大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人生の「おしたし」 其の六
〈 添削担当者 住吉講 宮元壱部 新年会にうかがう! 〉

2008年、佃島の住吉神社の大祭に参加させていただき、
昨日、若衆(わかいしゅ)の新年会に行ってまいりました。
いや、大祭から半年もたっていないのに、おなつかしい。
NHKの朝ドラ『瞳』でうつっていたみなさんです。
一緒に八角神輿を担ぎ上げたメンバーが、あらためて顔をそろえると壮観ですね!
「宮元の壱部さんにお仲間に入れてもらって、八角神輿を担がせていただいたんですよ」
なんて、
お神輿にくわしい方、どなたに言っても信じてもらえない、
「なわきゃ、ナイ!」
そう、担げるわけないのです。
でも、担がせていただいたのです。
それだけ、佃の宮元さんはキビシーということなのです。
なぜに、そうまでして仲間に入れていただいたか?
端的に言えば、
「ホレたから」
としか言いようがありませんね。
佃という土地にホレ、真摯にお神輿を出していく宮元の方たちにホレ、
としか言いようがないのです。
「おとこにほれた」
ということでしょうか。
それぞれの方がきちんとエッヂのたった自己をもっていらっしゃる、
その一方で、抑制のきいた自己をもっていらっしゃる、
その「自己を抑制するがゆえに自己がある」という逆説を成り立たせているのは、
「神に対する敬虔」
今では、あまり見かけなくなった「おとこ」が群像としてある、
その姿はホント、ほれぼれしますよ。
「真のグローバリズム」を見すえて、
「地域共同体の未来像」を模索。
佃の住吉講の諸先輩方からいろいろ勉強させていただきました。
その先輩に、佃島と隅田川をへだてたお向かい、聖路加病院の小児科の医長をなさっている先生がいらっしゃって、御著書を紹介していただきました。

『小児ガン』 真部 淳  中公新書
『小児ガン』 真部 淳  中公新書

と、住吉神社をめぐって集う方たちの魅力は、ひとえにその多様性にあるのかもしれません。
人それぞれ、多様性をもちながらも、八角神輿を担ぎ上げるという一点に向かって、かたくかたく結束していく、そのようなところに、わたくしなどは「地域社会の未来像」を見ております。
ほんとうによい勉強をさせていただきました。
佃住吉講宮元壱部の先輩方にこころより感謝をこめて、
「どうもありがとうございました!!」
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/11 23:09】 | 人生の「おしたし」 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<漢文 はじめます | ホーム | しり上がり通信 其の八十二>>
コメント
谷村先生,あけましておめでとうございます。
新年の挨拶がずいぶん遅れまして,申し訳ありませんでした(>,<)

旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞ宜敷お願い致します。

いやぁ,オバマの就任式に列席される生徒さん,素晴らしいです。今後の流れが非常に楽しみですね。是非大きく羽ばたいていただきたいと思っております。

それにしても,長敬先生の面目如実な最近のブログ,とても楽しいです。

いつも有り難うございます。

田中 十督拝
【2009/01/12 10:17】 URL | JUGO #- [ 編集 ]
JUGO先生へ

こちらこそ、新年のご挨拶もいたしませんで、失礼いたしました。
あらためまして、今年もよろしくお願いいたします。
それにしても、オバマ氏の就任演説を見に渡米する生徒さん、わたくしなどより、JUGO先生のよく知るところだと思うのですが…。もう、おかしくて、おかしくて(笑)
いや、先生の『ユメタン』でのご活躍、しっかり見させていただきますね。
世の中の景気なんかはそっちのけ、楽しい一年になりそうですね。
【2009/01/12 17:09】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。