大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の八十四
〈 祝!!オバマ大統領 就任! 〉
アレサ フランクリンが歌い、
イツァーク パールマンとヨーヨーマが奏でる、
夢のような祭典でしたね。
ホント、これは夢にちがいない!

オバマ大統領の演説、
地味で、何の華もありませんでした。
けれども、
地に足が着いている、
「ことば」の大切さを感じさせてくれる素晴らしいものでした。

文化人類学的に、「首長」が意味するのは、「犠牲」、
その覚悟が、ヒシヒシと伝わってきました。
うわっつらの「ことば」ではない、
重厚な響きがそこにはありました。

「ペンは剣よりも強し!」
などと申しますが、あえて極論させていただくなら、
「ことば」は人種をのりこえる、
「ことば」は国境をのりこえる、
「ことば」はジェンダーをのりこえる、
「ことば」世代をのりこえる、
「ことば」は宗教をのりこえる、
「ことば」は戦争をのりこえる!
しかして、
「ことば」は人と人とをつないでいく、
彼の「ことば」に、世界が一つになった、
夢のような一瞬がそこにはありました。

「英語」と「国語」の優先順位が語られたりしております。
「方法論」としては、いろいろなこころみがあっていい。
ただ、そこで忘れてならないのは、
「語るべきもの」を、はたして己はもっているのか、ということなのだろうと、
あらためて自戒をいたしました。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/01/21 15:37】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<しり上がり通信 其の八十五 | ホーム | しり上がり通信 其の八十三>>
コメント
そしてその「ことば」がコミュニケーションの要となっていくんですよね。
国民に対して、国民自身がしっかり自覚をもつ大切さを説いた演説は、ズッシリと残りました。リーダーは素晴らしい人でないといけない、でも、その人についていく私たちも責任をもって賢く行動していかないといけない。
この意識を持つか、持たないかは大違いですね。
【2009/01/21 23:25】 URL | delon73 #SkhPxYJk [ 編集 ]
delon73 さんへ
シビレましたね。
「ことば」が、
日本語だろうが英語だろうが、
大切なのだろうと感じました。
メディアが発達するほどに、
大切になってくると思われてなりません。
「何を伝えるのか」
「何を読み取るのか」
つまりは、世界とどうかかわっていくのか、
おのれが今ほど問われていく時代はないのではないでしょうか。
だから「怖い」
だから「楽しい」
暗闇の中に希望を見出す、
それは一つの「力」ですね。
ただ、それをになう人には「覚悟」が求められる、
それをオバマ大統領はしっかり体現している。
世界が一つになる端緒になることを願ってやみません。
【2009/01/22 01:25】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。