大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人生の「おしたし」 其の七
〈 なみちゃん! おめでとう! 〉

で、おのれは何を「実践」するのか?

わたくしが、長い間、つきあってきた生徒さんの一人に、
「なみちゃん」(おとこ)という生徒さんがおります。
彼が大学受験のころに知り合って、もうかれこれ十年以上たちます。
一所懸命、努力しているのですが、成績が思うようにのびず、
いつも講師室に質問にきているような、
でも、教科の質問というより、人生相談だったような、
こと「受験」ということになると、ホント、要領がわるかった。
進学先も、意にそわぬ所だったのですが、
そこで専攻した「不動産学」がツボにはまったのでしょう。
就職してから、
「営業成績、またトップでしたよ」
なんていって、祝杯をあげましたっけ。
学生時代、一緒にスキーしにいったりして、
就職してからも、年に一回ぐらいあったりして、
仲よくつきあってきました。
仕事も順調、
ところが、いきなり、仕事を辞めてニューヨークに行くと相談され、
ビックリ、
自分もかつて公務員を辞めてきた身、
「自分のやりたいこと、やりなよ」
なんて話して、送り出したのは三、四年前。
毎年、年末に日本に帰ってきては、
ニューヨークの話しをしてくれて、楽しみにしておりました。
昨年、世界同時不況の嵐が吹荒れるなか、
彼はリーマンブラザースが倒れていくのを横目で見つつ、
日本に帰ってきたのです。
帰国祝いに上野で飲んで、
彼がいったいニューヨークで何を学んできたのか、
知らされました。
見せられた写真が、
有働由美子アナウンサーとか、
竹中平蔵元大臣とか、
ロバート・キヨサキ氏とか、
そうそうたるメンバーとツーショット、
日本人のパーティーがどこかであるときいては、出かけていって仲良しになる。
あらためて、彼の才能に気づかされたのです。
「越境する力」
誰からも愛される、その天性のキャラ、
わたくしもその「誰も」の一人だったのだな、と気がついた次第でした。

つらつらふり返るに、大学受験の学力なんか、ホント、ど~でもいい、
全人格的才能の一端でしかないと思うのです。
大学受験がどうでもいい、ということではありません。
以前、書いた「部分/全体」のフラクタル構造で言えば、

「部分」と「全体」概念図

大学受験を終えたら、次の全体性に向かって開かれていかなくてはならない。
「部分」すなわち、名のとおった大学に合格した、といって瞞着したものから、人生がそこでストップしてしまう、ということなのです。
なみちゃんは、常に「次のナニモノか」に対して開かれた存在でありつづけた、
ということは言えると思います。
先ほど電話をもらい、外国人社長のもと、外国人向けの不動産をあつかう不動産会社に就職が決まったとのこと。億単位の物件を扱っていくのだそうな。
なみちゃん、おめでとう。
「人から愛される性格」
というのは、グローバル、
オランダ人の社長は、まっさきに彼の才能を見抜いてくれたというわけです。
これが彼の「越境する力」
もしかして、オバマ大統領がおっしゃる「スマート パワー」って、こういうことなのではないでしょうか?

先日、上野で飲んだおり、
「ボクも30歳になるんで、何か人の役に立つことがしたいっす。先生、一緒に何かやりましょうよ」
「何やる?」
「図書館つくりましょう!アジアの貧しい地域に図書館たてましょうよ。自分も本にさんざん救われましたからね…」
「よし!やるか!」
と、握手して、
「でも、こういうことは口だけで終わっちゃうから、期限決めましょう。十年以内にアジアのどこかに、先生とボクの名前で図書館作る!」

で、先ほど電話で
「思ったより早く図書館作れそうですよ」
だって。
何をナマイキな…
でも、ほんとうにうれしい。
かつて自分が「せんせい」と呼ばれていたころの、貴重な財産、
教え子といっしょに仕事やるって、ずっとわたくしの夢だったのです。
なみちゃん、あらためて「おめでとう!」
フットプリンツのテーマ
二人の夢の実現に向けて、一歩、一歩、「あしあと」を刻んで行きますか。
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/02/01 18:28】 | 人生の「おしたし」 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<しり上がり通信 其の八十六 | ホーム | しり上がり通信 其の八十五>>
コメント
すごくいい話ですね!私も、かつての教え子の子供の為にいい教材作ろう!と改めて思いました。
【2009/02/02 23:11】 URL | delon73 #- [ 編集 ]
delon73さんへ
いつもありがとうございます。
講師みょうりにつきます。
このようなダイナミズムって、
ほんとうにはげみになりますよ。

教え子が 大きく見えて 春立ちぬ

たにむら 
【2009/02/03 00:12】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
スケールのでかい話は、こちらがするのではなくとも胸が空く思いがします。気持ちがいいです。

最近、中村哲さんの映像を見たばかりでしたので、谷村先生となみちゃんさんのお話にもとても元気をいただきました。

僕も何かやれることを模索し続けていきたいです。

十督拝
【2009/02/04 01:31】 URL | JUGO #- [ 編集 ]
JUGO先生へ

いつもありがとうございます。
最近、ブログさぼりがちですみません。
JUGO先生からほめられると、
すなおにうれしいですね。
なみちゃん、
赤裸どうぜんでニューヨークに行き、
きちんと英語を身につけて帰ってきました。
教え子ながら、
学ぶところ、大なり。
フットプリンツの受講生の皆さんを見るにつけ、
自分も英語力、身につけないといけないかな、
と、
思うようになりました。
海外とのコミュニケーション以前に、
教え子たちとコミュニケーションとれなかったりして、
それを考えると、
夜中にうなされたりして(笑)
あらためて、ご指南くださいませ。
【2009/02/04 21:41】 URL | 谷村 長敬 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。