文にした可能性、大です。
センター試験など、「和歌の口語訳」ではなく、「和歌の解説」を答えさせるものも、結局は掛詞をふまえているかどうかが問われていきますから、和歌中にあったら、とにかく要注意ですよ!
それから、これら「お約束」の掛詞は、漢字で書かせます。

問.傍線部は掛詞となっているが、掛けられているのは「枯れ」と何か、漢字一字で記せ。

正解 「離」

なんて、早稲田大学ならやります。「彼」って書いて、「彼氏が来ない、ってか~」なんて、採点者のウケをとるパターンです。
ちなみに「離れ」って書いた人もバツでしょうね。だって、設問の指示は「漢字一字」って指示しているでしょ?早稲田大学はとにかく設問の指示が細かいので注意が必要です。だから、過去問しっかり、って…もう、いいか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


受講生必見!!
早慶併願 帰国子女生第八回小論文の答案です!!

早慶併願第八回答案(小論文)                    joe


石原千秋先生の『教養としての大学受験国語』を読んだとのこと。
早稲田大学を受験する上で、
なかなかツボをおさえています。
「近代的自我」の問題、
しっかり、論じきっています。
早稲田大学は全学部を通じて、
「近代」がテーマになる傾向あり。
その点で、
早稲田大学の対策万全!
慶応大学の対策万全!
早慶併願対策の完成形がココにあります。

「書けば読める!読めば書ける!」

って、
リクツをいくら並べても、
受験生はピンとこないと思います。
ですが、
実際に、このような完成形を見ると、
「現代文/小論文」って、
セットにして演習したほうが、早くて安くて効率的!
というのがわかりましょう。
演習量、8回でほぼ完成形に達していますね。

danpei                                 

   現代文/小論文の
      相互補完的実力養成
   「2-way method
      現代文/小論文」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、現在監修中!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援 ほんとうにありがとうございます。
みなさん、それぞれに「しり上が」ってきました。
フットプリンツも受講生のみなさんとともに、
「しり上がり」の坂道を駆け上がります。
さらなる ご支援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま69位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/10/30 17:16】 | 古文 単語のツボ | トラックバック(0) | コメント(0)
<<古文 単語のツボ 其の十一 | ホーム | 古文 単語のツボ 其の九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。