大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
漢文のツボ 其の四
〈 再読文字 〉

【主な副詞の読み】
・忽チ=たちまち
・固ヨリ=もとより
など、副詞はとにかく「よみ」がきかれますので、一覧にのっている「主要な副詞」はひととおり読めるように。センターの問1のお約束。

【再読文字】
今年のセンター、おそらく再読文字の白文読み、出しそうな予感!
再読文字は古文でいう「呼応の副詞」です。
一回目は副詞、二回目は助動詞で読みます。
って、知らないで丸暗記している受験生のナント多いことか!

未 … いまだ~ず
将・且 … まさに~んとす
当・応 … まさに~べし
宜 … よろしく~べし
須 … すべからく~べし
猶・由 … なほ~ごとし
盍 … なんぞ~ざる

将・且
「まさに~す」と、サ変でおさえている受験生がほとんどですな?
古文の「むとす→むず=む」
つまり、「ス←ント」セットで、助動詞「むず」「む」の働きをしているわけです。
「将」で白文読み、「将(軍)が~」ってたまにひっかけようとしますが、出すだけムダというやつです。
出すなら「且」です。「二マタ文字」なんですね。

★★★
・且(返り点あり)動詞 … まさに 動詞せ んとす。 再読文字
・且(返り点なし)動詞 … 且(か)つ動詞す。 副詞
動詞の上にあって、返り点なし、だったら副詞でしょう。返り点さえあれば読みが決まります。「将」を出しても、選択肢を作れない。よって、聞くなら「且」です。白文読みの王様です。

「べし」系は、古文の助動詞「べし」の意味にあたるから「べし」で読んでいるわけです。「す・い・か・と・め・て」とか、「べし」の意味分類、古文でやったでしょ?それで訳せばよいわけです。悩むところじゃありません。
「当=応」
・強い推量(きっと~だろう)
・当然(必ず~するべきだ)
は、ほぼ同じ。違いを説明したりもするのでしょうが、実際にはどっちもどっち、イコールと考えましょう。

★★★
何不=盍 … なんぞ~ざる
  反語(どうして~しないのか、すればいいのに)
疑問とか、勧誘とか、いろいろ説明もあるでしょうが、反語でいいでしょう。やはり白文読みの王様。とかいいながら、「盍」たかだか三文字ぐらいの白文でも、受験生は読めないものですよ。
反語は漢文の最重要表現、その中にあって、ちょっと特殊な反語表現です。
・盍 … なんぞ~ざる
・何不 … なんぞ~ざる
・何為不 … なんすれぞ~ざる
みんな同じ。反語です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/16 11:36】 | 漢文のツボ | トラックバック(1) | コメント(0)
<<漢文のツボ 其の五 | ホーム | 漢文のツボ 其の三>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
センター国語徹底研究!! 其の十二
〈 漢文・2007年・追試験 〉 目指せ! センター国語9割!! 今回は、「多項」というわけではありませんが、「人間」と「虎狼」「...
【2009/08/22 18:10】 | 添削担当者のブログ
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。