大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
優秀論文の紹介 其の六
早慶併願をする、フットプリンツの生徒さんの論文です。帰国子女生の強みを存分にいかしているところが、秀逸。どうぞご覧ください。

今日、英語の学習は世界中で行われ、日本でも早期学習のための設備が十分に整っている状態である。今では多くの人が英語を学習しているが、外国語を学ぶ意味とはどこにあるのだろうか。
 言葉について考える際に二つの見方がある。一つが言語名称観である。これは、まず実在の事物があり、後からその事物の代理として記号が作られると考える。この考えにたつと、外国語の学習は事物の新しい名前を学ぶことに過ぎなくなってしまう。
 それに対して、もう一つ、ソシュールの言語学がある。これは言語名称観とは異なり、事物が先にあるのではなく、記号が事物に先立ち事物を生み出していると考える。人間が何もない世界に「氷」「水」「湯」という記号を与えることで、実際にこういうものが実在するかのように思うようになったのである。これらが実際には存在しないということは、英語でこれらを「water」と一つの単語でまとめていることからもわかる。これは日本語の分節の仕方が正しくて、英語の分節が正しくない、と言えるものではない。また、異なる言語では異なる分節の仕方があり、それぞれの国でそれぞれ特有の現実の見方をしているということだけなのである。この考えにたてば、外国語を学ぶことは、その言語文化圏のものの見方を学べるということになる。もう一つ具体例を出すと、たとえば日本では兄、弟と表すのを「brother」と表すことは、英語圏の人が日本ほど上下関係を意識しないという実態を示唆していることがわかる。ある文化圏からすれば当たり前だと思うことが、異文化には理解できないというのは、それぞれの言語の特徴にあると言える。
 このように、ソシュールの言語観をみてみると、言語と文化は密接につながっていて、言語を学ぶということは、異なる世界観に触れることができるということだとわかる。自分が絶対化していたものの見方を異なる観点から見てみたり、自分の考えを相対的に見たりする目ができる。まず、自分の母国語で思想の基盤をしっかりと作り、他言語を通じて異文化を学び、今までの自分の視点に加えて新しい視点を得て、より広い視点を得ることに外国語を学ぶことの意味がある。
 したがって、外国語を学ぶことの意味は、より広いものの見方、それを通じてより広い世界観を得ることにあると言える。

と、なかなか優れた言語論、比較文化論。大学でレポートとして提出しても立派に通用します。
添削担当者もソシュールの『一般言語学講義』、学生時代に挑戦したことがありましたが、10ページぐらいで挫折したものでした。
まさか、この生徒さんがそれを読んで書いた、とは思えませんが、学校の先生が、たぶん講義してくださったのでしょうね。
では、パクリかというと、決してそんなことはありません。きっちり自分で消化して、自分の「言語論」を展開しています。「まなぶ」の語源は「まねぶ」、他者の思想をしっかり消化してマネていく、そうすることで自分の血肉になっていきます。「自家薬籠(じかやくろう)中の物」にしていくわけです。
さらに、「うかる小論の書き方」みたいな、小手先のテクニックではなく、この生徒さんの根底にある、しっかりした言語観、文化論が底流にどっしり存在しているのがわかるでしょうか。
「まず、自分の母国語で思想の基盤をしっかりと作り、他言語を通じて異文化を学び、」
国語をなりわいとする者として、泣かせるじゃありませんか。
でも、しっかりとした英語力があるからこそいえることなのですね。
どんなに世界が暗闇につつまれようとも、このような「若い衆」が育っているというのは、光明!
この小論文、ジェロさんの演歌とパラレルに置くと、とても世界が明るくなりましょ?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


受講生必見!!
早慶併願 帰国子女生第七回現代文の答案です!!

早慶併願第九回答案(小論文)                    joe


いいっすね!
早稲田大学の言語論や文化論などでもよく課題文になるところ、
って、自分で書いちゃっています。
だから、
「書けば読める」
と、フットプリンツの「2-ウェイ メソッド」の完成形なのです。
現代文の課題文で同様の言語論が出題されたとき、
ご本人はもう、その内容を
「知っている」
その破壊力のすさまじさは、言わずもがな、なのです。

「書けば読める!読めば書ける!」

大学受験を乗り越えて、
この生徒さんの視線は、はるか先を見ていますね。
「合格するか、どうか」
のレベルではない、
「大学の方で必要としている人材」
ということなのです。

danpei                                 

現代文/小論文の
   相互補完的実力養成
「2-way method
   現代文/小論文」





応援 ほんとうにありがとうございます。
みなさん、それぞれに「しり上が」ってきました。
フットプリンツも受講生のみなさんとともに、
「しり上がり」の坂道を駆け上がります。
さらなる ご支援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま35位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2008/12/14 18:46】 | 優秀論文の紹介 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<しり上がり通信 其の七十六 | ホーム | しり上がり通信 其の七十五>>
コメント
立派な小論文ですね。外国語学部の大学生でも知らない人もいる(←これは勉強不足と思いますが)ソシュールを自分なりに理解して表現できるとは素晴らしいです。しっかりした言語観を持っていますね。
多言語を学ぶ奥義はまさに言う通りだと思います。でも、それを念頭に置いて教えたり学んだりしている人は少ないかもしれません。
この学生さんには、今後も言葉を学ぶことを通じて思考力をさらに高めていって欲しいな、と期待しています。
【2008/12/15 22:17】 URL | acha758 #- [ 編集 ]
acha758 さんへ

プロの方にほめられると、自分のことのようにうれしいです。
どうもありがとうございます。
大学受験を突き抜けてた骨太」の言語観、添削担当者も受講生の方から学ぶことがまだまだありますよ。
【2008/12/16 00:12】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。