大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
添削担当者からのアドバイス 其の四十三
〈 合格確実の答案用紙は必ず美しい! 〉

【『東大合格生のノートは 必ず美しい』 太田あや編 文芸春秋社】
『東大合格生のノートは必ず美しい』
模試の復習をノートにまとめている受験生の方が紹介されていますが、
これはとても参考になると思います。
さすが、ツボをついた学習をしています。
反対、
模試を受けて、偏差値、合格判定だけ見て、引き出しのコヤシにしている人、
模試にかけた時間とお金と労力をムダにしていますよ。
模試はオミクジじゃない、って、これも口をすっぱくして言ってきました。
模試は時間を「見る」ためのもの。
・トリを時間かけずに取っているか?
・ステを時間かけずに捨てているか?
・ジックリ時間をかければ点数かせげる高配点の問題に、しっかり時間注いだか?
と、
自分なりの戦うリズム、メリハリを教えてくれるのが、模試です。残された時間でボーダーライン到達までに何をまずやるべきなのか、優先順位を教えてくれるはずです。それが見えない人は、問題、答案、解答解説、データをもって担当教科の先生のところに相談に行きましょう。

模試=時間を見る!!

設問相互のリンクが見えてくる、問題を総体的にとらえられるようになってくれば、しめたもの。合格はすぐそこにありますよ。あと、もう少し!

「東大合格生のノートは、必ず美しい!」
であるならば、ですよ。
「美しいノート」の向こう側に、「第一志望校合格」があってもよいわけですね。
今までにも紹介させていただきましたが、
フットプリンツの講座で、現在、トップを駆け上がっている、生徒さんの「芸術的」答案をご覧ください。

【東大理科二類合格予定 フットプリンツの答案(現代文)】
東大理科二類 第十一回現代文

【早慶併願ダブル合格予定 フットプリンツの答案(小論文)】
早慶併願第八回答案(小論文)

ホント、額縁に入れて飾っておきたいぐらい、美しい!!
その当然の帰結は、「第一志望校 合格!!」

国語はノートとらなくていい、
といってきたのは、「講義録」としてのハナシ。
この答案には、実は、共通する「仕掛け」があります。

【現代文】
要約→解答
【小論文】
立論→論述

つまり、かならず「全体をおさえてから部分を考える」ように、答案用紙を作ってあります。小手先の方法論なんかどうでもよい、「思考の枠組み」そのものを構成していくように作っているのです。

常に全体を見わたして、部分へ!!!

これが、フットプリンツの講座に通底するテーマ、
一見、なにげない解答用紙に見えますが、見えないところで工夫しています。

【現代文】
根拠づけして→解答
【小論文】
根拠づけして(論証)→意見論述

という枠組みです。「なんとなく解答、論述」はできません。
この答案用紙にしたがって解答、論述していくと、「全体/部分」という思考の枠組みが、自然にアタマのなかに構築されるように作ってあります。
答案用紙にしたがって答案作成←添削
と、そこに客観的視点をいれることで、答案を磨きあげていく。その結果、
「美しい答案」
ができあがっていく、というわけです。
「美しい答案」とは、「すでにあるもの」ではありません。添削担当者との「やりとり やりとり」のなかで「つくりあげていくもの」なんですね。
合格目指して、ラスト!「しり上が」っていきますよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』
『ここからがわからない』
   入試基礎 古文・漢文40題







添削担当者、現在監修中!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさま 応援ありがとうございます。
添削担当者は、
「チーム キムタツ」の先生方がてがけた英単語集『ユメタン』購入、
土曜日の英語教師塾にそなえてせっせと読んでおります。
先生方のアツい思いが伝わってきますね。
みなさま、書店に平積みになっておりますので、
ぜひとも、ご購入くださいませ!

人気blogランキング ただいま62位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/11/05 12:07】 | 添削担当者からのアドバイス | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人生の「おしたし」 其の二 | ホーム | 添削担当者からのアドバイス 其の四十二>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。