大学入試の国語・小論文
  に関するワンポイント・アドバイス
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉

慶應義塾大学法学部法律学科 合格

早稲田大学法学部

上智大学法学部法律学科


千葉県出身   T・Mさん

 私は海外滞在経験があり、英語に大きな不安を抱えることはなかったのですが、国語に関しては、なかなか自信を持つことができずにいました。インターネットでフットプリンツの講座までたどりついたのは夏前のことでした。それまでは、どうしても感覚で解いてしまうことが多く、成績も不安定でした。自分で市販の参考書をいくつか試していたけれど、入試の国語に関して安心できるというところまでに達することはありませんでした。フットプリンツを始めて、なるほどこうすればよかったのか、と初めて納得できたのを今でも覚えています。
 これと並行して小論文を添削してくれるのは効率も良く、より真剣に国語の文章と向き合うことができたし、最終的には慶応の小論文も書き上げることができるようになりました。フットプリンツでは谷村先生が厳選した文章が16回分あり、ひとつひとつこなしていく中で一歩づつ成長していく自分を必ず感じられるはずです。あせらず一歩づつ真剣に取り組むことが大切だと思います。これから始めようと考えている人、すでに始めている人、谷村先生を信じてぜひ頑張ってください。英語に自信がある人は他の教科に時間を回すことが可能なはずだから、ぜひ、フットプリンツで脳ミソの汗をたくさん書いてみてください!


〈添削担当者のコメント〉
合格おめでとう!
早慶上智合格!
業界用語で「グランドスラム」といわれています。
しかも、最難関の法学部でグランドスラム達成!!
私大受験における究極の完成形です。
帰国子女のトップレベルの人たちは、一様に、
「英語ができるから英語科、はダサい。
英語はできてあたりまえ、その上で何を勉強するか」
という発想をするものです。
その典型的な完成形が、この生徒さん。
それにしても、よくがんばりましたね。
その過程に添削担当者はよりそうことができました。
添削をなりわいとする者として、
これ以上の幸せはありません。
どうもありがとうございました。

この生徒さんが抜きん出ていたのは、
対象に切り込んでいく「鋭角な視角」です。
こればかりは、マニュアル的な受験指導では身につきません。
ノーミソで汗して、はじめて身につくものなのです。
ご本人のお顔、添削担当者は知らないのですが、
ほんとうに「美しい知性」の持ち主ですね。
エレガントな知性は一生ものの財産です。
慶応大学でまだまだ、
社会に出てもっともっと、
磨きがかかっていきますゾ。
混沌としたグローバル社会の中、
「次なる秩序」をリードしていく知性に育っていくはずです。
あらためて、合格おめでとう!

スポンサーサイト
ご参考になりましたら、応援ポチッとよろしくお願いします!!
    ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ
【2009/03/18 23:22】 | 合格者の声 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<人生の「おしたし」 其の十一 | ホーム | 合格者の声 〈ワレラ カク 戦ヘリ!〉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
現代文と小論文の同時並行演習
最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

よろしくお願いします

参考になった方は応援願います!      ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ

極小論文 (無料)

メールで小論文。 あなたの論述力を手軽に試してみませんか?優秀論文は矯正随時ブログにアップしていきます。                   今月のテーマ 『日本の行方』

名前:
メール:
件名:
本文:

結論の根拠(論証)を明示して、あなたの意見を百字程度で論じてご投稿ください。あなたの論述力を診断してご返事いたします。

ブログ内検索

わからないことがあったら検索してください。

それでもわからない場合は上記メールフォームよりお問い合わせください。

プロフィール

谷村 長敬(たにむら ちょうけい)

Author:谷村 長敬(たにむら ちょうけい)
1965年生まれ。立教大学大学院修士課程修了。在学中、赤坂憲雄先生に師事。院生による共著に『「注文の多い料理店」考』。お茶の水ゼミナールで国語全般担当。テキスト(現代文・古文)、小テスト(年間3000点分)の作成にたずさわる。2006年、「ワークショップ フットプリンツ」創業。現代文と小論文を並行して演習する講座をはじめる。趣味はスキー。

添削担当者からのお願い

受講生以外の方でもご自由に質問・コメントをお寄せください。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

携帯用 QRコード

携帯電話で読み取ってアクセスしてください。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。