大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の八十八
〈 「コピペ」考 3 〉

旺文社の「オーシス」という教育システム、
手書きでテキストに書き込みながら、音声で講義できるというスグレモノ、
30件の予定で添削を始めたのですが、
80名以上の学生さんがレポートを提出してくれました。
ひととおり添削を終えたところで、総括していきます。

レポートを大量に添削していくと、
面白い現象が見られます。
日によって、レポートの傾向が変わっていくのです。
おそらく、
レポートの課題を検索かけて、
トップページの記事を引用しているのでしょう。
それはそれでよいと思うのです。
「引用」におけるネット利用の仕方を細かく指導させていただきました。

拙いながらも、
一所懸命、自分のアイディアを展開しているレポートは、
文句なしによい点数をつけました。
ほめぶっちぎりました。
なぜなら、その人の「顔」が見えるから。
そこに、その学生さんが伸びてゆく、
可能性の「芽」があるからです。

で、あらためて、「コピペ」について考察していきたいと思います。
【試論2】
ネットで検索は便利。
だから、ネットで検索、資料を探す。
ネットの中で、データ・資料の出典が書いてあるはずである。
そうしたら、図書館に行って、必ず原典から引用し、出典を明示する。
その引用したデータ・資料をタタキ台にして、自論を展開すべし。
ネットの中で出典を明記していないデータをそのまま使ってはいけない。
ねつ造された可能性もあり、もし、まちがった情報をもとに論を展開したら、
せっかく書いたレポートも全部デタラメということになる。
そのためにも、おおもとの情報に必ずあたるべし。

というもの。
「オーシス」というシステム、
音声情報も入りますから、
一人一人に語りかけました。

そこで、語りかけた例えばなしを一席。
【ウデの良いショップの店員の論】
・ダメな店員
「その服、お似合いですよ。お客様にピッタリ!
美しいです。すばらしいです。魅力的ですよ~。」
で、買う気になるか?という問題。
・ウデの良い店員
「その服、お客様のお顔立ちにとても合いますよ。
ほっそりしたお顔立ちですから、このようなカットが似合うんですよね。
普通のデザインだと、顔が大きく見えてしまいます。
お客様の顔立ちをいかすなら、こちらのカットの入った服がよろしいと思いますよ。」

なんて、「ホントかい?」
知ったようなことを話してしまいました。
渋谷109とか行って、今度カリスマ店員さんに聞いてみましょう。
前者がダメなのは、「キレイごと」を羅列している点です。小論文なら、
「愛と勇気と正義を持って、困難な時代に立ち向かわなければならない。」
というもの。「抽象的なキレイごとの羅列」は人の心を動かさない、つまり、説得力がない。
後者が優れているのは、「具体的」である点です。なおかつ、「似合わない服」を否定して、お客が手にした服を支持している。単純な二項対立、対照(コントラスト)を利用して、「私に似合う服はこれしかない」という気にさせている点です。
それは小論文でも同じ。
・対照(コントラスト)をつけて、自論を明示する。
・具体例をあげて、自論を例証する。
と、具体的であればあるほどよい。
小論文なら、
「困難な時代、かつて繁栄していた経済モデルにしがみついて、ノスタルジーにひたるのは愚かである。従来の繁栄モデルが崩壊した今こそ、日本の環境技術を環境改善にいかすべく、風力発電や太陽光発電、電気自動車の普及のためにインフラを整備し、次なる時代に備えるべきだ。」
とかね。
前者と後者では、圧倒的に「説得力」が違うのがわかるかと思います。
「具体例が思いつかないよ~」
ということは、それだけ世界に対して無関心ですごしてきた、これまでの生活の代償と考えるべきです。
大学生のレポートだったら、図書館に足を運べば、「具体例」、つまり資料なんかいくらでも出てきます。

それでは、「コピペ考」の総括を。
論文でのネットの利用は、いかにあるべきか。

・ネット…巨大な脳髄・早くて便利⇔責任者不明
・図書館…巨大な脳髄・手間がかかる⇔責任者(著作者)あり

と、それぞれの長所がありますから、それをうまく組み合わせればよいと思います。
「コピペの論文だからダメ」
と、あながち否定しさるべきものでもない。
大学に入ったら、「最初は」コピペでもよいので「論」を組み立ててみる。
カタチになってきたら、
ネットで検索→資料探し→図書館で調べる→原典引用、出典明記
という段階をふんでいけばよいのではないでしょうか。
大学三年になってもコピペ!
でも、大丈夫。
年度末に筆記試験やれば、それで一発、解決。
で、よろしいのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


高二生だって「2-way method」 東大、早慶なんでもありの第六回答案(現代文)です!!
高ニ生 第六回現代文添削答案                    joe


現代文を読んだら必ず要約、
それは現代文を最速で解いて、
要約系の高配点の問題をゲットするため。
と、同時に、
小論文のネタ作りもしているわけです。
現代文で、多様な問題点(テーマ)を読んで、
そのままにしておくのは、もったいない。
要約しておくことで、
自分のものにしておくのです。

「現代文と小論文は表裏一体!」

現代文でストックしたネタは、
小論文で必ず生きます。
今年、慶応を受験した受講生のみなさんが、
それをしっかり証明してくれるはずです。

というか、
そもそも、この高2の生徒さん、
今年、慶応を受験しても受かるような気がするのですが?

danpei                                 

   現代文/小論文の
      相互補完的実力養成
   「2-way method
      現代文/小論文」



みなさま 応援ありがとうございます。
「コピペ」の問題、
全国の先生方が悩ましい思いをされているはず。
でも、自分の人生を選ぶのは自分自身。
他人のコピーを生きたい人は、コピーをして生きていく、
己の人生を生きたい人は、オリジナルの思考を鍛え上げていく、
ということに尽きるかと思います。
大学受験を契機に、
「己の思考」を鍛え上げていく生徒さんがいる。
フットプリンツは、その階梯によりそっていきます。

ご支援 m(_ _)m よろしくお願いいたします!
人気blogランキング ただいま73位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/02/19 19:27】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の八十九 | ホーム | 人生の「おしたし」 其の九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。