大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しり上がり通信 其の九十
〈 2-ウェイ メソッドの総括 〉

この一年、中学校の生徒さんから、大学の学生さん、社会人の方まで、
いろいろな方の論文を添削させていただきました。
で、ひとつ、通奏低音のように流れる音、背後に一本の「すじ道」が見えてきました。
「コピペ考」で、コピーのありようについて拙論を書き連ねてきました。

「文章表現はその人の行き方そのものである。
他人のコピーを生きたい人は、コピーする。
自分を生きたい人は、己の思考を鍛え上げる」

ということを書きました。
「論=すじ道」ということなのですが、「論文」とは、「己をすじ道だてる文章だ」という定義が、添削という作業をとおして、どうやら見えてきました。
「論文」とは、己の意見を他者に説得する、一種の「雄弁術」のようなものなのですが、その背後に流れているのは、
「自己解釈」といってもよい、
「自己彫琢(ちょうたく=削り磨く)」といってもよい、
「自己構築」といってもよい、
「ナニカ」があります。だから、添削を重ねるにつれ、変わっていく人はコペルニクス的転回をみせることもあります。
実は、「大学入試」というのはただのいいわけ、「きっかけ」でしかなく、
小論文をとおして、
「自分は社会(世界)をどのように解釈しているのか?」
「自分は世界とどうかかわっていきたいのか?」
すなわち、
「己とはナニモノか?」
が浮かびかがってくる。

よく書けた小論文には「顔」あがる。
なんて言ってきましたが、
よい入試問題にも「顔」があります。
早稲田大学は、「ウチの大学にくるなら演習量やってこいよ」って言っています。
東京大学は、「塾予備校なんか行かなくていい、学校の勉強をまんべんなくしっかりやってきなさい」って言っています。
で、
慶応大学の小論文が、まさしく上述した内容を問うているのではないでしょうか。
「あなたは世界をどう解釈し、どうかかわるのか?」
学部それぞれに特色がありますが、法学部なんか、ほんとにいいです。
「小論文かくあるべし」
みたいなお手本ですね。
また、総合政策や環境情報もいいな。
「ウチに来るなら、当然、明確な目的意識をもってるよね?」って言っています。
やはり、慶応大学がすぐれているところは、
「国語の試験なんかやらなくたって、国語力は問える!」
と、明確に宣言している点です。
確かに、古文の「に」の識別(センター試験で2年続けて出したな!)とか、教えているとこちらも虚しくなってくる。
「に」が断定か格助詞か、接続助詞か、って、だからなんなんだよ!
みたいな。
あるいは、いやいやしょうがなく作っている現代文の選択肢とか、教える方も「なえ~」、
みたいな。
だったら、いさぎよく「文章一発!」って、クールだな。
ただし、手間がかかる。
でも、優秀な学生を集めるために手間はおしまない、って、カッコイイ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活と勉強の両立で悩める全国の現役生集まれ!!
キミの答えはココにある!

 →→→ 田中十督先生の「猛ダッシュ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旺文社『ここからがわからない 古文漢文』

『ここからがわからない』
     入試基礎 古文・漢文40題


添削担当者、監修済み!
旺文社『ここからがわからない 古文・漢文』
「O-sys」(オーシス)という、旺文社独自の教育システムで解説付き。

2月末 発売!!

続いて『小論文』も監修予定!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「2 ウェイ メソッド 現代文/小論文」テキスト
フットプリンツ テキスト


高二生だって「2-way method」! 東大、早慶なんでもありの第六回答案(小論文)です!!
高ニ生 第六回小論文添削答案                   joe


「己」に
老若男女は関係ありません。
齢(よわい)を重ねても、
「己の顔」をもたない人もいる。
高校二年生だろうが、
しっかり「顔」をもった人もいる。
それはまた、学歴のいかんにもよらないようです。
「己を生きるか、他人のコピーを生きるか」
というのは、
いざ、ひと様の答案を添削してみると、
一般に看過されているほどに、軽いものではない、
ということを感じます。

「額に汗して書いた文章は己の<顔>をつくる!」

志望大学の合格というのは、
その必然的結果であり、
ただの通過点にすぎない、
ということを、
先輩の受講生のみなさんが証明してくれましたよ!!

danpei                                 

   現代文/小論文の
      相互補完的実力養成
   「2-way method
      現代文/小論文」


みなさま 応援ありがとうございます。
受講生の合格の報せがひとつ、またひとつ、
添削担当者はそのたびに、
じわわ~ん
となるわけです。
生徒さんが流した汗が、
添削担当者の涙にかわる、
幸せな一瞬でございますよ。
m(_ _)m応援、よろしくお願いいたします!m(_ _)m
人気blogランキング ただいま71位
   ↓      ↓      ↓
スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/02/26 16:23】 | しり上がり通信 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<しり上がり通信 其の九十一 | ホーム | しり上がり通信 其の八十九>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。